<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

美浜港T丸 イサギ釣り 今年3回目(2014-05-30)・・・

美浜港T丸にて、日ノ岬沖(ジャリ)のイサギ釣り(2回目です)
午前0時45分自宅(大阪)発、松原インターより阪和高速道で御坊に向かう。午前3時前に美浜港T丸着。約2時間チョットで到着だ。何時もは一般道を通るので3時間半はかかるのでチョー楽だ(^^)。3時半過ぎに船頭さんが来て、出船準備。いつものように名前を呼ばれ乗船、狙い通り1番でした。右舷か?左舷か迷ったが今日も左舷にする。(釣り終えて感じたのだが・・・日ノ岬あたりはでは、どうも右舷に乗るほうが釣りやすいようだ??)乗船者は私を含め6名でした。
時間通り4時に出船ポイント(日ノ岬沖ジャリ)4時35分到着、アンカーが入り実釣開始は5時でした。
今日の海況は、天候:晴れ 風向:東 潮:上り潮 水温:21.4度  波高:凪 、と絶好の状況ですが、真夏並みの暑さには閉口しました。
●今日の日ノ岬は黄沙の為かけむっていました
a0016431_1594128.jpg
私は手釣りですので、船にある道具を借りるのですが、今回も棚までの道糸を出すのに手間取ってしまい、同船者より出遅れてしまい少し焦りました。3回目の投入でヤット当たりをえることが出来ました。
船頭よりの指示棚は50㍍から上へ探っていって・・・との指示。前回と同じで魚はまだ浮いてはいないようです。(当たり棚は48㍍~46㍍の間でした)初めの1時間位はダブルが多くありましたが、段々と少なくなり、後半はシングルが多くなりましたが食い止む事もなく11時の納竿まで続きました。
●実釣風景
a0016431_15155721.jpg前回はもたついて、棚をなかなか捉えることが出来ず(なんて俺は下手くそなんだ!)と落ち込みましたが・・!今日は逆に(ヒョットしたら俺は釣り天才では??)と思うほどよく釣れました。
結局私の釣果は39㌢~25㌢を66匹と、大きさと匹数の記録を更新しました(一回り大きめの38Lのクーラーを買った甲斐がありました)※36Lに魚を満タンに入れると腰が抜ける程重かったです。
●美浜港風景
a0016431_15171494.jpg
12時半、美浜港発~和歌山の息子の家に寄り仮眠を取り~17時半自宅着。
着替えもせずそのまま、(奥さんの帰宅が遅かったので)魚の処理をしました。
今回は初めて、干物作りにチャレンジしました。どんな味に仕上がるのか食べるのが楽しみです(塩加減を適当にやりましたので味が心配ですが・・・)。
私のイサギ最長寸記録39㌢        ●干物作りに挑戦
a0016431_15192750.jpg
一段落したのは21時半で3時間も掛かってしまいました。もう、フラフラです。
★★今日(31日)昼食に食べてみました。チョウー美味しかったです(❛ ◡ ❛)❤。
by barakan1 | 2014-05-31 15:41 | 釣行日記

円珠庵~三光神社~真田山旧陸軍墓地探訪(2014-02-01)・・・

2月に探訪していましたが中々気が進まず、アップが遅れました。

円珠庵  大阪市天王寺区空清町
当山の創建は1690年(元禄3年)国文学者として有名な契沖が「鎌八幡」に居を構え、「圓珠庵」と称したことに始まるが、この辺りは古来、三韓坂と言われた古道でその脇にあった榎木の樹霊信仰の場であった。下って、大阪冬の陣のとき、真田幸村がこの地一帯に陣地(真田出丸)を構えたが、この樹霊に鎌を打ちつけ戦勝祈願をされたといわれ、以来、人々は「鎌八幡」と呼び、世に広く信仰を得るようになったという。
 契沖※はここ「圓珠庵」で「和字正濫鈔」(わじしょうらんしょう)など多くの著述を成し、1701年(元禄14年)、62歳で没した。
a0016431_1513839.jpg
※契沖は、本姓下川氏。尼崎藩士下川元全の子として1640年(寛永17年)尼崎で生まれる。11歳で大阪今里の「妙法寺」に入り、13歳の時に剃髪、高野山で10年間仏教を学んだ後、23歳で大阪生玉の「曼陀羅院」の住職となる。しかし、数年を経ずに「曼陀羅院」を去り、諸国修行の旅に出、30歳の頃に和泉の国に移り住む。
最初の5年間は久井村の辻森家に滞在、仏典や漢籍に親しみ、その後南池田村万町の伏屋長左衛門(重賢)方に移り、その邸内に養寿庵という小庵を建ててもらいそこで、和漢書の研究に精励した。
40歳のとき、再び今里の「妙法寺」に戻り、住職となった。この「妙法寺」時代に、徳川光圀の知遇を得、画期的な万葉注釈書『万葉代匠記』を執筆、その後の国学万葉研究に大きな影響を与えた。(大阪・中之島図書館ホームページにより抜粋)
◆円珠庵では見たかった契沖の墓は見学できませんでした。その理由を書いた紙が境内に張り出してありましたが、万葉好きの私にとっては残念なことでした。早く見学できるよになればいいのですが!・・・(当山は境内の写真撮影は一切禁止です

三光神社  大阪市天王寺区玉造本町
a0016431_1592063.jpg
祭神 天照大神、月読尊、素盞嗚尊、仁徳天皇
摂社 武内宿禰社、野見宿禰社、主守稲荷社
a0016431_15101018.jpg
由緒
姫山に鎮座、もと日月山神社と云うが江戸時代中頃姫山神社としたが、維新後宰相山神社とも号した。
明治末期、境内に鎮座の三光神社を合祀して三光神社と改めた。
社は反正天皇の時代に創建されたと言う。創建以後の神職は武内宿禰の後裔の武田氏で八十有余代を数えると言う。合祀された旧三光神社は陸奥国青麻三光宮の分霊で、信徒諸国に増加した。姫山神社の影が薄くなったので、三光神社を合祀した。軒を貸して母屋を取られたとのこと。-神奈備にようこそ-より
a0016431_15104288.jpg
◆1661年(寛文元年)御旅所のあった圓珠庵(鎌八幡)の隣に移り、1706年(宝永3年)再び現社地に復した。旧地名を姫山または嬪山と呼ばれており、「摂津名所図会」には姫山神社とある。1908年(明治41年)境内にあった中風除けの神として広く知られた「三光宮」を合祀して現在の社号なった。
-大阪再発見-より抜粋
a0016431_15105872.jpg
「真田の抜け穴」といわれる洞穴。この地は宰相山と呼ばれる一角にあり、真田幸村が「大坂冬の陣」の時、大坂城の出丸(真田山)を築いたところとされ、この穴は大坂城に繋がっているといわれている。
「真田山」はどこに築かれたかについては諸説あり、この「宰相山」もそのうちの1つ。
●境内の幸村像と抜け穴
a0016431_15113158.jpg

a0016431_1541374.jpg句碑
子狐のかくれ貌(がお)なる野菊かな  蕪村 
このあたりに加賀宰相前田家の陣屋があり 宰相山といわれていたが 狐の穴が
たくさんあった。 蕪村が訪れた時、野菊が咲いていた。 狐の習性は人影を見ればすぐ隠れる。あの野菊の影に子狐が隠れていそうだ。

「真田山旧陸軍墓地」 大阪市天王寺区玉造本町
●宰相山にある「真田山旧陸軍墓地」の一角。
a0016431_1518521.jpg
広大な墓地(約17、700平米)には4、800余柱の墓標が整然と並び、納骨堂には、43、000余柱の遺骨をまつる。この墓地にある碑文には、『この地が大阪城の出丸の「真田山」であり、真田幸村が徳川家康を向え撃った古戦場である』と説明されているが、この出典は「摂津名所図会」に「(宰相山は)世に真田山といふ、元和の頃、真田の塁ここにありしぞ」とあるように、宰相山も俗に「真田山」と呼ばれていた。
-この「真田山陸軍墓地」は1871(明治4)年に旧陸軍が設立した日本最大最古の軍人墓地-だそうです。★(*^_^*)写真クリック 大きくなります
by barakan1 | 2014-05-22 15:22 | 神社仏閣探訪

美浜港T丸 イサギ釣り 今年2回目(2014-05-17)・・・

美浜港T丸にてイサギ釣り(今年2回目)
前日22:45自宅発~美浜港02:45着(途中休憩を挟んで4時間)
初めての船なので若干不安でしたが、予報通り天候は晴れ、波も低そうです。4時前船頭が来て簡単な出港準備の後名前を呼ばれどこに座るか聞かれる。私は左舷のトモに席を確保、船上で氷をもらい、乗船しました。釣り客は私を含め3人でした。まだ、少し時期が早いのか港は土曜日にも関われず閑散としていました。
●日ノ岬沖のジャリ
a0016431_1444153.jpg
4時出船~4:40ポイント着(日ノ岬沖のジャリ)。
道具の準備(私は手釣りです)をし実釣開始5:00。今日の心配事は手釣りで、ポイントの深さは56㍍!体力がもつかな?(>_<)・・ということです(前回は途中で止めてしまったので)。
ポイントは水深は55~56㍍、釣り棚は50㍍~上へ。今日は潮が早いので5㍍ほど余分に出してから探っていってとのアナウンスのあと実釣開始です。前回の釣り方、狙いの棚でコマセを3~4回振って暫く止、それからユックリと仕掛けを引き上げるを繰り返す方法です。しかし、期待に反して7時過ぎまで3匹(・_;)という状態です。他のお客さんは入れ食いさせています。余りの下手さ加減に船頭さんが見本を見せてくれました。そして私が苦戦している場所で直ぐに釣り上げました。「ほれ、今入れ食いやで!!」「・・・・」どうも、棚が少し低かったのか。それに仕掛けは動かしたらアカン何度も言われました。あとで、反対側のトモの釣り客を見ると、2㍍程狙い棚より落とし直ぐに棚まで上げて、そこで3・4回コマセを振ってジッと待つの繰り返しでした。寒い時期と釣り方が違うようだ。
●T丸HPより写真引用
a0016431_14452488.jpg
それからは、8時と11時頃入れ食いタイムが少しありで11時前、餌も無くなったので船頭にさんに、「後どの位やりますか?」と聞いたら「まだヤルで」というので、餌を追加してもらい釣りを続行する。朝方の不振(私の下手さ)をカバーするために頑張りました。心配していた気力・体力も何とか続き12時に納竿しました。結果は35㌢~25㌢45匹で持参した25㍑クーラーが一杯になり、予備のクーラーの出動となりました。朝の不振さえなければ大満足でしたが・・・。否!否!贅沢は言えません、満足、満足です(^^)。(最初は20匹は釣りたいなぁと思っていたのですから)
帰港してから、一人ずつ釣果を確かめ、写真を撮り、氷をつめ替えて頂きました。そして佃煮のお土産まで頂きました。私は(魚の取り込みとか釣り方)(コマセを振ったら動かすな!)とか良心的?教育指導(^^)を頂きましたが・・・。
●本日最長寸35㌢腹ボテイサギ
a0016431_1447015.jpg私の性格に合う釣り船だと思いました。(釣果良ければ全て良しです!!)
帰港後の雑談に船頭さんが水温があと2度上がって22度位になると棚も上がって釣りやすくなると言っていたのを小耳に挟んだので、6月にも大爆釣を期待して再挑戦するつもりだ。

※電動リールを買うかどうか悩んでいます。50㍍の深さでも手釣りの自信は今日でつきましたが、やはり棚が深いだけ手返しが遅くなるのは否めません。私が釣りを続け、より多く釣るには電動リールが必携のように思えるのですが・・・!!

by barakan1 | 2014-05-18 15:15 | 釣行日記

天王寺公園のバラ(2014-05-12)

(2014-05-12)王寺天公園 バラのアーチ
a0016431_1395496.jpg
 開園時間 9:30~17:00(入園は16:30まで)
a0016431_13101917.jpg
約100mのバラのアーチには、約100品種・800種の色とりどりのバラが咲き誇ります。現在満開です
a0016431_1310557.jpg
a0016431_13111723.jpg
久しぶりに花探索に行ってきました。★(*^_^*)写真クリック 大きくなります
※隣では「収穫祭・大阪オクトーバーフェスト」の準備が行われていました。
 ■日時: 2014年5月16日(金)~6月1日(日)
      12:00~21:00 ※最終入園20:30まで 雨天決行
 ■料金: 天王寺公園入園料:¥150 ※飲食は別途
 ■演奏: エングルメナー&ベロニカレンツ
 
by barakan1 | 2014-05-13 13:15 | 花探索