芦屋市(親王寺~阿保親王塚あたり)探訪(08.07.21)④阿保親王塚・・・

■阿保親王塚 (あぼしんのうづか)  芦屋市翠ヶ丘町 1
●打出天神社横の道を北に登る
a0016431_13511393.jpg
JR芦屋駅の北東約1キロメートルの翠ケ丘町の西端に大きな木がうっそうとしている森があります。この中に、阿保親王塚といい伝えられている古墳(お墓)があります。
●親王墓南から見る
a0016431_13515743.jpg
この古墳は、形などから今から約1500年前のものと考えられています。江戸時代に古墳の改修工事をしたとき、その近くから鏡がでてきましたが、その主なものは現在、阿保親王の菩提寺とされる親王寺(打出町)に保管されています。
●遥拝所
a0016431_1353343.jpg
この地は、古くから「親王さんの森」として親しまれ、変わりゆく芦屋の中で、緑につつまれ、静寂を今に保ちつづけています。平城天皇の皇子、阿保親王がまつられているとの伝承をもつこの古墳は、現在宮内庁によって管理されております。
●阿保親王墓
a0016431_13542979.jpg
出土遺物から見て、古墳の築造時期は阿保親王の没年(西暦842年)よりも500年ほど古いと思われ、親王との関連はむしろかつて近くに存在した四ツの塚の方が深いといえるでしよう。なぜ、現在の親王塚が阿保親王と関連づけられたかは不明です。写真にある両側の灯籠は山口の毛利家から寄進されたものと言われております。ー芦屋の歴史・伝説ーより
●西南交差点より見る
a0016431_13552262.jpg

by barakan1 | 2008-07-28 13:57 | 旅日記
<< 芦屋市(親王寺~阿保親王塚あた... 芦屋市(親王寺~阿保親王塚あた... >>