<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

天橋立~和田山・竹田城探訪(2015-07-26~27)・・・④

竹田城跡   兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169番地
●ー竹田城跡の画像検索結果ーより引用
a0016431_16574736.jpg
竹田城跡は、山城遺跡として全国でもまれな完存する遺構であり、虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)」とも呼ばれています。
●竹田城跡案内板
a0016431_1752233.jpg
a0016431_176364.jpg
秋から冬にかけてのよく晴れた早朝に朝霧が発生することがあり、但馬地方の風物詩となっています。この雲海に包まれた姿や竹田城から見下ろす風景は、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、いつの間にか「天空の城」・「日本のマチュピチュ」とも呼ばれるようになりました。この幻想的な風景を一目見ようとたくさんの人々が訪れます。朝来市HP-より
●竹田城跡についての説明版
a0016431_1772673.jpg
●大手門上り口
a0016431_1784246.jpg
概要
縄張りが虎が臥せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)。国の史跡に指定されている。また城下から遥か高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城や日本のマチュピチュとも呼ばれる。雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっている。
●大手門より竹田の町を見る
a0016431_17101151.jpg
a0016431_17113743.jpg
東に立雲峡を望む標高353.7mの古城山(虎臥山)の山頂に築かれ、縄張りは南北約400m、東西約100m。天守台をほぼ中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配され、北千畳部と南千畳を双翼とし、天守台北西部に花屋敷と称する一郭がある。廃城から約400年を経ているが、石垣がほぼそのままの状態で残っており、現存する山城として日本屈指の規模となっている。
●三の丸横より
a0016431_17122191.jpg
竹田城   別名 天空の城、虎臥城、安井ノ城
城郭構造  梯郭式山城
天守構造  不明(天守台有り)
築城主  山名宗全(伝承)
築城年   1431年(永享3年)(伝承)
主な改修者 羽柴秀長、赤松広秀(斎村政広)
主な城主  太田垣氏、羽柴秀長、赤松広秀
廃城年  1600年(慶長5年)
遺構  石垣、堀、井戸など
指定文化財 国の指定史跡
●三の丸付近より南千畳方向をみる
a0016431_17155531.jpg
●南千畳付近より三の丸方向を見る(反対側より観る)
a0016431_17211547.jpg
□雲海
時期は、秋から冬にかけての日の出前から午前8時頃の間。特に9月から11月の間には発生しやすい。
城跡からの眺めの他、立雲峡(城の南東)や藤和峠(城の北西)から雲海に浮かぶ城跡を眺める事も出来る。
●南千畳手前で説明を聞く観光客
a0016431_17222357.jpg
a0016431_17242720.jpg
※※★2日目10時ホテル出発、お土産を買って、大智君は電車で。豊岡で待ち合わせ、合流後312号線を下って朝来和田山の竹田城跡へ。城跡見学の後、食事をして17時過ぎに出発。大智君出発後直ぐに寝てしまったのでユックリ走れました。自宅到着19時過ぎ。走行距離440㌔でした。 ★写真クリックで大きくなります(^_^)v
by barakan1 | 2015-07-30 21:14 | 旅日記

天橋立~和田山・竹田城跡探訪(2015-07-26~27)・・・③

元伊勢 籠(この)神社     京都府宮津市字大垣430
籠神社(このじんじゃ)は、京都府・宮津市にある神社。『延喜式神名帳』にある「篭神社(丹後国・与謝郡)」に比定される式内社(名神大社)。丹後国一宮で、近代社格は国弊中社、現在は神社本庁の別表神社。
●一の鳥居(入口)
a0016431_12445012.jpg
元伊勢の一社であり、「元伊勢籠神社」とも称する。国宝『籠名神社祝部氏係図』『籠名神宮祝部丹波国造海部直等氏之本記』、いわゆる「海部氏系図」で有名であり、現在まで海部氏が神職を担当している。
★主祭神は 彦火明命(ひこほあかりのみこと)。
天火明命(アメノホアカリ)、天照御魂神、天照国照彦火明命、饒速日命(ニギハヤヒ)というとする。海部氏の祖神。アメノホアカリは、ニニギの兄であり、やはり  同じく天孫。ただし、古事記では尾張国造の祖とある。
●参道(荷の鳥居は)
a0016431_12525197.jpg
★相殿神は、豊受大神(とようけのおおかみ=トヨウケビメノカミ)、天照大神(あまてらすおおかみ=アマテラス)、 海  神(わたつみのかみ=ワタツミ三神<ソコツワタツミノカミ、ナカツワタツミノカ        ミ、ウハツワタツミノカミ>、海部氏の氏神)、天水分神(あめのみくまりのかみ=アメノミクマリノカミ)。
●手水舎                 ●由緒書
a0016431_12552718.jpg
社伝によれば、豊受大神は、神代は「真名井原」の地(現在の奥宮・真名井神社)に鎮座したという。その地は「匏宮(よさのみや、与佐宮・吉佐宮・与謝宮)」と呼ばれ、天照大神が4年間営んだ元伊勢の「吉佐宮」にあたるという。
●二の鳥居・拝殿
a0016431_1257508.jpg
白鳳11年(671年)彦火明命から26代目の海部伍佰道(いほじ)が、祭神が籠に乗って雪の中に現れたという伝承に基づいて社名を「籠宮(このみや)」と改め、彦火火出見尊(オホリ=山幸彦)を祀ったという。
●鳥居前 重文狛犬
a0016431_12592556.jpg
養老3年(719年)、真名井原から現在地に遷座し、27代海部愛志(えし)が主祭神を海部氏祖の彦火明命に改め、豊受・天照両神を相殿に祀り天水分神も合わせ祀ったと伝える。 ーぶっちゃけ古事記ーより
●社殿正面より
a0016431_1303556.jpg
由緒
 崇神天皇の時代、天照大神が笠縫邑(かさぬいむら)という場所から与佐宮(よさのみや)に移り、豊受大神から御饌物を受けていた。その4年後、天照大神は伊勢へ移り、後に豊受大神も伊勢神宮へ追ったため、当社を「元伊勢」というようになったという。そして、養老3年(719年)、真名井原から現在地に遷座して主祭神を彦火明命とし、豊受・天照両神を相殿に祀り、社名を籠宮に改めたことに今の当社が始まる。そして、真名井原の元の鎮座地は摂社・奥宮真名井神社とされ、後に海神・天水分神が配祀されたという。また、御祭神が籠に乗って雪の中に現れたことから「籠宮」という社名になったという伝承がある。
※※籠神社の社家となる海部(あまべ)氏の系図は日本最古の系図として国宝に指定されている。また、この他にも、最古の伝世鏡など、貴重な社宝を多く収蔵していることでも有名。 ー神社人ーより抜粋
●拝殿・本殿全景
a0016431_1257459.jpg
※※丹後国分寺より東に少し走ったところに鎮座。到着が16時半。駐車場閉門が17時という事で見学と写真撮影に走り回り、ほんの触りだけのお参りとなりました。(いつか、真名井神社は是非お参りしたいです)。その後、急いで夕日が浦に向かい、約束の18時夕食に何とか間に合いました。★写真クリックで大きくなります(^_^)v
by barakan1 | 2015-07-30 21:13 | 神社仏閣探訪

天橋立~和田山・竹田城探訪(2015-07-26~27)・・・②

丹後国分寺跡(たんごこくぶんじあと)    京都府宮津市国分
●丹後郷土資料館          ●国分寺跡看板に立つ
a0016431_1338644.jpg
●案内板より 史跡 丹彼国分寺跡
天平13年(741)3月、聖武天皇は詔して天下諸国に僧寺、尼寺を造らせ、それぞれ金光明四天王護国之寺、法華滅罪之寺とされた。これが全国一斉に行なわれたかどうか疑わしいか、おそらく地方諸国の経済制度の整備と併行して、逐次建立されたものであろう。
a0016431_13403837.jpg
 この一帯は「丹後国分寺跡」として、昭和5年10月史跡に指定され、昭和38年買上げ整地して保存されることとなった。指定地内には、中門の礎石2個、金堂の礎石34個、塔の礎石16個か現存しているが、創建当時のものではない。創建年代は明らかでないが、出土しだ古瓦からみて、奈良時代末頃であろう。その後幾度かの興亡を経て、建武元年(1334年)に金堂が再興され、また室町の禅僧雪舟筆「天橋立図」に描かれた伽藍は、天文11年(1543年)兵火焼失前を偲ばせる。現存の礎石群はこの絵の配置と一致している。未調査のため創建時の寺域や伽藍配置は明かでない。
昭和48年3月 京都府教育委員会
丹後国分寺の主な歴史資料  『宮津市史』
●国分寺跡全景
a0016431_1342481.jpg
諸国国分寺・尼寺の建立
奈良時代の前半から中ごろにかけては、相次ぐ政権闘争や疫病の流行などの社会不安が相次いだ。天平元年(七二九)年にいわゆる長屋王の変をおこし権力を掌握した藤原四氏は、天平九年に疫病のため相次いで病死する。さらにその三年後の天平十二年には、九州の大宰府で藤原広嗣が反乱を起こしている。時の聖武天皇は同年以降、平城京から山背の恭仁宮(加茂町)、近江の紫香楽宮(滋賀県信楽町)、摂津の難波宮(大阪市)へと相次いで遷都を断行し、ふたたび天平十七年に平城京へ戻ってきている。この聖武天皇の行為は、相次ぐ社会不安のなかでこれを断ちきるための施策であったと考えられるが、一方で仏法の加護を得てこれらを解消しようともした。その施策のひとつが、天平十三年に下された、いわゆる「国分寺建立の詔」である。この詔には、国ごとに金光明最勝王経一部を安置した七重塔一基を作り、僧寺を「金光明四天王護国寺し、尼寺を「法華滅罪寺」とすること、また造塔は国のもっとも良き箇所になすこと(必撰好所)、などが述べられている。今日ではこの詔により各地に築かれた寺院を「国分寺」、「国分尼寺」と呼んでいる。つまり平城京の東大寺を総国分寺として全国六○余国に国分寺と国分尼寺が築かれることになるのである。
a0016431_13441928.jpg
 丹後国は、和銅六年(七一三)、丹波国より加佐・与謝・丹波(現在の中郡)、竹野、熊野の五郡を割き成立した。丹後国設置以後、国の政庁である国府の諸施設は、丹後における旧来の有力者の本拠地である、野田川中流域(加悦町付近)や竹野川中流域(峰山町付近)に築かれることはなく、特定の政治的意志によるものか、天橋立を見おろすことができる阿蘇海北西岸の台地、すなわち岩滝町男山付近あるいは宮津市府中地区に漸次的に建設されていったのではないかと考えられている。一般的には国分寺・国分尼寺は国府所在地およびその隣接地に造営されるが、丹後国分寺もまたその原則に従い、国分の台地上に築かれたのであろう。阿蘇海・天橋立を見おろすこの地は、まさに聖武天皇の詔にある「必撰好所」の地にふさわしい。
 …
府中地域は、背後に標高五四六メートルの成相山を抱え、阿蘇海までの狭小な扇状地形を流れる短い河川は、たび重なる氾濫と山崩れをおこしている。したがって当地では、集落は土石流に強い台地上に集中することになる。このような地形的制約により、この地に諸国に比して大きな国分寺伽藍を築くことは困難ではなかったかと考えられる。いずれにしても謎の多い丹後国分寺の実態を明らかにするためには、中心伽藍が所在するであろう史跡地内の発掘調査が必要であろう。ー丹後の地名地理・歴史資料集ー丹後国分寺より抜粋

※※時間がないなか、丹後郷土資料館の見学は諦め、国分寺跡の写真だけ急ぎ撮り、籠神社に向かいました(本当に残念でした) 写真クリックで大きくなります(^_^)v
by barakan1 | 2015-07-30 21:09 | 神社仏閣探訪

天橋立~和田山・竹田城探訪(2015-07-26~27)・・・①

■天橋立へ
娘夫婦より、夕日ヶ浦温泉へのお誘いがあり、喜んでお受けしました。夕方にホテルで落合う約束なので、ついでと言えば何ですが・・・、行って見たかった天橋立と翌日は朝来市和田山の竹田城跡を観る予定です。
■1日目コース
12時に自宅を出発~阪神高速・中国自動車道・舞鶴若狭自動車道を通り、橋立到着15時でした。飛龍観モノレールで展望台へ。天気のいいこともあり、その景色はまさに絶景!!、日本三景と言われるのも分かります。久しぶりに素晴らしい景色を見て妻も大変感激していました。
前日の調べで、近くに元伊勢籠神社と丹後国分寺跡があることが分かりましたので、時間はありませんが、その雰囲気だけでもと駆け足でしたが回りました(ほんの1時間程の探訪で残念でした)。
ホテルに18時丁度に到着。一っ風呂浴びて早速夕食です。
a0016431_15395184.jpg

丁度夕日がまわりを真っ赤に染めながら、地平線に沈む景色も見れ(太陽は真ん丸ではなく、ヒシャゲたお饅頭をニケ重ねたように見えました)大満足でした。



●展望台へのモノレール乗り場
a0016431_15412385.jpg

■日本三景 天橋立
天橋立の成り立ちについて、こんな言い伝えがあります。
古風土記によると、男神イザナギのみこと命が、イザナミの命の住む久志備の浜の北にある真名井原に、 天上から通うために梯子をかけました。イザナギの命はこの梯子を天浮橋と名づけ、天上と地上を往来しました。
●モノレールとリフトからの展望
a0016431_15484498.jpg
●飛龍観の解説版
a0016431_15521439.jpg
ある時、地上におりたイザナギの命がうっかり一夜をすごしてしまったうちに、天浮橋は地上に倒れてしまいました。 天浮橋は天橋立となり、天上の神々と地上の人間を結ぶ梯子はなくなってしまったのです。 しかしその後、神と人の絆はかえって強くなり、神仏を求めて白砂青松の不思議の道を訪ねる人があとを絶たなくなりました。
●股覗きからの展望
a0016431_15511374.jpg
全長3.6km、幅20~170mの砂嘴。砂地には約8000本の松が茂り、その姿はあたかも天に舞う架け橋のよう。
公園内には昭和26年に来訪された昭和天皇の句碑、与謝野寛・晶子夫妻の歌碑など史跡が点在しており、 先人たちが天橋立に馳せた思いに触れることができます。 人々の心を潤す神の贈り物として、天橋立はその姿を今に保ち続けているのです。

a0016431_15464364.jpg天橋立は、方向により見え方が変わることで知られています。
眺望にはそれぞれ名前がついており、斜め一文字、飛龍観、一字観、雪舟観が天橋立の四大観と呼ばれています。四大観のポイントは下の写真で示した場所になります。 HP-日本三景-より



■天橋立を詠んだ歌
神の代に神の通いし道なれや雲井に続く天橋立     古歌
橋立の松の下なる磯清水都なりせは君も汲見ん     和泉式部

大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず天橋立  小式部内侍
   小倉百人一首第60首 小式部内侍こしきぶのないし) 金葉集
※解説ーこれは、「大江山を越えて、近くの生野(京都府亀岡市内の古地名)へと向かう道のりですら行ったことがないので、まだ母のいる遠い天の橋立の地を踏んだこともありませんし、母からの手紙もまだ見ていません」という意味である。歌合に歌を詠進することになった小式部内侍に、四条中納言(藤原定頼)が「丹後のお母さん(和泉式部は当時、夫の任国である丹後に下っていた)の所に、代作を頼む使者は出しましたか。使者は帰って来ましたか」などと意地の悪い質問をしたのに対し、その場で詠んだ歌とされている。
当時、小式部内侍の歌は母が代作しているという噂があったため、四条中納言は小式部内侍をからかったのだが、小式部内侍は見事な歌で答えたのだった。これに対し四条中納言は、当時歌を詠まれれば返歌を行うのが礼儀であり習慣であったにもかかわらず、狼狽のあまり返歌も出来ずに立ち去ってしまい恥を掻いたという。ーウィキペディアーより
●天橋立全景
a0016431_15424761.jpg
クリックで写真大きくなります
■探訪地図

by barakan1 | 2015-07-30 21:06 | 旅日記

湯浅大宮 顯國(けんこく)神社探訪 (2015-05-26)

湯浅大宮 顯國(けんこく)神社  〒643-0004 有田郡湯浅町大字湯浅1914番地
a0016431_15275824.jpg
★★祭神
大己貴命、須佐男命、櫛名田姫命、建御名方命、沼川姫命
★配祀神 
事代主命、豊玉彦命、豊玉姫命、大山祇命、天照皇大神、豊受大神、蛭子神、水波能女神、宇賀魂命、伊弉諾尊、伊弉册尊、金山彦命、菅原道真、素免神、粂崎王子神、住吉神、少名彦命、三筒男神、国常立尊、市杵島姫命
a0016431_15301011.jpg
★境内社 
若恵比須神社、神明神社、稲荷神社、若宮神社
★飛地神 
辨財天神社、北恵比須神社、南恵比須神社、若宮神社
●境内案内板
a0016431_15312615.jpg
■由来
延暦20(801)年10月、坂上田村磨が紀伊國有田郡霧崎菖蒲の里に到って三神を崇敬し、正殿を造営して大國主大明神と称して祀ったのが当神社の創建である。
●外より拝殿・境内をみる
a0016431_15342874.jpg
その後、土豪湯浅権守藤原宗重が神々に対する尊信の念が厚かったことから、天養元(1144)年10月、湯浅村に社地を定めてこの森へ神殿を遷して顯國明神と改称した。
宗重は社地祭祈料として田園を寄進するとともに湯浅城鎮護の神社、近郷村の総鎮守大社と仰ぎ奉った。
社城・社殿ともに郡内でも宏壮であることから通称「大宮さん」と呼ばれた。
●拝殿・本殿
a0016431_15402669.jpg
寛文8(1668)年12月、紀州徳川家初代藩主頼宣より顯國大明神の社号を授かり、藩儒李梅溪に命じて華表の扁額を書かしめた。
その後、江戸へ発着毎に参詣する等厚く崇敬され、これが先規となり廃藩の際まで歴代藩主より鄭重に取り扱われた。
社記によると、延宝4(1676)年には第二代光貞(清溪院)、安永5(1776)年には第九代治貞(香巌院)、寛政6(1794)年には第十代治宝(舜恭院)、寛政11(1799)年と享和3(1803)年には当時隠居中であった第八代重倫(観自在院)が参拝している。
●境内社
a0016431_15421582.jpg
明治15年11月、有栖川宮幟仁親王殿下の御筆である社名の額が奉納されている。
明治16年4月、村社に列し、同40年6月神饌幣帛料供進神社に指定された。
昔、田中久郎助という者が馬を社前に集めて流鏑馬をしたのが、馬寄せの始めであると伝えられている。
明治の合祀令より当神社に祀られた神社は、若宮神社、若恵比須神社、神明神社、稲荷神社、諏訪神社、久米崎神社、天神社、金比羅神社、疱瘡神社、住吉神社、妙顯神社がある。
●境内社 (若恵比須神社、神明神社、稲荷神社、若宮神社)
a0016431_1543172.jpg
当神社の鎮守の森は、昔から「一夜の森」や「暁の楓」と呼ばれ、『南紀湯浅誌』の湯浅古跡に名を載せ、古くから神社鎮座の森なりと言い伝えられており、平安時代から鎌倉時代にかけて古熊野往還に沿っていたとされている。(和歌山県神社庁HPより)
※※久しぶりの探訪記です。書き方がを忘れ、チョッと時間がかかりました。(>_<)
5-26、湯浅玉市丸にイサギ釣りに来たおり、帰路に立寄り御参りしました。湯浅に来る度に気にはなっていましたがヤット、訪ねることが出来ました。>(^_^)v
by barakan1 | 2015-07-05 15:55 | 神社仏閣探訪

今年初めて聞くセミの声 2015-07-03

■■いつもの通り、散歩をしていたら、四天王寺公園の中の遊歩道(美術館の前の道)で10時半過ぎ今年初めてのクマゼミの鳴く声を聞きました。もうすぐかなぁと心待ちにしていたので・・・、直ぐに気がつきました。盛期のように重なり合うようには鳴きませんが、単発ですがシャンシャンシャンシャンと鳴いていました。
セミが鳴いていたのは下記の森です。
a0016431_2073265.jpg
少し上ってアベノ近くになるとまだ鳴いていません。一年振りなのでチョッと感激しました。
by barakan1 | 2015-07-03 20:13 | 散策によせて