<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

天理市~大和郡山市探訪①(06.12.25)②飽波(あくなみ)神社(旧飽波宮跡)・・・

■飽波神社(旧飽波宮跡)  奈良県生駒郡安堵町東安堵1379
a0016431_10513353.jpg
祭神 素盞嗚命
境内末社;住吉社、水分社、神明社、春日社
●拝殿
a0016431_1053055.jpg
「飽波(あくなみ、安久波)神社」は、上宮遺跡、および、広峰神社と共にここを聖徳太子の「飽波宮跡」とも伝えて、767年(神護景雲元年)4月26日稱徳天皇が行幸され、江戸時代以降は、安堵庄総社、東西両安堵の氏神で、本殿は、春日造、檜皮葺、県有形文化財です。
●境内
a0016431_10535564.jpg
なお、境内末社として、住吉、水分、神明、春日社等も鎮座し、県有形民俗文化として、雨乞いの「南無手(ナモデ)踊り」の衣装等、その関係資料115点を保存しています。
●拝殿・本殿
a0016431_10543168.jpg
安堵町の飽波神社(旧飽波宮跡)は聖徳太子が宮に滞在中、夢で東方に五色の雲がたなびき、霊剣が現れるのを見、素戔嗚命(すさのおのみこと)が牛頭天王(ごずてんのう)となって顕現したと思い、飽波宮に祠を作ったのが始まりだと伝えています。現在の飽波神社は1,000年ごろ広峰神社から移転されたものです。
※(安堵町の広峰神社は垣内名を飽波といい、元々の飽波神社の跡で、太子の宮跡の伝説を持っています。)

a0016431_10554846.jpg●伝聖徳太子旧蹟「御幸石」
なお、「飽波神社」の前の道は、聖徳太子が従者の調子丸を連れて、愛馬の黒駒に乗って斑鳩宮から飛鳥の「小墾田宮跡」へ通われた太子道で、境内の南側に太子がお座りになった「御幸(みゆき)石」があり、本殿の裏に、太子ゆかりの影向石(ようごうせき)もあり、社前に寛永十二年(1635年)の石灯籠も建っていますが、また、太子がある時、この辺りを黒駒に跨ってお通りになった時、突然突風が吹き、雨が降り出し、水が満々と道に溢れましたが、何処からともなく何万羽の雀が飛来して、太子の前で舞ったので、太子がその様を見て大層喜ばれ、その後、当神社では今でも、雀を使いとして保護するようになりました。ー奈良観光より抜粋ー
by barakan1 | 2006-12-31 11:00 | 旅日記

天理市~大和郡山市探訪①(06.12.25)①コース概要・・・

a0016431_15294441.jpg●山辺坐神社の観音様


■天理市~大和郡山探訪。
9時自宅発~安堵町・飽波神社~推古神社・額安寺・額田部窯跡~山辺御県坐神社~市坐神社~和邇下神社~売太(めた)神社~豊浦八幡神社~松尾寺・松尾山神社~9号線法起寺横を通って自宅着16時。走行距離90Km。
by barakan1 | 2006-12-30 15:35 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)⑪小田(おだ)神社 ・・・終

■小田(おだ)神社  式内社  伊都郡高野口町小田76
a0016431_13595659.jpg
祭神 物部建彦命
合祀社
厳島神社 市杵島姫命      八幡神社 誉田別尊
三大神社 大日?尊        牛頭神社 素盞嗚命
稲荷神社 倉稲魂命
大将軍神社 日本武尊
●割拝殿                    ●由緒額
a0016431_1405248.jpg
由緒
饒速日命を祖先に持つ物部大連公、後に小田の連公(第9代開化天皇の妃の兄)は大和より当所小田に移り住居し、祖先物之部武彦命を祀られ小田神社を建立した(1400余年前)。
●境内本殿
a0016431_1422577.jpg
醍醐天皇の延長5年(927)に編集された延喜式の神名帳に記載されている式内社として伊都郡内では、天野大社と並んで大社として神領も多く朝廷の尊敬も深かったと言う。 しかしその後の数々の兵乱に合って社地衰廃し、祠は焼失してしまった。徳川時代に紀州の殿様徳川頼宣がこのことに非常に嘆かれて「小田神社」の字を石に刻み、2度と焼失することのない石の神殿をお建てになった。 森の広さも一辺4町の四方形であったが、今は周り2町余である。
ー神南備にようこそー
●本殿                  ●境内社
a0016431_1434917.jpg
※境内社
稲荷神社 倉稲魂命・國保食神社 國保食命・香津知神社 香津知命・猿田神社 猿田彦命
★※式内社で昔は大きな社域をもつ神社だったらしいが、現在は高野口の旧市内に埋もれるように鎮座しています。
by barakan1 | 2006-12-29 14:13 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)⑩蟻通(ありとおし)神社・・・ 

■蟻通神社   伊都郡かつらぎ町東渋田790
a0016431_155417.jpg
祭神 思兼命
由緒
開化天皇の時代に勧請され、崇神天皇の時代に意富多々泥古神を神主として拝祭したと伝わる。 かっての祭神は意富多々泥古神であった。
また、別の伝承では、天野の丹生都比売神社の第三殿の神を蟻通神とし、この神を祭ると云う。気比明神(大食都比売大神)である。
a0016431_1571598.jpg
天武天皇 白鳳二年、唐の高宗が日本国の知恵を試さんと七曲りの玉を献じ、これに糸を通せと難題を掛けてきた。そこへ一人の翁が現われ、山蟻の腰に糸を結んでこれを玉の入口に入れ、出口には蜂蜜を塗った。蟻は密の香りを慕って七曲りの玉を通り抜け、見事糸を通すことができた。翁に名を問うと
七曲りにまがれる玉の緒を貫きて蟻通しとは誰が知らずや
と一首歌を詠んで消え去ったと伝わっている。依って神人ならんと、この年、神号を蟻通と賜わり志富田(渋田)荘の氏神として崇め祀る。
●鳥居                  ●本殿(左右脇殿)
a0016431_158378.jpg
天正九年、織田信長の高野攻めの際兵火にかかり、本殿、脇宮二殿、御神輿庫、御供所を消失、神社の由緒来歴を始め宝物等多く滅失せり、現在でも土面を掘れば焼跡が現われる。文禄二年、元の場所に御本殿を建て遷座する。ーかつらぎ町の観光ー
●蟻通神社 狛犬の由来 (境内看板より)
古来より、神社本殿前に一基だけ鎮座する「狛犬」は、巨大な自然石で造られ、古く由緒ある歴史を秘め、神社の守護として存在する。
●古来よりの狛犬                           ●新狛犬
a0016431_1512064.jpg
「続、紀伊風土記」によると(渋田の荘 蟻通神社の狛犬は牡狛犬一基であって、雌狛犬は、四邑川の三重の滝壺にあり)と記述されている。現在では滝壺を探る由もなく、平成八年度式年正遷宮に当たり、新しく玉獅子を迎え一対とした。古くから伝わる神社の由緒に因んで小児「狛犬」をくぐらば知恵ある子供となり、また、疫病に罹らず成長すると言われ人々から深い信仰を集めている。  平成八年十月十二日   蟻通神社
●恵比須社                   ●平和宮
a0016431_1513534.jpg
★※蟻通神社は泉南や田辺、吉野丹生川上にもあるらしい。ご本家さんはどこなのだろう?
紀伊風土記のも載っているという、古来よりの狛犬は確かに、あまり見かけない形であるし何と言ってもその古めかしい姿に何かありがたみを感じる。
by barakan1 | 2006-12-28 15:27 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)⑨下天野 八幡神社~星川 八王寺社・・・

■下天野 八幡神社
a0016431_14593653.jpg
県道4号線沿い、天野小学校前に鎮座しています。
天野の産土神だそうです。丹生都比売神社は大社にて一荘の氏神にする訳にはいかなかったと,『紀伊続風土記』にあります。昭和六十二年修理彩色しています
●県道4号線(高野口野上線)星山より御所の町を望む
a0016431_1503814.jpg

■星川 八王寺社
a0016431_1505522.jpg
県道480線沿いに、山にへばり付くように鎮座しています。
by barakan1 | 2006-12-28 15:03 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)⑧丹生都比売(にうつひめ)神社・・・

■丹生都比売(にうつひめ)神社   式内社 伊都郡かつらぎ町上天野30
●神社正面鳥居
a0016431_1002790.jpg
祭神
丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)(丹生明神)    
丹生高野御子大神(たかのみこのおおかみ)(高野明神)
大食都比売大神(おおげつひめのおおかみ)(気比明神)
市杵島比売大神(いちきしまひめのおおかみ)(厳島明神)
若 宮 行勝上人(ぎょうしょうしょうにん)
●境内太鼓橋(住吉大社の太鼓橋とよく似ています)
a0016431_1021537.jpg

a0016431_1025287.jpg
御由緒
神社が創建されたのは古く、少なくとも今から1700年前のことと伝えられる。日本最古の祝詞のひとつである「丹生大明神告門」によれば、丹生都比売大神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)の妹神で、紀ノ川流域の(かつらぎ町)三谷に降臨、紀州・大和を巡られ農耕を伝えられ、この天野の地に鎮座された。
また、播磨の国風土記によれば、神功皇后の朝鮮出兵の折、丹生都比売大神の託宣により、衣服・武具・船をすべて朱色に塗ったところ戦勝することが出来たため、これに感謝し応神天皇が社殿と広大な神領を寄進されたとある。
●神社楼門(遠景) 太鼓橋よりみる
a0016431_1051629.jpg
丹は朱砂を意味し、その鉱脈のあるところに「丹生」の名前がある。朱砂を精錬すると水銀となる。丹生都比売大神は、この地に本拠を置く日本全国の朱砂を採掘する古代の一族の祀る女神とされる。
●楼門(近景)
a0016431_1065889.jpg
全国に丹生神社は88社、丹生都比売を祀る神社は108社、摂末社を入れると180社余を数え、その総本社である。ー丹生都比売神社の公式ホームページーより
★★契 沖
高野山仰ぐを更に仰ぐかなにふつ姫神ふもとながらに
●本殿
※迎春準備のためが、シートが掛けてありよく見えませんでした。
a0016431_1073665.jpg
【丹生とは水銀を含む赤土を言う。その発掘に関わった氏神とも言われる。
また水分(みくまり)の神とも言われている。水を与え、水の配分を司った。
空海に高野山を譲った神としての伝承で有名。空海の資金源は水銀であった】
★※今回の目玉です。県道109号線(志賀三谷線)で三谷より山越えをするとさすがに、田舎らしい風景となります。それに山の中ですが、鎮座地あたりは平坦地となっており、人が住むにも適しているように思えました。本殿はさすがに神さびてはいますが、豊かな色彩は今も残り、一層の荘厳さを現していました。かなりの山奥ですから悠久の歴史を昔のままの姿で残す事が出来たのだ!と感じます。(もう一度、今度は歩きで回ってみたいと思いました)
by barakan1 | 2006-12-27 10:30 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)⑦狩場明神矢根研石・・・ 

■史跡 狩場明神矢根研石  かつらぎ町教良寺
●三谷~丹生都比売神社への道より、かつらぎ町(紀ノ川)を見る
a0016431_17253740.jpg
弘仁七年僧空海唐似ての修行をおえ、日本に帰国し真言密教の根本道場を開く地を求めてたまたま、大和宇智郡犬飼山あたりに来たりて、一狩人に逢いその連れし黒白二匹の犬に導かれて高野山に達し、ここにて真言宗の一大霊場を開くこととなるのであるが、この狩人こそ、狩場明神の化身であったといわれています。狩場明神は現在のかつらぎ町大字宮本あたりを根拠とさり司法に遊猟し常にこの処にて矢の根を研ぎたりといわれ、その跡がこの石であり、紀伊続風土記高野山の部に「八幡の森又は御社の森は教良寺村の南に在り内に狩場明神根研石を言うあり、方1尺ばかりにて矢の根を研ぎたるようの跡あり」と記されておる。
a0016431_17151847.jpg
大社の主祭神丹生都比売大神の御子であるとされており、従ってこの地は天野高野を結ぶ由緒ある史跡である。昭和五十七年九月県道新設のため現在地より西北五メートルの所より掘り出し昭和五十九年1月現在地に移す。
昔よりの言い伝えによれば、婦人この石に触れ安産の霊験ありという。ー石碑よりー
※酒殿神社~丹生都比売神社ハイキングマップ
a0016431_17163949.gif

by barakan1 | 2006-12-26 17:20 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)⑥丹生酒殿(にうさかどの)神社・鎌八幡宮・・・

■丹生酒殿(にうさかどの)神社  伊都郡かつらぎ町三谷631
●神社遠景と神社後方榊山(左端)
a0016431_21442451.jpg
祭神
丹生都比賣命、高野御子命、誉田別命、健御名方命
a0016431_21453779.jpg
由緒 
社記によれば、大和国丹生川上に天降った丹生都比売尊及び一族は崇神天皇の時代、その第一御子高野明神はじめ十二王子、百二十の眷属を従えて三谷の榊山と地に天降ったとある。 古文書には榊を手にして石口の御榊山の御瀧の地であったと記されている。
●境内と拝殿
a0016431_2148778.jpg
丹生都比売大神(左坐)は、天照大御神の御妹であらせられ稚日女命とも申し上げ、御子高野御子と共に御巡歴遊ばし、民人の為に農耕、糸つむぎ、機織り、煮炊きのことなどを教え、特に木の川(紀ノ川)の水を以て酒を醸し奉りてより丹生酒殿と称えられる。
●本殿
a0016431_21494978.jpg

a0016431_21501839.jpg●大イチョウ
高野御子神(中坐)は丹生都比売大神の御子神で、高野山の名前もこの神の御名より出たと伝わり、別名狩場明神とも称えられます。
誉田別命(右坐)は鎌八幡とも称し、讃岐から弘法大師の産土神として高野山に勧請したものを明治の神仏分離などで当神社へ合祀したものである。
ー神南備にようこそー


■鎌八幡宮
鎌八幡宮のご神体は丹生酒殿神社にあり、御社(おやしろ)は無く、「イチイガシ」の大木自体がご神体であることが知られています。「鎌」という名前がつけられていることからも分かるように、イチイの木には鎌が打ち付けられていてます。
a0016431_21534171.jpg
丹生酒殿神社に合祀される以前、兄井地区にあった時期にも「鎌八幡宮」としてイチイの木には沢山の鎌が打ち付けられていて、こうしたことから鎌八幡と呼ばれるようになったことが『紀伊名所図会』(弘化2年[1845])に記されています。
by barakan1 | 2006-12-25 21:57 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)⑤丹生官省符(にうかんしょうぶ)神社 ・・・

■丹生官省符(にうかんしょうぶ)神社  伊都郡高野町慈尊院835 
●神社参道石段
a0016431_1157125.jpg
慈尊院の中に丹生官省符神社がある。
高野山参詣の表街道、高野山180町石道の登山口。
a0016431_11574190.jpg
祭神
丹生都比売大神(丹生明神)
丹生高野御子大神(高野明神)
狩場明神
●鳥居と拝殿
a0016431_1158847.jpg
由緒
弘法大師により創建。丹生高野御子大神(高野明神)が猟師に姿を変え、空海を高野山に導いたとされる。空海が高野山金剛峯寺を開山、その政所として慈尊院を開いた。この時、導きの神として高野山への参道の中央に丹生・高野明神社として狩場明神を祀った。官省符とは荘園で不入(国の干渉を受けない)、不輸租(taxfree)の特権がある。
●拝殿
a0016431_11584527.jpg
●本殿
a0016431_11593586.jpg

a0016431_1212813.jpg丹生都比売神社に伝わる丹生大明神告門によれば、紀伊国伊都郡庵太村の石口に天降りまして、大御名を申さば恐ろし、申さねば恐ろし、イザナギ・イザナミのミコトの御児・天の御陰・日の御陰・ニウズヒメの大御神と大御名を顕わし給いて。 川上の水方の峯に上りまして国かかし給い、下りまして・・・ とある。この庵太村は慈尊院の所在地の旧名の庵太村であろう。
また川上の水方の峯は水分の峯で、播磨風土記の藤代の峯を指している。
ー神南備にようこそーより
by barakan1 | 2006-12-24 12:05 | 旅日記

橋本市~かつらぎ町探訪①(06.12.20)④慈尊院・・・

■万年山 慈尊院(世界遺産)  和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832
a0016431_14332187.jpg
816年(弘仁7年)、弘法大師(空海)が高野山開創に際し、高野山参詣の要所に当たるこの地に、表玄関として伽藍を草創し、一山の庶務を司る政所を置き、高野山への宿所並びに冬期避寒修行の場所とされてきました。
●弥勒堂            多宝塔               大師堂
a0016431_14334185.jpg
女人高野:834年(承和元年)に大師の御母公が、高野山上へ大師を尋ねようとされたが、大師は、自ら七里四方を女人禁制としておられたので、山麓の当院へ迎えられた。大師は、月に九度は必ず高野山上より二〇数キロの山道を下って、母公を尋ねられたので地名を九度山と称す。ご母公がご本尊弥勒菩薩を尊崇せられた功徳により、入寂の砌、ご本尊様に化身さられたと言う信仰となり女人の高野参りは、当院までということも相俟って、子宝安産、育児、授乳等を願い、乳房型絵馬を奉納して、祈願した。
※なお、弥勒堂のご開帳は、弘法大師が高野山開創1200年となる2015年(平成27年)に見学ができます。
●多宝塔(県指定文化財)、鬼子母神堂、大師堂、
a0016431_14343484.jpg
昔の慈尊院は、今の寺の北側にあり、方6丁(約650m四方)の広さがあったと伝えられていますが、1540年(天文9年)、紀の川の大洪水により流失しました。しかし、弥勒堂だけは、1474年(文明6年)現在の場所に移してあり流失をまぬがれました。
●弥勒堂(重要文化財)の前には布製の乳型が奉納されている
a0016431_14391828.jpg
●結縁寺
a0016431_14413539.jpg

高野山詣りは、高野山の玄関である慈尊院弥勒菩薩とご縁を結び罪障を流してから山上へ登って頂くのが高野山への本参りである。大師が弥勒菩薩を非常に信仰された。大師の言葉に「我に十度礼せんよりは、我が母に九度礼をとげよ」と。
a0016431_14455158.jpg

★※高野山詣での180町石道(山上の根本大塔から当院まで、一町(108m)ごとに卒都婆をたてられ、真言宗のお教をあらわす仏さまの姿を塔婆を持って象徴され、高野山の本街道の道標とされた)の出発点であり、到着点である。官省符神社参道の中ほどに、初めの(終りの)町石、180町石が建っています。
by barakan1 | 2006-12-23 14:49 | 旅日記