2006年 09月 16日 ( 1 )

天理市・櫟本(北山之辺の道含む)(06.09.14)探訪③石上市(いそのかみいち)神社・・・

●在原神社より石上市神社への道(上ツ道)と稲荷大明神石碑
a0016431_20142070.jpg

■石上市神社(いそのかみいち) 式内社 天理市石上町255
●160号線からの神社社叢
a0016431_20154584.jpg
●神社正面
a0016431_20171326.jpg
●正面鳥居
a0016431_20204297.jpg
祭神  少彦名命
石上町集落のほぼ中央にあり、少彦名命を 祀る。平尾天神宮と称し、もとは東方平尾山に あったと伝える。旧村社。「延喜式」神名帳山辺 郡の「石上市神社」にあてられ(大和志)、金剛寺 本は石上をイハカミと訓じ、「元要記」は石上市 本神社と記す。
●境内全景
a0016431_20191595.jpg
●拝殿正面
a0016431_20195930.jpg
「日本書紀」顕宗天皇即位前記条 に
「石の上 振の神榲 本伐り 末截ひ 市辺宮に・・・」
いそのかみ ふるのかみすぎ もときり すえおしはらひ いちのべのみやに・・・
●本殿
a0016431_20221819.jpg
の歌があり、石上に古代市の存在が知 られる。「続日本紀」延暦八年(七八九)一〇月十 七日条の「石上衢」が市の中心であったと推定 され、衢は竜田道と上ッ道の交差する現天理市 櫟本町付近と考えられる。「大和志料」は石上市 本神社が正しい社名として、櫟本町治道宮(現和 爾下神社)に比定している。境内には奈良時代の ものという古石碑があるが、磨滅が激しい。
●境内にあった??な石と、建物
a0016431_2026923.jpg
-大和・紀伊『寺院神社大事典』ー
by barakan1 | 2006-09-16 20:30 | 旅日記