平城(帯解~白毫寺~高畑)探訪(06.09.21)⑦-2高円山~白毫寺・・・

■白毫寺  奈良市白毫寺町392
●白毫寺参道・萩の花
a0016431_12212120.jpg
小さな山門を通って萩の階段を上がると真言律宗の 「白亳寺」で、別名「一切経寺」と呼ばれています。 高円山(標高432m)の西麓に建つ「白亳寺」は、第38代天智天皇の第7皇子、志貴皇子の山荘の跡に建てられ、平安遷都によって寺勢が衰えたけど、鎌倉時代に戒律復興や貧民救済に活躍した西大寺中興の祖叡尊(興正菩薩)が再興し、その後に叡尊さんの弟子で中国帰りの道照が請来した「宋版一切経」を納め、一切経寺として親しまれたが室町時代に兵火で全山を焼失し、1630年頃(寛永年間)興福寺の学僧空慶上人によってようやく復興され現在に至っています。
●白亳寺本堂                ●五色椿
a0016431_122631.jpg
本堂は柱間三間の身舎(もや)の四方に庇(ひさし)をまわした「三間四面」の形式を保ち、南都の寺院本堂の復古的な形式を用いた良い1例で、その仕様は桁行五間、梁間五間、向背一間、寄棟造、本瓦葺、背面桟瓦葺です。
また、奈良三銘椿の1つ「五色椿」は 1630年頃(寛永年間)に興福寺の喜多院から移植され、樹齢400年、樹高約7m、根周り1mで、1本の木に紅白色とりどり16~22弁の椿が本堂の南方15mの所に咲きます。
                   ●本尊:阿弥陀如来座像    ●閻魔王座像
a0016431_12281579.jpgご本尊は国重文で平安時代末期か、または鎌倉時代初期に造られた木造阿弥陀如来座像で、定朝(じょうちょう)様式を踏襲した桧(ひのき)の寄木造で漆箔が施されています。
また、閻魔は梵語の Yamaraja の音写「閻魔羅社」の略で、地獄に落ちた死者を支配し、種々の苦しみを与える地獄の王です。起源は古代インドの神マヤで、元天上界にいたが、地下に移って人の命を奪い、死後の世界を支配する恐ろしい神になって、その後仏教に取り入れられ、中国に伝わると道教等と混交して十王思想が生まれ、裁判官である十王の五番に位置する様に成りました。 ー奈良観光より抜粋ー
●境内から見る奈良の町
境内からは奈良の町~生駒山系までが一望に見渡せます。
a0016431_12362590.jpg

■白毫寺の萩の花
a0016431_1383551.jpg白毫寺は花の寺としても有名です。特に、高円の萩の花は万葉の昔から詠まれている通り、一見の価値があります。(当日は5~6分咲きの感じでした。)


a0016431_13132850.jpg
白毫寺内万葉碑
笠朝臣金村
巻2-231 
高円の野辺の秋萩いたづらに咲きか散るらむ見る人なしに



a0016431_1240498.jpg
大伴宿禰家持が歌一首
巻8-1605
高圓の野辺の秋萩このごろの暁(あかとき)露に咲きにけむかも  
a0016431_12402738.jpg
藤原朝臣八束が歌二首
巻8-1570 
ここにありて春日やいづく雨障(あまつつ)み出でて行かねば恋ひつつぞ居る
巻8-1571
春日野に時雨降る見ゆ明日よりは黄葉かざさむ高圓の山
a0016431_12405413.jpg
すこし、趣の変わった高円山の歌を・・・
十一年(ととせまりひととせといふとし)己卯(つちのとう)、天皇(すめらみこと)高圓の野に遊猟(みかり)したまへる時、小さき獣(けだもの)堵里(さと)の中(うち)に泄(い)で走る。是に勇士(ますらを)に適値(あ)ひて生きながら獲(え)らえぬ。即ち此の獣を御在所(みもと)に献上るとき副ふる歌一首 獣ノ名ハ俗ニ牟射佐妣(ムササビ)ト曰フ
巻6-1028
大夫(ますらを)の高圓山に迫めたれば里に下(お)り来(け)るむささびそこれ
     右の一歌は、大伴坂上郎女がよめる。但シ奏ヲ
     逕ズシテ小獣死シ斃レヌ。此ニ因リテ献歌停ム。
※昔は、ここらあたりにはムササビが沢山いたのでしょうか!?今はどうなのでしょうね!?
by barakan1 | 2006-09-30 13:23 | 旅日記
<< 平城(帯解~白毫寺~高畑)探訪... 平城(帯解~白毫寺~高畑)探訪... >>