<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

桜井市(茶臼山古墳~東光寺)探訪(2009-10-29)①茶臼山古墳-2

■茶臼山古墳-2
全面朱塗りの石室出土 大王の墓?奈良・桜井茶臼山古墳  (朝日新聞09-10-23記事より)
a0016431_19443184.jpg
大和政権初期の大王の墓の可能性がある奈良県桜井市の大型前方後円墳、桜井茶臼山古墳(3世紀末~4世紀初め、国史跡、全長200メートル)で、全面に朱が塗られた大型の竪穴式石室と木棺が確認された。
a0016431_1945218.jpg
県立橿原考古学研究所(同県橿原市)が22日発表した。古墳時代前期の竪穴式石室、木棺としては最大級。塗料には、貴重品だった顔料「水銀朱」が少なくとも200キロ使われたとみられ、過去最大量の出土例という。
a0016431_19455967.jpg

a0016431_19474182.jpg時期のほとんどの大型前方後円墳は陵墓(皇族の墓)や陵墓参考地で立ち入りが禁じられており、墳丘中心部の調査は極めて珍しい。謎に包まれた大王級の墓の実体を解明する重要な手がかりになる。
a0016431_19535863.jpg
石室と木棺は、橿考研の1949年の調査で出土したが、当時は一部の研究者が確認しただけで公開されていなかった。
a0016431_19543623.jpg
橿考研によると、石室は長さ約6.75メートル、幅1.27メートル、高さ1.71メートル。周囲に数千枚の板石(最大長1メートル、幅80センチ、厚さ12センチ)を垂直に積み上げて内部に空間をつくり、計12枚の天井石(最大長2.75メートル、幅76センチ、厚さ27センチ)でふたをしていた。
a0016431_19551532.jpg
木棺は長さ4.89メートル、厚さ27センチ。丸太をくりぬいた形で遺物やふたはなかった。木棺は石室から搬出し、橿考研で保存処理している。石室内からは、被葬者の権力を推定するのに役立つ銅鏡片なども多数出土しており、整理を進めている。(渡義人)
〈桜井茶臼山古墳〉 柄鏡(えかがみ)形の大型前方後円墳で、被葬者は不明。天皇や皇族の墓とする資料などがないため、この規模の古墳では珍しく陵墓に指定されていない。
a0016431_19594361.jpg
王権のシンボルとみられる碧玉(へきぎょく)製の玉杖(ぎょくじょう)や約20面の銅鏡など多数の副葬品が見つかっている。周辺には、卑弥呼の墓との説がある箸墓(はしはか)古墳(桜井市)や、景行天皇陵とされる渋谷向山古墳(天理市)など、古墳時代前期の大型古墳が集中する。
朝日新聞2009-10-23日、記事より
by barakan1 | 2009-10-30 20:08 | 旅日記

桜井市(茶臼山古墳~東光寺)探訪(2009-10-29)①茶臼山古墳-1

★☆★久しぶりの更新です。
なかなか外に出るのが億劫で、探訪に出れませんでしたが、11月からは再開しようと思っています。
■桜井・茶臼山古墳の一般公開(2009-10-29~31)
今日から3日間茶臼山古墳の一般公開が始まりました。見学会へ行くのは初めてですが、結構人沢山の人が訪れていました。11時頃現地に着きましたが・・・。もうすでに見学を終え帰路に就いている人もいました。
●駅より忍坂街道を茶臼山古墳へ      桜井市外山
a0016431_18383565.jpg

■結界?石室上で柱穴が複数出土  奈良・桜井茶臼山古墳  (朝日新聞記事6/12)
大和政権初期の大王(おおきみ)の墓の可能性がある奈良県桜井市の大型前方後円墳、桜井茶臼山(ちゃうすやま)古墳(3世紀末~4世紀初め、全長200メートル)で、後円部から複数の柱穴跡が見つかった。県立橿原考古学研究所が12日発表した。被葬者を安置した石室の真上部分で、約150本の丸太で囲まれていたとみられる。
●古墳(東・北)展望
a0016431_1843161.jpg
橿考研によると、古墳から木造構造物跡が出土したのは初めて。石室の神聖さを守る「結界」の役割や、死者を弔う祭礼の館の可能性があるという。
●東より
a0016431_18452291.jpg
●西より
a0016431_1846871.jpg
同古墳は1949~50年に発掘調査されたが、竪穴式石室の構築法などの解明を目指し約60年ぶりに今年1~3月に再調査した。後円部中央にあった「方形壇」と呼ばれる祭壇遺構(東西9.2メートル、南北11.7メートル、高さ約1メートル)の周囲98平方メートルを調べた。
●航空写真(2005年)        (1949年)
a0016431_18491935.jpg
方形壇の周囲4カ所から幅約1メートルの溝が見つかり、いずれにも丸太がすき間なく並んだとみられる柱穴(直径30センチ)が計10個あった。柱が埋め込まれた深さは1.3メートルで通常はこの2倍程度が地上に出るとされる。未発掘の部分も含め当時は、地上高2.6メートルの約150本の柱が「丸太垣」として、方形壇を四角に囲っていたらしい。
●前方部より後円分部を見る
a0016431_18513165.jpg
格式が高いとされる前方後円墳など定型化した古墳が出現する古墳時代以前では、弥生時代の墳丘墓上から柱穴が出土した例がある。
a0016431_1852575.jpg
橿考研の寺沢薫・総務企画部長は「神聖な場所である埋葬施設を外部と遮断して結界し、邪気が入ってこないようにしたのだろう」と話す。現場は埋め戻され、現地説明会は予定されていない。(渡義人)
●墳丘と調査区
a0016431_1853278.jpg

a0016431_18551488.jpg
朝日新聞 2009年6月12日記事より、抜粋
■コース地図

by barakan1 | 2009-10-29 19:02 | 旅日記