奈良市内(東大寺~春日大社)探訪(07.04.30)⑨率川(いさがわ)神社・・・終

■率川神社(率川坐大神御子神社) 式内社 奈良市本子守町
  (いさがわにいますおおみわのみこじんじゃ)        
a0016431_21355172.jpg
祭神
媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと) 【中殿】※
玉櫛姫命      (たまぐしひめのみこと) 【向かって左殿】
狭井大神      (さいのおおかみ)     【向かって右殿】
例祭日6月17日
●境内全景         ●拝殿(奥本殿)       ●境内2社・摂社
a0016431_213755.jpg
率川神社は、推古天皇元年(593)大三輪君白堤(しらつつみ)が、勅命によってお祀りしたとされる古社で、延喜式神名帳に率川坐大神御子神社(三座)と記されています。
中殿の姫神をはさんで、左右の御殿には御父神と御母神が、まるで姫神を擁護するように鎮座するので子守明神(こもりみょうじん)と呼ばれ、地名の本子守町(ほんこもりちょう)もこのことより起こっています。安産・育児・息災延命の神として、広く信仰されています
●率川神社本殿(改装中につき足場が・・、でも朱色が映えていました)
a0016431_21392228.jpg
※五十鈴姫は、他6人の媛女と大和三輪山の麓の狭井川のほとりで山百合の花を摘んでいる時、初代の神武天皇に見初められましたが、神武天皇には東征の際に日向に置いてきた本妻さんが有りました。けど、姫は神武天皇皇后になり、一夜御寝(ひとよみね)で 第2代綏靖(すいぜい)天皇ら3子をもうけました。
境内万葉歌碑
詠み人知らず
万葉集巻7―1112
はね蘰(かずら)今する妹をうら若みいざ率川の音の清けさ

●末社住吉社     ●摂社率川阿波神社(式内社)●末社春日社
a0016431_2144888.jpg
上筒之男命          御祭神事代主神      武甕槌命
中筒之男命                           斎主命
底筒之男命                           天児屋根命
氣長帯比売命                         比売神
(神功皇后)
by barakan1 | 2007-05-12 22:01 | 旅日記
<< 奈良市内(奈良町)探訪②(07... 奈良市内(東大寺~春日大社)探... >>