<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雑賀崎港 アジ釣り(2014-07-16)・・・

今年初めての雑賀崎漁港のアジ釣り。
孫の顔を見に和歌山市へ行ったついでに、私だけ、雑賀崎港によってアジ釣りをしてきました。(家から雑賀崎港へは車で15分位で行ける近場です)
●雑賀崎港波止内側です(右奥が釣り座です
a0016431_23293668.jpg
■14時過ぎ、私は雑賀崎へアジ釣りに出かける。
雑賀崎港では10人ほどの、サビキとグレのウキ釣りの人が居た。釣果の方はサビキでイワシ、ウキ釣りのグレも型は小さいようだがボツボツ釣れており退屈はしないようだ。
14時半位から釣り始めたのだが、最初は沖目に投げサビキで棚、網カゴまで6㍍で釣り始める。当たりがないので手前で棚を測ると9.5㍍もある。投げサビキのウキ下を9.5㍍に合わせて再度沖目(12・3㍍沖)を底スレスレを釣るようにする。2~3㍍でつるとイワシが入れ食いになるがそれを避けてあくまで底を釣る。ために14:30~16:30までアジの釣果0でした。
●釣り座とアジ
a0016431_23295213.jpg
アジが釣れ始めたのは16:30に初めて5㌢程度のアジが一匹釣れた。17時までに10匹程度釣れるが、後はパラパラと釣れるのみで18時納竿までに15匹程釣れた。
(釣れたものは皆、放流する。イワシは12~15㌢程度であったが入れ食いで、いくらでも連れたが・・・)
※釣れる時合を考えて行かないと、暑いばかりで熱中症になりかねませんのでご注意!!
■地図

by barakan1 | 2014-07-18 23:46 | 釣行日記

今年初めての、南港アジ釣り(2014-07-14)・・・

南港アジ釣り釣行記 2014-07-14 (1回目)
14時、時間を早め南港へ釣りに。途中より雨が降り出す。釣りを始める時分になって本降りとなる。2~3投しただけだが本日は中止として、納竿。帰宅する。釣りを始めて最短時間の釣行であった(釣行時間15分
●誰もいない大和川沿い白灯堤防
a0016431_17353752.jpg
アミエビ、仕掛けで700円。駐車場代400円、の出費。
明日は朝からの釣行とする。(結局起きられず、釣行中止)
by barakan1 | 2014-07-17 17:38 | 釣行日記

駅前公園でセミが本格的に鳴き始めました(2014-07-12)・・・

本格的にセミが鳴き始めました。
今月の初め頃から、ポロポロと鳴いていたセミが、台風(8号)一過本格的に鳴き始めたようだ。大体このへんでは毎年7月10日前後から鳴き始める。
誰が教えたわけでもないが・・・、自然の知恵知識には脱帽だ!
●空蝉                      セミの穴
a0016431_15382667.jpg
古今和歌集
巻十 物名 0448 
空蝉の 殻は木ごとに とどむれど 魂のゆくへを 見ぬぞかなしき   読人知らず

a0016431_15393232.jpg今日は昨日から泊まりに来ている孫達とセミの抜け殻探しをした。直ぐに手のひら一杯になった。
同じ姉妹でも個性は色々だ。セミの鳴き声がウルサイと下の孫娘はいうが、上の孫娘は平気だ。
また、抜け殻を上の子は怖がるが下の子は平気で触っている。
神様は何と多様に人間(自然)を創られたのか! 小さな自然事象に感謝・感動・感心する今日このごろです。
by barakan1 | 2014-07-12 15:44 | 日々雑感

加太港・荒神丸へアジ釣り   「2012-09-04」・・・

加太港・荒神丸へアジ釣り 「2012-09-04」
◇7:45自宅発~和歌山・加太へ、10:30時着。約3時間の行程(75㌔)でした。30年ぶりくらいでしょうか、荒神丸は! 乗船まで1時間半程時間があったので、加太の粟嶋神社(流し雛が有名です)と春日神社にお参りしてきました。
a0016431_14465.jpg◇平日の昼便ということで、ユックリ乗れると思っていたのに、船着場にあふれた人だかりを見てビックリ。結局二艘で出ることのなりました。初めての釣り場で、初めての仕掛け(3m×4本針,糸号3×5号)、餌はビニールを細長い三角に切ったものを使う。ようするに擬似餌である。釣り場は友ヶ島西端の中ノ瀬戸?。有名な流し釣り場だそうです。深さは50m前後でデコボコした海底だ。
◇実釣開始は10時半、早速須磨の時と同じで、はじめに強烈なあたり、そのあとは根がかりの連続で、錘と仕掛けがパー。いろいろ試行錯誤を繰り返して終わりには、根がかりはしないようになったが・・・。釣り方のコツは、錘がトンと底についたら、すぐ5回ほど巻き上げる。そこからユックリと誘い上げ、誘い下げすると、再びトンと錘が底を転がる様子が竿先に現れる。そこで再び前述の動作を繰り返す。
◇14時頃強烈な当たりで、巨大オニアジとイサギを釣り上げる。帰宅後採寸すると43㌢あり、これは私の長寸記録だ。結局釣果はイサギ25~30㌢10匹、サバ45㌢3匹、大アジ43㌢と35㌢2匹の大漁となった。クーラーは12Lの小さいのしか持って行かなかったので、蓋が閉まらなかった。
a0016431_1452183.jpg
いずれにせよこれで(4H・3000円)は安い。
◇結局今回、3mのムーチングーロッドとリールは使いこなせなかった。(2.1Mの先調子の竿が一番扱い易かった。トコ取りと誘いが一番のポイントです。次に竿の長さと調子です(先調子・2.1M)。
16:20 加太港発~自宅着18:30。2時間チョットで帰宅しました。昼間の便なので、終わった後の身体が楽です。
[釣行記アップを忘れていたため、遅まきながら本日アップします」
by barakan1 | 2014-07-10 14:12 | 釣行日記

散歩中、黒アゲハ蝶を見ました(2014-07-08)・・・

昨日(7月7日)の散歩中に黒い揚羽蝶を見ました。a0016431_1743671.jpg何時も見る蝶(モンシロチョウ等)より大型で何か神秘的な感じのする蝶です。真っ黒ではなく、前側の羽に灰色の筋が入っているように見えました。少し興味があったので帰宅してネットで調べると、結構黒い揚羽蝶にも種類があるようで、蝶の種類は分かりませんでしたが・・その姿の通り「黒アゲハ」だと思います。


そして今日、昨日と同じ場所付近で今度は、
「アオスジアゲハ」と続いてキアゲハ(ナミアゲハ)
a0016431_17174655.jpg
僧正遍昭(古今435)
ちりぬればのちはあくたになる花を思ひしらずもまとふ蝶(てふ)かな

それにヒメアカタテハ(?)を続けて見つけました。
a0016431_1781510.jpgちょっとラキーだったかも!? (^O^)

苦し紛れに「蝶」の話をアップしました、がフト「蝶」ってどう数えるのかしら?と思い調べてみると、「少し?な話」を発見。
普通蝶を数えるときは一匹、二匹と数えますが、動物学上は馬や牛のように一頭、二頭と数えます。一頭、二頭という数え方は、蝶に限ったことではありません。鳥と魚を除くすべての動物は、動物学上では、一頭、二頭と「頭」を用いて数えるそうです。ー写真はネットよりー
by barakan1 | 2014-07-09 17:26 | 散策によせて