カテゴリ:未分類( 31 )

葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪③(06.08.22)①コース概要~加守廃寺跡・・・

●風の森神社よこに咲く花
a0016431_12574528.jpg■葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪コース概要
9時半自宅出発~葛城加守神社(廃寺跡)~皿池古墳~神明神社古墳~蛇穴・野口神社~吉祥草寺~考安天皇陵~神武天皇社~天津岩戸別神社~寺戸・八幡神社~かぜの木淡島神社~風の森神社~30号線を通って帰宅18時半着。走行100キロ
今日の探訪では初めて、激しい雷雨に遭う。カメラのレンズは曇るは!で、往生しました!!

■加守廃寺跡
●加守神社への上り口と二上山
a0016431_1312285.jpg
二上山を詠める万葉歌
大津皇子の屍(みかばね)を葛城(かづらき)の二上山(ふたがみやま)に移し葬(はふ)りまつれる時、大来(おおく)皇女の哀傷(かなし)みてよみませる御歌二首
巻2-0165
うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見む
巻2-0166:
磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君が在りと言はなくに

a0016431_1323875.jpg神(かん)さびた加守神社の右手の小道を登ると、池の脇に平地があり四天王堂が建っている。そこに「県指定史跡 加守廃寺」の案内板があった。
(加守廃寺(かもりはいじ)は、専門家が「大津の鎮魂の寺だろう」と認める遺跡だそうです)
※四天王堂の横にゲートボール場があり、10数人のお年寄りが、暑いさなかゲートボールを楽しんでおられました
●四天王堂(この後方が廃寺跡になりますが、今は更地で何もありません)
a0016431_1332840.jpg
ここで横長の六角堂の跡が発掘された。多角堂は供養のために建てられることが多い。8世紀初めの遺構で、薬師寺縁起が「大津皇子のために建てた」とする掃守寺(かにもりでら)のあった場所と見て間違いあるまい。
●加守廃寺跡(山を背にして、建物の際になります)
a0016431_1364361.jpg
背後に雄岳山頂を望むロケーションといい、鎮魂の寺にふさわしい。当麻(たいま)山口神社の赤の鳥居が庶民の拝所だとしたら、こちらは朝廷の勅願寺(ちょくがんじ)といったところだろうか。ー朝日コム・マイタウン奈良ーより抜粋
※池のほとりに、ヒズメ石と呼ばれる石があるらしい。皇子を乗せて二上山頂から飛び降りた馬の蹄(ひづめ)で二つに割れた石だという。江戸時代の絵図に「神馬蹄石(しんめひづめいし)」と載っている。(この情報は知らなかったので、探しもせず廃寺跡を後にしました)
また、この近くからは古い人骨が見つかり、大津の皇子の骨ではないか?との伝承もあると!何処かで読んだ気もします・・・。いずれにせよ、歴史の夢の跡なのです。(この西方からは、国宝の金銅製の骨蔵器も見つかっています。
by barakan1 | 2006-08-24 13:21

天智天皇陵&楽浪の志賀・大津京の古墳・古社寺探訪①(05.12.16)コース概要・・・

■桐畑より近江富士(琵琶湖)を眺める(左下森付近、唐崎)
a0016431_20312396.jpg
天智天皇陵&楽浪の志賀・大津京コース概要。
7時半天王寺発~9時京津線御陵駅着~天智天皇陵~京津線近江神宮駅~大津京址~近江神宮~南滋賀廃寺跡~サソリ瓦窯跡~百穴古墳群~滋賀里の大仏(おとぼけ)~崇福寺(志賀山寺)~桐畑古墳群~滋賀里・八幡神社~滋賀里駅15時半着~18時45分天王寺着。26800歩でした。
柿本人痲呂 巻3-0266 
淡海(あふみ)の海(み)夕波千鳥汝(な)が鳴けば心もしぬに古(いにしへ)思ほゆ
※2・30年ぶりの京都です。地下鉄が充実して便利になっていました。御陵には思ったより簡単に、そして時間も早く着きました。天智天皇陵は山科の人家の中に埋もれ、大きな御陵の森も皆目見えません。ですから、大きさを実感できません。ひょっとしたら、今回寄らなかった琵琶湖疎水側から見たら、その威容を感じることが出来たのかもしれません。今回廻れなかったところは、次のお楽しみです。(琵琶湖疎水・三井寺・唐崎・・・)
by barakan1 | 2005-12-16 20:44

山の辺の道(巻向編)探訪(05.10.27)③狐塚古墳~茅原大墓古墳~ホケノ山古墳・・・

■狐塚古墳
R桜井線の線路沿いにあり、畑の中に巨石が露出している。南向きに開口する両袖式横穴式石室を持つ、一辺40m程度の方墳と推定される。石室は、花崗岩の乱石積で玄室長6m、幅2.6m、高さ3.2m、羨道長11.3m、幅2.1m、高さ1.9m。玄室内には奥壁に沿って組合式家形石棺が残っている。他にも、計3つの石棺が安置されていた。また道部には木棺を安置したのか、鉄釘が検出されている。6世紀の終り頃から7世紀の初頭の築造と考えられる。参照:「WELCOME さくらい」ホームページ
●畑の真中にある狐塚古墳
a0016431_144889.jpg

●南向き石室開口部
a0016431_1449241.jpg

※盛り土も削られ、石室が剥き出しになり、何とか崩れ落ちずに保たれている1というような状態です。場所が分らず地元の人に2・3人に聞きましたがわからない?と・・・。4人目のおばあさんがやっと覚えていて、教えていただきました(それでも、狐塚という名前まではご存知ありませんでした。地元ではキッと違う名前で呼ばれているのでしょうね!!)

■茅原大墓古墳
桜井市茅原、三輪山西麓に築かれた全長66メートルの帆立貝式前方後円墳。箸中墳群中では箸墓古墳に次ぐ規模の古墳。墳丘表面には葺石や円筒埴輪片などが散在し墳丘周辺では周濠の痕跡が確認できる。築造年代は5世紀代と推定され、古墳時代中の墓制を考える上で貴重な古墳であるとされている。
a0016431_14551751.jpg

これは又はっきりと古墳だ!!という形を残しています。階段状になった石積みなどハッキリ確認できます。

■ホケノ山古墳  
箸墓古墳の東200mに位置し、纒向扇状地の南端にあたる小台地上に、前方部を南西面させる帆立貝式の前方後円墳である。全長90m、後円部径60m・高さ8.5m、前方部長30m・高さ3.5mを測る。墳丘上に円礫が散乱しているが、埴輪片はみられない。北及び北東側は、幅10mの水田が残っており、周濠の痕跡とみられる。大神神社にはホケノ山古墳出土と伝わる画文帯神獣鏡が保存されている。墳丘に埋置された土器は、新しくみても庄内式期であり、3世紀前半かそれ以前の最も古い古墳の1つである。大神神社は、この古墳を豊鋤入姫の墓に比定している。(桜井の文化財 桜井市教育委員会、石野)Welcome さくらいより
●檜原井寺池より巻向・二上山方向を見る
a0016431_1561868.jpg

●ホケノ山古墳東より見る(先の古墳に較べると今はただの丘にみえます)
a0016431_151327.jpg

●ホケノ山古墳上より「山の辺の道」方向をみる
a0016431_1511227.jpg


□三輪山一景
柿本人痲呂 巻7-1087
痛足川(あなしがわ)川波立ちぬ巻向の弓月が岳に雲居たつらし
a0016431_1518177.jpg

※檜原からの大和平野の展望は山の辺の道の中でも特にすぐれていると言われている。言い換えれば、檜原の平野側に当る巻向、国津神社あたりからの山之辺側の展望も良いという事になる。確かに、写真で見てもらえば分かると思うが、どのあたりから撮った写真よりも、ここ(国津・ホケノ)あたりから写した山の辺の写真が決まる。(柿本人痲呂はなるほどここらで一番景色のいいところに住んでいたんですねぇ!?) 花の季節はもっと綺麗だそうだ!!
by barakan1 | 2005-10-29 15:36

吉野山探訪(05.09.01)⑤東南院~吉水神社・・・

■金峯山修験本宗・大峯山「東南院」
大峯山寺を護持する5護持院の1つ。役行者の開基で、伽藍建立の際、巽(東南)の方角に一宇を設け、一山の興隆と安穏を祈念する寺院です。入唐僧日円上人を始め、累代高徳の僧を世に送り出し、木曾御嶽山の覚明行者もここで修験の奥義を極めた後、御嶽山を中興開山された云われています。
●東南院                           ●多宝塔
a0016431_1339511.jpg

境内の北側に立派な「多宝塔」があり、塔内に藤原時代中期の作で、県の文化財指定、木造の「大日如来坐像」が安置されています。なお、多宝塔は、江戸時代に和歌山県海南市の「野上八幡」にあったものを、その後「東南院」へ移転したものです。
ー奈良観光より抜粋ー

a0016431_13404053.jpg◆吉水院
今、NHKで、義経を放送していますが、
番組がもう少し進むと有名な義経の吉野山への、
逃避行の場面があると思います。その舞台の一つである、
吉水院を訪ねました。
奥千本へ続く道を左へ少し下るとそこが吉水神社(吉水院です)。
唯一と言っていいほど戦火に遭わなかったそうで、その趣は昔のままです。
また、遺物も沢山残っていました。


■吉水(よしみず)神社
吉水神社は元は「吉水院」と云い、役行者が天武天皇の白鳳年間に創建した金峯山寺の塔頭の1つで、1185年(文治元年)源義経が兄頼朝の追害を逃れ愛妾静御前、弁慶らと共にここに身を潜めて、後世にその悲恋物語を伝え、また、1336年(延元元年)後醍醐天皇が京都の花山院を抜け出し、吉水院宗信の援護により南朝の行宮とし、血涙の歴史を記したのもここです。
●吉水神社鳥居                   ●山門
a0016431_141893.jpg

1594年(文禄3年)太閤秀吉がここを本陣として大花見の盛宴を催しました。
豊臣秀吉
年月を心にかけし吉野山花の盛りを今日見つるかな
●吉水(よしみず)神社の「本殿」
吉水神社の祭神は、後醍醐天皇、楠正成、吉水院宗信法印で、写真の本殿に向かって右から合祀されています。なお、境内には義経縁(ゆかり)の「駒つなぎの松跡」「馬蹄跡」「弁慶力釘」等が在り、また、本殿の右側に建っている国重文の建物は、日本最古の「書院」で、院内の「義経静御前の間」は室町時代初期、
「後醍醐天皇玉座」の間は桃山時代の様式で造られています。
●書院(南朝皇居跡)                ●本殿                       
a0016431_1419221.jpg

後醍醐天皇御製
花にねてよしや吉野の吉水の枕の下に石走る音
●源義経の「色々威腹巻」&後醍醐天皇「御座所」
義経は平家を壇ノ浦で追討した後、兄頼朝に疎んじられ、1185年(文治元年)11月6日摂津国大物浦から船出し西国へ脱出したけど、暴風に遭い、主従四散し、武蔵坊弁慶、佐藤忠信、愛妾で白拍子の静御前らと、同年11月17日吉野山に落ち延び、吉水院に隠まわれたが、鎌倉の追及は厳しく、5日間の滞在で吉水院を後にして、吹雪の中を吉野の奥へ分け入りました。しかし、吉野山の奧は女人禁制で、静御前は泣く泣く義経と別れ、山下して捕まり、一方義経は、奧千本の蹴抜塔(けぬけとう)に隠れ、一夜を過ごした時、追っ手の襲撃を受け、佐藤忠信が獅子尾坂の花矢倉で防戦し、吉野一の悪僧横川覚範を倒して活路を開いて呉れたので、弁慶と共に奥州へ落ち延びました。ー奈良観光より抜粋ー
●色々威腹巻(いろいろおどしはらまき)    ●御座所
a0016431_14221662.jpg

靜御前
吉野山峰の白雪踏み分けて入りにし人の跡ぞ恋しき
●義経馬蹄跡&弁慶力釘
a0016431_14241785.jpg

●みわたしの いとよき所 (一目千本)
a0016431_14252488.jpg

後醍醐天皇御製
ここにても雲居の桜咲きにけりただかりそめの宿と思ふに

by barakan1 | 2005-09-05 14:54

駅前のサクラにメジロが・・・

a0016431_1544974.jpg
■また今日も雨が降りましたね。
私は雨の降る前に花探索に出かけました。
丁度駅前の公園に咲いている桜を見つけました。
そのサクラは垂れサクラとでもいうのでしょうか?
花がみな下を向き、垂れ下がっているのです。
その花の蜜を吸いにメジロが来ていました。
何故?私が見る時のメジロは二羽でいることが多い
つがい(?)で行動する習性でもあるのでしょう?
by barakan1 | 2005-03-24 15:54

越智丘陵(真弓の岡・佐田の岡)古墳探訪④越智丘陵を行く・・・

■牟佐坐神社~岩船
a0016431_1631181.jpg

■~マルコやま古墳付近
a0016431_16312818.jpg

■岡宮天皇陵付近
a0016431_16315448.jpg

by barakan1 | 2005-03-17 16:39

泉州大鳥大社・百舌鳥古墳群②仁徳天皇陵・・・

●仁徳天皇陵
●●陵濠
a0016431_13573580.jpg

■仁徳天皇
 西暦五世紀初め頃の大王。応神天皇の子。母は仲姫命(古事記によれば品陀真若王のむすめ中日売命)。難波の高津宮に即位し、葛城襲津彦のむすめ磐之媛を皇后とする。ほかに日向の髪長媛、異母妹矢田(八田)皇女、吉備の黒比売などを妃とした。履中天皇・住吉仲皇子・反正天皇・允恭天皇の父。
秦人を用いて茨田に堤と三宅を造り、丸邇の池・依羅の池、難波の堀江などを造成した。また墨江(住吉)の港を定めた。西暦413年、東晋の安帝に朝貢した倭王讃(『南史』)、また430年に貢献した倭王(『宋書』)を仁徳天皇と見る説がある。

◆かの有名なエピソード① 
みつぎ物ゆるされて、国富めるを御覧じて

高き屋にのぼりて見れば煙(けぶり)立つ民のかまどはにぎはひにけり(新古707)

【通釈】高殿に登って国のありさまを見わたすと、民家からは煙がたちのぼっている。民のかまども豊かに栄えているのだなあ。

◆エピソード②
 天皇、吉備の海部直(あまのあたへ)が女(むすめ)、名は黒日売(くろひめ)、それ容姿端正(かほよし)と聞こしめして、召上(めさ)げて使ひたまひき。然れどもその大后の嫉(ねた)ますを畏(かしこ)みて、本つ国に逃げ下りにき。天皇、高台(たかどの)に坐(ま)して、その黒日売の船出するを望瞻(みさ)けまして歌ひたまはく

沖へには小船連(つら)らくくろざやのまさづ子吾妹(わぎも)国へ下らす(記)

【通釈】沖の方には、小舟がたくさん連なって浮かび、美しい俺の奥様が、故郷の国へとお帰りだよ。                   ー千人万首より

★世界一大きい陵墓とは聞いていましたが、流石です。大きすぎて全体像がわかりません。また丘陵地に造られているのか濠の水が円墳側より、前方側へ流れるように造られていました。こんな構造の濠も初めてです。遥拝所のある回遊路では正月だというのにジョギングの人々が沢山おられました。
 エピソードを読みますと、超有名な天皇さんの割には、これまた皇后のヤキモチに振り回される庶民的な姿のエピソードの残る天皇さんです。
by barakan1 | 2005-01-03 14:21

南河内古墳・古社寺探訪(仲津姫皇后陵)⑪・・・

●仲津姫皇后陵
a0016431_15363368.jpg

■応神天皇の諱(いみな)は、誉田別尊(ほんだわけのみこと)と呼ばれ、現在の羽曳野市誉田にゆかりがあるとされています。
天皇が幼少の頃に居住されていたところであり、この地の誉田真若王の娘、仲津姫を皇后にされたと古記に伝えています。
その大きさは全国で九番目に入る大きさです。

★住宅に囲まれてしまって、気の毒な気がします。
by barakan1 | 2004-12-13 15:37

南河内古墳・古社寺探訪(日本武尊白鳥陵)⑥・・・

●日本武尊白鳥陵
a0016431_15114128.jpg

■日本武尊(古代伝説上の英雄)
景行天皇の子とされる。父景行の命を受けて九州の熊襲を討ち,そのときその族長から「ヤマトタケル」の名を捧げられたという。九州から還るとすぐ,今度は東国の征討を命ぜられ,東国の荒ぶる神や蝦夷らを平定したが,帰途近江の伊吹山の神に打ちのめされ,大和に還る途中、能褒野(のぼの)(現在の三重県亀山市)で病に倒れ、その地に葬られた。死に際し、故郷への思慕の情を込めた次のような歌を遺す。

「倭は 国の真ほろば たたなづく 青垣、山隠れる 倭しうるはし」

日本武尊の魂は、白鳥となって大和へ向かい、大和琴弾原(ことひきのはら)(御所市冨田)にいったん舞い降りた後、河内の旧市村(ふるいちむら)(大阪府羽曳野市)に降り立ち、その後、天に昇られた」と記述されています。現在、それぞれの地には御陵があり、これらは白鳥三陵と呼ばれています。

★古代史伝説上での超有名人、日本武尊。出雲タケルを美女に化けて負かす話、弟橘媛が海神の怒りを静めるために生贄になる話、草原で火攻めに会い、草薙の剣で草を払って助かる話等々、子供の頃からよく見聞きした話の主人公の陵の一つです。(陵が三つもあるとは知りませんでした)
by barakan1 | 2004-12-12 15:26

稲淵へ⑦・・・最終章

●飛び石        ●飛び石        ●勧請綱「男綱」
●稲淵「棚田」      ●稲淵「棚田」      ●都塚古墳
a0016431_16231695.jpg

■飛鳥川の「飛び石」
 飛鳥川の「勧請橋」を渡らずに左(東)側の旧道を南へ辿ると、稲渕の集落へ入って、道の脇に「飛び石→」の表示がありますが、真横に行かずに、ちょっとバックするように右へ折れて、田圃の畦道を通ると、「飛鳥川」に至って、側に万葉歌碑が建っています。

 明日香川 明日も渡らむ 石橋の
 遠き心は 思ほえぬかも 
巻11-2701

古代においては、飛鳥川に橋はなく、また、板橋を掛けても、昔は今と違い鉄砲水が多く、氾濫を繰り返し流されるので、飛び石が橋の役目を果していました。

■「飛鳥川」と稲渕の「棚田」
 ミワ山、フグリ山を下りて、また、県道15号桜井明日香吉野線を南へ辿ると、山間を縫って一筋「飛鳥川」が南から北へ流れ、傾斜地には段丘状に作られた「棚田」が幾層にも折り重なって、北側の飛鳥とまた違った古代からの原風景を見せ、秋の取り入れの頃には、畦道に彼岸花が咲き荒れます。

★一番見たかったところですが、縦走に時間がかかり3時半すぎになり、いいアングル、いい光りでしたが気持を落着けてシャッターをきれませんでした。それにメモリーも少なく、おもいっきり写すことが出来ずそれだけが残念です!!
by barakan1 | 2004-11-23 16:36