<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

散歩・徒然なるままに・・・(2016-05)

5月度の締めとして、
散歩・徒然なるままに・・・をアップします。
いつもの散歩コース(四天王寺~一心寺~天王寺公園~安倍の~自宅)7000歩から、少し足を伸ばして上町台地の浪速七坂を主に拡大散歩8500歩を始めて一ヶ月余りが経ちました。気候のいい時期でもあり色々な発見がありました。
★まず一番目に、17日、市立美術館前の階段よこの木立より、「ウグイス」のさえずりを聞きました。さえずりは「ホーホケキョ、ホーホケキキョ、ケキョケキョケキョ……」、地鳴きは「チャッチャッ」。
a0016431_1631576.jpgさえずるのは縄張り内を見張っているオスで、「ホーホケキョ」が他の鳥に対する縄張り宣言であり、巣にエサを運ぶメスに対する「縄張り内に危険なし」の合図でもある。「ケキョケキョケキョ」が侵入した者や外敵への威嚇であるとされている。(Wikipediaより)


★二番目に、23日、茶臼山のある河堀池で「カワセミ」を見かけたことです。しかもそれから今日までに3回も目撃しました。コバルトブルーの背中が美しい鳥でした(スズメよりチョット大きい位でした)
a0016431_1638545.jpg
■三番目には、24日、一心寺の南門を出るとき、聞きなれない鳴き声を聞きました。「トウキョ トッキョ キョカキョク」と聞こえます。一緒にいたおばあさん達も「なんだろうね?聞いたことのないなきごえだけど・・・」と言っていました。
a0016431_1640135.jpg帰宅後、ネットで調べると・・・な何と!!ホトトギスだそうです。私は生まれて初めて聞きました。本当に「トウキョ トッキョ キョカキョク」と聞こえるんですね!!感激しました。昨日のカワセミに続き、ラッキー続きです。



★四番目は、28日、清水坂を下っていた時、今までに見たこともない位大きさのスズメバチと遭遇しました。
a0016431_16441533.jpg
彼は下の方から、地面より1メートル位の高さを音もなく、悠々と私の側を通って上の方へ飛び去りました。たしかに薄茶・黄色?の体色で、大きさは体長5センチ位あったのではないだろうか!・・・ 一瞬のこととてハッキリ確認したわけではありませんが、私が今まで見た中で一番大きな個体でした。こんな大阪のど真ん中で、あんな大きなハチがいるなんで・・・とても信じられません!!
a0016431_16413044.jpg帰宅後、ネットで調べたら、どうも「オオスズメバチ」のようです。1匹だけで、お散歩中で良かったです。集団で襲われたらアウトですものね!!







★五番目は、30日、四天王寺の境内でトンボを見つけました。弱っていて飛ぶことができないようでした。この葉の上にとまらせ観察しましたが、あまり見たことがない種類でした。
a0016431_16423933.jpg
帰宅後ネットで調べましたが、似たような種類が沢山おり過ぎハッキリとはわかりませんでした。(コシアキトンボのメスに似ているような・・??)
by barakan1 | 2016-05-30 16:56 | 散策によせて

日ノ御埼沖 M丸 イサギ釣り (2016-05-28)

日ノ御埼沖イサギ釣り
今年はじめてのイサギ釣りに、比井港の岬丸(昼便)にて釣行
自宅発(7:00)~紀の川IC(8:00、70㌔)~有田IC~湯浅(紀ノ国屋、8:40、100㌔)~紀伊内原(9:15、122㌔)~比井港(9:25、128㌔)
爆釣続きのネット情報のためか?結構な人出です。朝二便、昼二便だそうです。10時前に着きましたので、出船まで1時間余待ちました.・・・(T_T)
朝船が10:45帰港。昼便のための船中の清掃と席の準備(人数分のバケツが腰掛けのところにおいてある)完了後、船長より、好きな位置に入ってくださいとアナウンスがある。何時もの通り、このシステムでは出遅れてしまう私。結局、右舷の胴の間、大艫より三人目に座る。
本日の状況:天候:曇り~雨  風向:北  潮:下り~上り潮  水温:22度  波高:0.5
出船11:10~日ノ御埼沖ポイント(トフ)着、船長より、棚40~30mを探ってとの指示があり、実釣開始(11:30)。潮は動いているが上へ下へ真下へと定まりがなくあまり良い潮ではなさそうだ。
早速、船に常備の手釣り仕掛けで期待を込めて、第一投!4色出して、そこでコマセを二振り、一ヒロ上げて仕掛けを止めて待つ。前日のおさらいのように、少し長く待つもり・・・と、待つまでもなく、クンクン、グッリグッリとした当たりがあり、慎重に取り込むと、27~28㌢の標準サイズ。ここで釣っておかねば・・!!と力は入るがダブル・トリプルも少なく、ポツポツ上がる程度。そのうちに二枚潮となり両隣とお祭りが続発。そんな中右舷ミヨシで釣っていた人に強烈なあたり、竿のしなりと、叩き方は尋常ではない。そんななかあがってきたのは45㌢のジャンボイサギだった。私も初めてみたが本当に巨大な魚だった(その人は大型狙い一本じ絞って釣っているようだった)りっぱ!負けました!脱帽です!!
●日ノ御埼沖トフ           ●右舷同船者
a0016431_15514315.jpg
私には、15:30頃少しいい感じの当たりがあり、かなり潮の流れが早くなってきて、お祭りしながらも、タモを使って今日初めて魚をすくいました(今回初めてタモを持参。魚は目算35㌢くらい?)。その後、潮は増々早くなり、糸が真横に出ていくような感じで、結局その魚を最後に納竿(17:15)まで全く釣れませんでした。沖上がり港着(17:30)でした。後半は雨に振られ、寒いは一匹も釣れずで、散々でしたが・・・、一年ぶりのイサギ釣りで気分が晴れました!

比井港発(18:15)~和歌山太郎家(19:15)~自宅(20:50高速、走行距離260㌔)
帰宅後、早速刺し身にして、おいしく頂きました
●最長寸35㌢            ●釣りたてイサギの刺し身
a0016431_15521963.jpg
本日の釣果最長寸35㌢、匹数イサギ29:丸ハゲ1  計30匹でした。
by barakan1 | 2016-05-29 16:01 | 釣行日記