<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

武庫の浦探訪(07.07.25)③猪名寺廃寺址・猪名野神社・法園寺~藻川・・・

■猪名寺廃寺跡   尼崎市猪名寺1-31 
a0016431_1391580.jpg
法隆寺様式の寺跡で、大きな礎石が堀出されています。
伊丹廃寺跡と共に奈良時代前期の仏教の隆盛さを示すものです。
<説明板より>
伽藍配置は「法隆寺式」で、塔と金堂が東西に並び、これを中門からでる回廊が囲み、講堂がその北側に配されています。塔心礎は円形凹状柱座をくりこみ、柱座とは別に同一石面上に舎利孔をもっています。また各基壇や周囲の階段は凝灰岩でつくられています。
●廃寺址叢林
(この叢林で玉虫が飛んでいるのを見つけました。もう子供の頃(何十年も前)、自宅の近くの神社で見て以来です。まだ、何とか生き延びているのですねぇ~。この先も生き延びて欲しいものです)
a0016431_13113232.jpg
出土した遺物の大半は瓦類で、白鳳時代~室町時代にわたっています。特に白鳳時代の軒瓦は、「川原寺式」と呼ばれているものです。寺域全体については未調査のため詳しいことはわかりませんが、阪神間では最もよく旧状を残している廃寺跡です。伽藍は天正6~7年(1577~)の荒木村重と織田信長の合戦の際に焼失したものと思われます。(尼崎市教育委員会)
●五重塔礎石
a0016431_13103857.jpg
建物の礎石は散逸したと思われるが、塔の心柱礎石が法園寺本堂北側に保存されている。この礎石は、長径2.5m、短径1.9mの花崗岩の巨石で、上面に柱座孔がくり込まれており、高さ29.7mの三重塔が推定できる。
高市連黒人
巻3-0279 
我妹子(わぎもこ)に猪名野(ゐなぬ)は見せつ名次(なすぎ)山角(つぬ)の松原いつか示さむa0016431_13141914.jpg

●法園寺
真言宗御室派、猪名野山と号す。法道上人開基と伝わる。行基が中興。ご本尊は、薬師如来像(秘仏)で、平安後期の鉈彫りの像とのこと。




●猪名野神社
a0016431_13163667.jpg
同じ境内に「猪名野神社元宮」があり、伊丹の猪名野神社は、ここから延喜4年(904)に移されたものである。
元禄16年(1703)に始まった猪名野神社の神輿がここ元宮のお旅所まで巡幸するお渡りの行事は、人手不足を理由に昭和38年を最後に姿を消した。
●藻川堤防より猪名寺廃寺址方向をみる
a0016431_13205156.jpg
●藻川上流を見る (六甲・有馬山方向)
a0016431_1322619.jpg
巻7-1141
武庫川(むこがは)の水脈(みを)を早みか赤駒の足掻(あが)くたぎちに濡れにけるかも 
●藻川 浅瀬の鴫
a0016431_13233394.jpg
巻15-3578 
武庫(むこ)の浦の入江の洲鳥羽ぐくもる君を離れて恋に死ぬべし
●藻川下流を見る(武庫の浦、武庫の湊方向)
a0016431_13223247.jpg
巻11-2708 
しなが鳥猪名山響み行く水の名のみ寄せてし隠(こも)り妻はも
by barakan1 | 2007-07-31 13:40 | 旅日記

武庫の浦探訪(07.07.25)②南清水古墳~大塚山古墳(天狗塚)・・・

a0016431_13325836.jpg●尼崎の昔の地勢
3世紀初頭からはじまる古墳時代に入ると、大和・河内の大規模古墳群をはじめ、各地で古墳がつくられるようになりました。尼崎地域でも、4世紀後半の池田山古墳、5世紀後半の御園(みその)古墳、5世紀末の伊居太(いこた)古墳をはじめ、多くの古墳があったことが確認されていますが、都市化にともなって、現在ではその多くが墳形を失っています。さきの3つをはじめ、かつては多くの古墳が市域北部の塚口周辺から伊丹市域南部にかけて集中しており、塚口古墳群と呼ばれています。

a0016431_1354964.jpg
こういった古墳が集まっていた地域には、椎堂(しどう)、坂部(さかべ)、久々知(くくち)などといった、この地に住んでいた古代の氏族の名前に由来すると考えられる地名も散見されます。
■南清水古墳   尼崎市南清水6
a0016431_136893.jpg
南清水古墳は、古墳時代中期の前方後円墳で、墳形は小さな方形の壇状の突出部が作り出された珍しい帆立貝式古墳です。周辺では伊丹市御願塚古墳が典型的な例として知られています。
a0016431_1363860.jpg
後円部上には現在素盞嗚神社の社殿が建立されています。
■大塚山古墳(天狗塚) 尼崎市南清水8(大塚山公園内)
a0016431_1371458.jpg
大塚山古墳は、全長約45m、後円部径約24mの周囲に濠を巡らした6世紀代の前方後円墳です。昭和初期土取り作業によって破壊されましたが、木棺を埋葬した粘土槨と木炭層をもった竪穴式土壙から五鈴鏡・鉄刀・鉄鏃・馬具・工具・玉類・土器などが出土しました。
a0016431_1384167.jpg
現在約二分の一に縮小して公園内に復元しています。   (尼崎市HP)より
●猪名寺廃寺址への道 (猪名野あたり)
猪名野笹原
小倉百人一首 大貳三位
有馬山 ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする
万葉集 巻7-1140
しなが鳥 猪名野を来れば有馬山 夕霧たちぬ 宿りはなくて
●猪名野交差点     ●猪名寺廃寺への道  ●杜は廃寺址
a0016431_13145238.jpg
      
by barakan1 | 2007-07-29 13:25 | 旅日記

武庫の浦探訪(07.07.25)①コース概要・・・

■武庫の浦探訪・コース概要・・・
寺田町9時半発~JR猪名寺駅~南清水古墳~天狗塚古墳~猪名寺廃寺跡・猪名寺~藻川(上園橋)~春日神社~農業公園~田能遺跡~猪名寺右岸逍遥(自然林歩道)~十九神社~船詰神社旧址~船詰神社~白井神社~阪急園田~寺田町着17時。21000歩。
※万葉の歌に見える武庫の浦を現在の地図に当てはめることは容易なことではない。海岸線の変化が、先ずその趣きを異にしており、難波津から西を見晴るかす海上一体を「武庫の浦」と呼んだその悠然たる命名には、万葉時代の大らかさが感じられる。(ウオーク万葉より)
巻15-3578 
武庫(むこ)の浦の入江の洲鳥羽ぐくもる君を離れて恋に死ぬべし
●猪名川河川敷に咲いていた花
a0016431_19381748.jpg
巻7-1288 
水門(みなと)の葦の末葉(うらは)を誰か手折りし我が背子が袖振る見むと吾(あれ)ぞ手折りし
by barakan1 | 2007-07-28 19:38 | 旅日記

角の松原~西宮神社~名次山」探訪(07.07.19)⑦夙川・香炉園~苦楽園口~名次山・・・終

■香炉園~オアシスロード~アジサイの道~水車広場~健康広場(苦楽園口)~名次山
●夙川沿い風景・香炉園~苦楽園口
a0016431_15472454.jpg
●名次神社&名次山(高級住宅街・甲山)
a0016431_161185.jpg

a0016431_1557206.jpg広田神社の摂社で、今はニテコ池の側にある僅か376坪の境内地の小さな社です。これは明治41年5月に南郷町一帯の高級住宅地の開発にともない移転されたもので、それ以前は現在立ち並ぶお屋敷のど真ん中あたりにあり(西田公園の場所にあったという説もあります)、江戸時代の1686年の記録では境内地2町8反歩(8400坪)の社でした。明治の頃はこの社は鬱そうと廃れたものだったようですが、江戸時代は戎社の管轄で「名次山」としてチヌのウラワを見渡す名勝地であったようです。
a0016431_1559152.jpg




飛鳥時代に名次山に名次神社が存在していたという証拠はありませんが、平安初期には存在していたことがはっきりしています。



●左社叢・名次神社 神社右・甲山  中央下・ニテコ池
a0016431_163312.jpg
当時は越水丘陵の大社小学校の辺りにあったという説と、最初から南郷町の位置であったとの説があります。越水説は、京から舟で来て南宮で上陸し名次神社に参拝し峰伝いに廣田神社に行って歌会に出席したなどの記録から越水の方が妥当であるとの主張です。
●名次山&ニテコ池
a0016431_1635239.jpg
西宮神社の土塀に使う土をここから運び出す時「ネッテコイ、ネッテコイ」と かけ声をあげていたことから「ニテコ池」と名付けられたそうです。 阪神大震災ではニテコ池の護岸が大きく崩れる被害を受けました。 なお、現在のニテコ池では蛍の姿を見ることは出来ません。
また、ニテコ池周辺は戦前から関西の財界人の高級住宅街で、 御屋敷がいくつも立ち並んでいます。
※ニテコ池は「火垂るの墓」の舞台となったところです
●神社西参道(入口)
a0016431_1682639.jpg
●神社東参道(入口)
a0016431_1685158.jpg
高市連黒人
巻3-0279 
我妹子(わぎもこ)に猪名野(ゐなぬ)は見せつ名次(なすぎ)山角(つぬ)の松原いつか示さむ
「我が妻に猪名野は見せた。名次山や角の松原をいつか見せてあげたい」と言う程、松原は風光明媚な美しい場所だったと思われます。
★★★
海未通女(あまおとめ) 漁(いさ)りたく火のおぼほしく都努(つぬ)の松原 思ほゆるかも
●名次神社境内・拝殿
a0016431_16114617.jpg
古来より衣食住に殊の他関係深い水分神を奉祭すると特に雨乞いに霊験あらたかなる社であります。御創立の年代はつまびらかではありませんが、第56代清和天皇貞観元年正月正5位下の神階を授けられ、同年9月8日風雨御祈りのため、勅使を参向せられ、幣帛を奉られています。
●拝殿・本殿
a0016431_16122666.jpg
第60代醍醐天皇の延喜の制大社に列せられ、月次、新嘗及び祈雨の幣帛を奉られています。旧本殿は石造りで中御門天皇正徳5年正月再建、又石鳥居は元禄5年の建立であります。名次山はわが国最古の歌集万葉集巻3に「吾妹子に猪名野は見せつ名次山角の松原いつか示さむ」高市連黒人によって詠まれ、すでに1200年の昔より、名勝地として名高く現名次町は古昔の名次山であり明治末期まで当神社の境内地でありました。かって当神社は名次山中央の景勝地に鎮座されていましたが、明治41年5月その北端の現位置に移転されました。
社頭掲示板
by barakan1 | 2007-07-26 16:26 | 旅日記

角の松原~西宮神社~名次山」探訪(07.07.19)⑥西宮神社・・・

■西宮神社  兵庫県西宮市社家町一番十七号
a0016431_20204725.jpg
御祭神
   第一殿   えびす大神(蛭児尊) 主祭神
    第二殿   天照大神
           大国主大神
    第三殿  須佐之男大神
●神社南門
a0016431_20211312.jpg
歴史
創建時期は不明であるが、平安時代には「えびす社」として当地で既に篤く信仰されていたことが記録に残っている。
●大練壁と南門
a0016431_2022420.jpg
西宮神社は、その成立において「南宮社」と呼ばれていたと言う記録がある。これは市内中部の、廣田神社を本宮と見て、その南に成立する神社と捉えることができる。西宮神社は長らく広田神社の摂社であった。廣田神社との関係から、神祇伯の白川伯王家との関係も深く、たびたびその参詣を受けていた。
●拝殿
a0016431_20244464.jpg
境内末社の式内社大国主西神社は延喜式神明帳では兎原郡となっており西宮神社がある武庫郡とは一致しないが現在のえびす神は大国主であったという説もあり、明治初年には西宮神社を大国主西神社と称していた時期がある。
●拝殿・本殿
a0016431_20224849.jpg

a0016431_2031413.jpg 神人として人形繰りの芸能集団「傀儡師」が境内の北隣に居住しており、全国を巡回し、えびす神の人形繰りを通してその神徳を説いたことにより、えびす信仰が全国に広まった。境内に祀られる百太夫神は傀儡師の神である。中世に商業機構が発展すると、海・漁業の神としてだけでなく、商売の神としても信仰されるようになった。
江戸時代には、徳川家綱の寄進により本殿を再建し、また、全国に頒布していたえびす神の神像札の版権を幕府から得、隆盛した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
境内摂社・末社の内
●南宮社
a0016431_2033109.jpg

●大国主西神社
a0016431_2034235.jpg

●百太夫神社
a0016431_20344747.jpg

by barakan1 | 2007-07-25 20:41 | 旅日記

角の松原~西宮神社~名次山」探訪(07.07.19)④宮水発祥の地~蛭児大神御興座伝説地・・・

■宮水発祥の地  兵庫県西宮市久保町~石在町周辺
a0016431_1144241.jpg
宮水とは西宮市内の特定の地下からくみ上げられている井戸水のことです。 ではいつごろ、どのようにこの宮水は発見されたのでしょうか?
時代は江戸時代末期、西宮郷と魚崎郷で酒造業を営んでいた山邑太左衛門(やまむらたざえもん)は、常に西宮郷の酒が魚崎郷の酒より優れていることに気づきました。そこで、西宮郷、梅の木蔵の井戸水を魚崎郷まで運び、その水で酒を造ったところ西宮の酒と同様すばらしい酒ができあがりました。
a0016431_11443554.jpg
これ以後、山邑太左衛門は西宮郷の梅の木蔵の”梅の木井戸”の水を魚崎に輸送し仕込み水に用いるようになり優秀な酒が造られました。この”梅の木井戸”が宮水発祥の井戸となり、山邑太左衛門が発見者とされています。この梅の木井戸のあった地点には「宮水発祥の地」と刻まれた記念碑が建てられています。
※付近には、日本酒各社の宮水井が集中しています。
■蛭児大神御興座伝説地(第二阪神と札場筋の交差点にある)
a0016431_1146043.jpg
蛭子神は伊邪那岐神・伊邪那美神の最初の子供で、一説によれば「ひるめのかみ」の異名を持つ天照大神と対の神であるともされますが、足腰が立たなかったことから、そういう子は葦の船に乗せて海に流すといいとされていたため、海に流されたといいます。
そして、その流されて流れ着いたのがこの西宮の海岸(蛭児大神御興座伝説地)で、ここの土地の者に拾われて育ち、西宮大神になったとされます。
by barakan1 | 2007-07-24 12:03 | 旅日記

角の松原~西宮神社~名次山」探訪(07.07.19)③喜多向稲荷神社・染殿池・・・ 

■喜多向稲荷神社(きたむきいなりじんじゃ) 西宮市松原町11
●喜多向稲荷神社社叢(松原公園より)、(漢織・呉織伝承の旧蹟)
a0016431_15371030.jpg
御祭神: 織姫大明神
松原天満宮のすぐ南に喜多向稲荷神社があります。子どもたちの遊ぶ声が聞こえる公園の北側にある小さな神社です。
●正面北側より見る
a0016431_153754100.jpg
このあたりは「都努(つぬ)の松原」と呼ばれる白砂青松の海岸で、入り込んだ入江によって天然の良港「務古水門」として栄えた土地です。大和朝廷は、大陸から様々な技術者を積極的に日本に招き、先進の技術を取り入れようと活発に交流を重ねていました。
●参道・稲荷神社本殿
a0016431_15404580.jpg
日本書紀には、漢織(あやはとり)と呉織(くれはとり)という機織の技術者たちについて、「武庫の水門に着き池田の里に至る」と記されており、務古水門が古くから大陸との交流のある港であったことがわかります。
境内に俳人・小沢種春の句碑。
千代もなを 残すみどりの色深く 綾はの松に染殿の池
ここの言い伝えでは、漢織(あやはとり)と呉織(くれはとり)は、応神天皇の勅命を受けて大陸に渡っていた阿知使主(猪名津彦命ともいわれる)に連れられて日本に渡ってきた工女だといわれています。
●染殿池(稲荷神社本殿の裏(南)にあります。
a0016431_15413640.jpg
このとき渡ってきたのは兄媛(えひめ)・弟媛(おとひめ)・呉織(くれはとり)・漢織(あやはとり)とよばれる4名の工女で、一行のうち兄媛は胸形明神(むなかたみょうじん)の要請によって九州・筑紫潟の地に留まります。そのほかの工女たちは、長い航海の末に務古水門に到着しました。そのとき船を繋いだ松を「漢織呉織の松」といい、その木の下の池の清水を汲んで糸を染め、機を織ったためこの池のことを染殿池と呼ぶようになりました。
by barakan1 | 2007-07-23 15:49 | 旅日記

角の松原~西宮神社~名次山」探訪(07.07.19)②角の松原あたり~松原神社・・・

■角の松原あたり
●JR西宮駅南(国道2号線交差点)の南、松原町あたり
a0016431_13503869.jpg
ビル・住宅でギッシリと埋まり、神社の杜も見えません。太古このあたりまで海で、白砂青松であったとはとても想像も出来ません!!
●松原神社(松原天満宮)  西宮市松原町2-26
神社社叢が住宅に埋もれるように、チラッと見えました。
神社正面・鳥居。
a0016431_1355938.jpg
御祭神: 菅原道真公
万葉の昔、このあたりは立派な松の木が立ち並ぶいわゆる「白砂青松」の風光明媚な海岸で、中でもひときわ高くそびえる古松は海上からの目印として重宝されていました。「都努の松原(つぬのまつばら)」と万葉集にも詠まれた美しい海岸は、その名の通り入江がツノ状に内陸に入りこむ天然の良港で、「務古水門(むこのみなと)」と呼ばれて、大陸からの渡来人などを迎える港として栄えました。
●拝殿正面
a0016431_1415079.jpg
高市連黒人
巻3-0279 
我妹子(わぎもこ)に猪名野(ゐなぬ)は見せつ名次(なすぎ)山角(つぬ)の松原いつか示さむ
「我が妻に猪名野は見せた。名次山や角の松原をいつか見せてあげたい」と言う程、松原は風光明媚な美しい場所だったと思われます。角は湊に突き出した砂嘴(さし・試験に出るどうでしょう…)のことで、昔この辺りが大きな入り江になっていたことも分かります。角は「津門(つと)」につながります。
●境内より拝殿を見る
a0016431_1425374.jpg
重要な海上交通の要衝であったこの地は津門首(つとのおびと)と呼ばれる大豪族が治めていた土地で、近くにも古墳があったなど大和朝廷とのつながりも古く、広田神社や西宮神社との縁も深かったようで、神社で祭礼を行ったのち、この松原の地で直会(なおらい)を行っていたそうです。
●拝殿                        ●本殿
a0016431_1434648.jpg

a0016431_1442350.jpg
※菅原道真が大宰府に流される時、立ち寄ったという伝承のある天満宮です。
by barakan1 | 2007-07-22 14:19 | 旅日記

角の松原~西宮神社~名次山」探訪(07.07.19)①コース概要・・・

a0016431_13414577.jpg●夙川堤防上「地蔵尊」?

■久しぶりに、探訪へ。兵庫方面の「角の松原~西宮神社~名次山」コース探訪。
蒸し暑い1日で、少しバテたが、ユックリ、休憩を入れながら歩いたので何とか回れました。
コース概要。
寺田町駅9時半発~JR西宮~松原神社・喜多向稲荷・染殿池~宮水発祥ノ地~蛭子大神伝承地~西宮神社~阪神香露園駅~オアシスロード~阪急夙川~夙川遊歩道~名次山・名次神社~万葉植物公園~夙川駅~寺田町着17時半着(歩数18000歩)
by barakan1 | 2007-07-22 13:44

三室戸寺~万福寺~石田の杜・天穂日命神社探訪(07.06.26)⑦天穂日命(あめのほひのみこと)神社・・・

■天穂日命(あめのほひのみこと)神社  〔京都市伏見区石田森西町〕
石田の杜(いわたのもり)
●神社方向を山科川越しに(西→)   ●東→
a0016431_195348100.jpg

a0016431_19583837.jpg
古代には伏見区石田地区は,「いわた」と呼ばれ,近江と大和を結ぶ街道の惜別の地として有名であった。この地にあった「石田の杜(いわたのもり)」は和歌の名所として知られ,「万葉集」などにその名がみられる。この石田の杜の故地が,現在の天穂日命神社付近とみられる。
●神社入口
a0016431_19592851.jpg
当社は近世には石田神社,田中神社などと呼ばれていたが,明治10年(1877)に現在の社名に改称した。境内地は,東西70メートル,南北60メートルほどの範囲におよぶ。本殿は天明3年(1783)の造営で,市内に数少ない二間社流造の社殿であり,切妻造・桟瓦葺の覆屋に納まっている。
●境内・社屋
a0016431_2011037.jpg
本殿の脇に建つ摂社の春日神社,八幡神社,天満宮は小さな社殿で明治前期以前の建築とみられる。境内には十数基の石灯籠が立つが,多くは18世紀後半のものであり,この時期に境内が整備されたことがわかる。
●本殿覆屋・本殿
a0016431_2025440.jpg
天穂日命神社境内は,和歌の名所として知られた「石田の杜」に比定されている。市街化が著しい地域にあって,本殿以下の建物が樹林の中に建ち,全体として良好な環境を保っている。
◆小学校側より(石田の杜)神社をみる
a0016431_204826.jpg
巻13-3236 
そらみつ 大和の国 青丹よし 奈良山越えて
山背(やましろ)の 綴喜(つつき)の原 ちはやぶる 宇治の渡(わたり)
滝(たぎ)の屋の 阿後尼(あごね)の原を 千年に 欠くることなく
万代に あり通はむと 山科の 石田(いはた)の森の
皇神(すめかみ)に 幣(ぬさ)取り向けて 吾(あれ)は越え行く 逢坂山を

     右一首。
◆境内木立の中の天穂日命神社
a0016431_2055311.jpg
宇合(うまかひ)の卿の歌
巻9-1730 
山科の石田(いはた)の小野の柞原(ははそはら)見つつや君が山道越ゆらむ【通釈】山科の石田の小野の楢林を見ながら、あなたは今頃山道を越えてゆく のだろうか。
巻9-1731 
山科の石田の杜に奉幣(たむけ)せばけだし我妹に直(ただ)に逢はむかも

※石田駅から、反対方向に歩いた為、直ぐ側にある神社へ着くのに、大変な大回りをしてしまった。祖の一番の原因が『杜」というからさぞ立派な森があるんだろうと・・・大きな木を探して歩いたのだが・・。全く景色が変わり、杜はおろか付近は住宅に覆い尽くされて見通しさえ聞かない状態であった。その先入観が道を間違わせた原因だ。それにしても、神社の中はそれなり木々があり静寂さが保たれて入るが、余りにも都会化しすぎてすこし、ガッカリしたというのが偽りの無い所である。昔の雰囲気を保つということがいかに大変かということを心から感じます。
by barakan1 | 2007-07-15 20:17 | 旅日記