<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高槻市付近探訪2(2011.10.21)⑦石川年足(いしかわのとしたり)墓・・・終

■石川年足(いしかわのとしたり)墓 高槻市月見町 持統二~天平宝字六(688-762)
奈良時代中頃、石川年足は藤原仲麻呂のもとで出世し、天平宝字4年(760)に御史大夫に任じられましたが、2年後、天平宝字6年(762年)9月1日に平城宮の邸宅で75歳の生涯を終えました。亡骸は、その年の12月1日に彼の出身地である摂津国嶋上郡白髪郷(現在の高槻市真上町)に葬られました。
a0016431_125542100.jpg

◆二十五日、新嘗会の肆宴(とよのあかり)に、詔を応(うけたま)はる歌六首
式部卿 石川年足朝臣
万葉集 巻19-4274
天(あめ)にはも五百(いほ)つ綱延(は)ふ万代に国知らさむと五百つ綱延ふ

お墓は、江戸時代後期の文政3年(1820)に発見されました。発見のきっかけは、摂津国嶋上郡真上郷光徳村の荒神山の地主であり村の庄屋さんが正月に山の南斜面荒神松の辺りの土が崩れた夢を見たため、行ってみると荒神松の下側の土砂が数センチばかり窪んでいたので掘り起こしてみると、木炭で囲われた木箱(檜製櫃)があり、なかに埋葬された人物について記した金銅板製の「墓誌」と人骨が納めてあったと伝えられています。
 墓誌(国宝)は、長さ約30cm・幅約10cm・厚さ0.3cmの銅板で、表面に年足の系譜や官職などを刻んで周りを細かい唐草文様で飾り、表裏とも金メッキがほどこしてしてありました。
 この墓誌によって、埋葬された人物が石川年足であると特定され、また真上の地がかつて白髪郷と呼ばれていたことがわかりました。白髪から真上へと表記が変化したのは、後の光仁天皇(在位770~781)の頃であったといいます。
ー高槻市発「大王のくに」からー
by barakan1 | 2011-11-11 12:58 | 旅日記

高槻市付近探訪2(2011.10.21)⑥今城塚古代歴史館・・・

いましろ大王の社(今城塚古代歴史館)
a0016431_11262751.jpg淀川流域では最大級の前方後円墳「史跡今城塚古墳」が古墳公園「いましろ大王の杜」としてオープン。古墳公園では、水と芝生で古墳を囲い、実物大に復元された埴輪が190点以上並ぶ。

隣接する今城塚古代歴史館では、三島の古墳から出土した遺物の展示や今城塚古墳のジオラマや映像で、歴史背景を解説している。
【写真は埴輪の一部です】
a0016431_11282582.jpg
a0016431_11285241.jpg
a0016431_1129781.jpg
●力士           ●鷹匠            ●武人            ●巫女
a0016431_11311928.jpg
●石棺と埋葬者(人形)
a0016431_11325091.jpg
※前回の探訪(2011-09-26)では、休館日で見れなかったため、再訪しました。写真撮影も一点を除いて可のため、ほぼ全展示を撮影しました。
by barakan1 | 2011-11-10 11:38 | 旅日記

高槻市付近探訪2(2011.10.21)⑤牟礼(むれ)神社・・・

牟礼(むれ)神社  式内社  大阪府茨木市中村町5
●神社正面・社号標
a0016431_14451731.jpg
祭神
建速素盞嗚尊 配 天児屋根命
●正面鳥居
a0016431_1446518.jpg
由緒
往古、この地を本貫とする牟礼別の祖である大中津日子命(本来の祭神?)を祀ったものであるが、社伝によると、天正年間織田信長が諸国の神社を焼いたとき、 その劫火を免れようとして信長の信仰する牛頭天王、春日神を急遽詐称して祀ったのが、そのまま今日祭神となって残ったものであるという。
●境内・拝殿
a0016431_1458171.jpg
『古事記垂仁記』に氷羽州比売の命に娶ひて生みませる御子の一柱が大中津日子命である。
●拝殿・本殿
a0016431_14481073.jpg
※創建年代は不詳だが、古く、旧中村三島村大字戸伏字垣内の東北・安威の堤畔にあり、寛永元年(1704)に字中村に遷座、昭和14年(1939)の安威川の改修で現在地に移り、社殿も変わった。
●本殿・狛犬
a0016431_14483970.jpg
※駐車場が神社近辺になく、少し離れたコインPに駐車し、走って神社まで行き撮影しました。安威川側に鎮座しています。
●神社後方、社叢と安威川
a0016431_14495870.jpg

by barakan1 | 2011-11-09 14:59 | 旅日記

高槻市付近探訪2(2011.10.21)④溝咋(みぞくい)神社・・・

溝咋(みぞくい)神社    式内社  大阪府茨木市五十鈴町9-21 
●一の鳥居                   ●参道
a0016431_15545717.jpg
祭神 本殿  
溝咋耳命(ミゾクイミミノミコト) 皇后祖父
玉櫛媛命(タマクシヒメノミコト)  皇后母
相殿
媛蹈鞴五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメノミコト)神武天皇の皇后
天日方奇日方命(アメノヒカタクシヒカタノミコト) 皇后兄
速素盞鳴尊(スサノオノミコト)  五十鈴媛命の祖先
天兒屋根命(アマコヤネノミコト) 藤原氏の祖
●二の鳥居
a0016431_15552479.jpg
摂社
事代主神社   事代主命 (コトシロヌシノミコト) 神武天皇皇后父(えびすさん)
          阿遇突知神 (カクツチノカミ)   火の神
          沖津彦神 (オキツヒコノカミ)    かまどの神
          沖津比賣神 (オキツヒメノカミ)   かまどの神
          弥都波能賣神(ミズバノメノカミ) 水分の神
          波通夜須毘古神(ハニヤスヒコノカミ) 陶磁器の神
          波通夜須毘賣神(ハニヤスヒメノカミ) 陶磁土の神
天照皇大神社  天照皇大神
          猿田彦神
          應神天王
保食神社    保食神(ウケモチノカミ) 食物の神
手力雄神社   手力雄神(タチカラオノカミ) 力の神
木花開耶姫神社 木花開耶姫命神(コノハナサクヤヒメノミコト) 安産子育ての神
          級長戸辺命(シナトベノミコト)     風の神
          市杵嶋姫命(イツキシマヒメノミコト)    農耕治水の神
          菅原道真公(スガワラミチザネコウ)    学問の神
●神門
a0016431_15555898.jpg
由緒
『日本書紀』によれば大和を平定した神武天皇が正妃を立てようと思い貴族の女子を探した。 ある人が奏して「事代主神が、三島溝咋耳神の女ー玉櫛姫と結婚して生まれた子を名付けて、媛蹈鞴五十鈴媛命といい、容色すぐれた女子です。」 と云う。媛蹈鞴五十鈴媛命を召して正妃とされた。と記されている。
●境内・手水舎
a0016431_15572049.jpg
『古事記』では大物主が玉櫛姫を見そめて、媛蹈鞴五十鈴媛命が生まれることになっている。
当社の祭神は『日本書紀』の神々に該当する。ここ三島地方の豪族であった溝咋一族と進出して来た葛城の鴨族との結合があり、その勢力は淀川北岸に根付いていたのであろう。
※かつては祭礼に三島鴨神社まで渡御があったという。
溝咋から水田に水を誘導する溝の側の杭とする説明や、鴨と喰いとで、稲田の中に鴨を放つ農法など諸説がある。摂津国嶋上郡の式内小社。  ー神南備にようこそーより抜粋
●境内拝殿
a0016431_1605749.jpg
◇溝咋神社は雨乞いの霊験も著しく、社伝によれば、当地が阿保親王の領地であった天長6年(829年)の旱魃では、親王より鏡を賜り、祈雨すると忽ち降雨したという。神宝の「暁の御鏡」(二神二獣鏡)がそれである。  フリー百科事典『ウィキペディア』より
●本殿
a0016431_1634641.jpg
◇※延喜式神名帳に、『摂津国嶋下郡  溝咋神社  鍬靫』とある式内社で、かつては「上宮(祭神:ヒメタタライスズヒメ)」と「下宮(祭神:ミゾクイタマクシヒメ)」に別れていたが、明治末の神社統合によって、同42年(1909)上宮が下宮に合祀され、現在に至っている。(溝咋神社上宮跡  茨木市学園町) 
●境内社   手力雄神社                   事代主神社
a0016431_1661278.jpg
※当社の主祭神ヒメタタライスズヒメの生誕について、記紀は次のように伝える(大略)。
◇古事記・神武天皇段
美人で名高い三島溝咋の娘・セヤタタラヒメが厠に入っているとき、ヒメを見染めた三輪のオオモノヌシが丹塗矢(ニヌリヤ)と化して川上より流れきて、下からヒメのホトを突いた。驚いたヒメはその矢をもって床の辺に置いていたら麗しき壮夫となった。二人の間に生まれた御子をホトタタライイススキヒメ、亦の名をヒメタタライスケヨリヒメという。
正妃となる乙女を求めていた神武天皇が、ヒメタタライススケヨリヒメが神の子であると聞いて喜び、ヒメを娶り正妃とした。
●境内社   天照皇大神社                  保食神社
a0016431_1672879.jpg
◇日本書紀・神代紀
大三輪の神の御子は賀茂君・大三輪の君またヒメタタライスズヒメである。
また曰く、コトシロヌシが八尋熊鰐と化して、三島のミゾクイヒメ亦の名・タマクシヒメの処へ通われ、御子・ヒメタタライスズヒメが生まれた。これが神武天皇の后である。
●境内社   木花開耶姫神社
a0016431_16823100.jpg

by barakan1 | 2011-11-05 16:18 | 旅日記