<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

柏原市探訪(2012.05.29)②金山媛神社・・・

金山媛神社(金山孫女神社) 式内社  柏原市大字雁多尾畑(かりんどおばた)
●社号標・参道石段
a0016431_13365814.jpg
祭神:金山比売(金山孫女)
摂社:透神社(すかし)。貴船。
    天王、???、春日若宮、若宮、スサノオ、大将軍、大神社。
●神社全景
a0016431_13372117.jpg
●由緒(金山彦・金山媛神社) 共に大県郡所属の式内社。
『古事記』の「国生み」に続いての「神生み」の条に「伊邪那美神は、火の神を生みしによりて、遂に神(カム)避(サ)りましき。」とある。
●神社ご由緒
a0016431_1337569.jpg
亦の名は火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)と謂ふ。この子を生みしに因(ヨ)りて、み、ほと炙(ヤ)かえて病(ヤ)み臥(コヤ)せり。 たぐりに成りし神の名は、金山毘古神(カナヤマビコノカミ)、次に金山毘売神(カナヤマビメノカミ)。金山彦神社は「嶽山」の頂上にあったものが、現在地に移転したものとされている。
●正面鳥居越しに神社を見る
a0016431_13384294.jpg
a0016431_13402856.jpg
「嶽山」のすぐ近くには、竜田大社の奥宮の「御座峰」がある。

ー神南備にようこそーより抜粋

◇金山媛神社の鎮座地は「雁多尾畑」と云う。「かりんどおばた」と読む。鉄滓(かなくそ)が多く残っているそうだ。タタラ製鉄の名残であろう。
●拝殿                              ●拝殿内部
a0016431_1347593.jpg
この辺りの製鉄は、鳴石という葦などの根本に出来る水酸化鉄や二上山の噴火灰の中の鉄分を使ったそうであるが、あまり良い質のものは出来なかったと云う。 6世紀頃の鍛冶遺跡が大県郡から出ているが、これらは河内王朝が朝鮮半島から鉄を持ち込んで、もっぱら武具を作ったと云われる。
●金山媛神社より金山彦神社方向をみる
a0016431_13503061.jpg
地名の「雁多尾畑」は狩人から来ていて、狩人とは山の中の金属鉱床を探す一連の人を刺していたと云う。 また「焼畑」のことを兵庫県養父郡八鹿町では「カリュー」、城崎郡美方郡では「カリオバタケ」と云う。
●透神社(すかし)スカシとは風を入れる為の上げ底を云う  ●貴船神社
a0016431_1348551.jpg
早期に製鉄が衰退して、焼畑になったとすれば、「雁多尾畑」はまさに「カリオバタケ」そのものである。
※金山媛神社についても、「嶽山」の頂上にあったとの説がある。
ー神南備にようこそーより抜粋
●境内社(天王、???、春日若宮、若宮、スサノオ、大将軍、大神社)
a0016431_13455254.jpg
●かりんどうの福神「しふくさん」を祀る至福堂
a0016431_13535799.jpg

by barakan1 | 2012-05-31 14:03 | 旅日記

柏原市探訪(2012.05.29)②金山彦神社 ・・・

■金山彦神社   式内社   柏原市大字青谷1025番地
祭神:金山毘古
●社頭・鳥居
a0016431_1940922.jpg
青谷寺の北、池の東岸山裾に鎮座する。金山彦神社は金山媛神社とともに製鉄を司る神の社である。
金山の神を祀る神社は美作国の中山神社、美濃国の中山金山彦神社などがあるが、現在も社名に金山彦・金山媛の神名をそのまま出しているのは本社だけである。
雁多尾畑地区の上手の山から鉄屑が発見されていて、この地域に製鉄に從事する人が活動していたことが裏付けされている。
●境内・拝殿
a0016431_19411987.jpg
延喜式神名帳では小社に列せられたが、その後の状況はよく分かっていない。中世と近世には北峰山青谷寺の鎮守として八大金剛童子社といわれていた。
明治五年、村社に列せられ、社名も金山彦神社となつた。
●拝殿(ご神木)                          ●本殿
a0016431_1942114.jpg
旧地はもと嶽山の嶺に在つたが、中古今の地に移したとの説がある。嶽山の嶺は金山媛神社の旧社地といはれており、金山彦、金山媛神社はともに嶽山の嶺にあつたのが、中古今のように両地にわかれたともとれる。
●古代たたらの復元
a0016431_19441115.jpg
別の説としてもと神社の東の寺山の上にあり、中古今の地に遷したとあり、寺山の頂上には三株の大松があつたが、大正13年の夏枯死したと云われている。
嶽山がどこの山か現在不明である。
●境内社 龍王神社、稻荷神社                ●古墳祭祀跡
a0016431_19454499.jpg
おそらく集落の北東、上方の山頂部付近と云われている。標高276.4mの、いま「とめしよの山」と呼ぶ山の西半部が嶽山ではないかと云われている。
◆社頭案内板ー
a0016431_19471339.jpg
※★(*^_^*)★写真クリック、大きくなります。
by barakan1 | 2012-05-30 19:49 | 旅日記

柏原市探訪(2012.05.29)①コース概要

■柏原市探訪
a0016431_20243441.jpg●国分寺跡を飛ぶクロアゲハ
●コース概要
10時半自宅発~柏原青谷・金山彦神社(再訪)~金山媛神社~竹原井の頓宮跡~河内国分寺~柏原市歴史資料館~16時半自宅着。




■コース地図

by barakan1 | 2012-05-29 20:36 | 旅日記