2007年 05月 09日 ( 1 )

奈良市内(東大寺~春日大社)探訪(07.04.30)⑦春日大社・・・

■春日大社
●南門
a0016431_11392565.jpg
平城京の守護の為に創建された御社で、祭神は本殿向って右(東)から、
第一殿 武甕槌命(タケミカヅチのミコト)茨城県の鹿島神宮
第二殿 経津主命(フツヌシのミコト)  千葉県の香取神宮
第三殿 天児屋根命(アメノコヤネのミコト)大阪府枚岡(ひらおか)神社
第四殿 比売神(ヒメガミ)       大阪府枚岡(ひらおか)神社
それぞれの神社から春日の地に迎えて祀られている。
奈良時代の神護景雲二年(768)、現在地に四所の神殿が創設されたのが始り。藤原氏の氏神として有名。
●南門                   ●神拝所」
a0016431_11405936.jpg
「南門」をくぐると正面に「神拝所」がある。「神拝所」は「幣殿」と「舞殿」が一棟になった建物である。
●出現石
a0016431_11425846.jpg
南門の前に「神石」と呼ばれ、柵で囲われている石がある。
この石は太古の昔、神様が降臨する憑代(よりしろ)として祀られた磐座、又は、春日若宮の祭神がここから現れたとされる出現石、或いは、宝亀3年(772年)の落雷により落下した社額を埋めた額塚など、諸々の伝説があるが、神がかりの石として触れることができないように囲われている。
●春日大社「砂ずりの藤」
a0016431_11435290.jpg
★★万葉集
大伴四綱(おほとものよつな)
巻3-0330 
藤波の花は盛りに成りにけり平城(なら)の都を思ほすや君
太宰府で、大伴旅人(おおとものたびと)に贈った歌
a0016431_11441714.jpg
山部赤人(やまべのあかひと)
巻8-1471
恋しけば形見にせむと我がやどに植ゑし藤波今咲きにけり
by barakan1 | 2007-05-09 11:49 | 旅日記