<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪③(06.08.22)⑥茅原・熊野神社~吉祥草寺 ~笠堂・・・

■馬橋の地蔵尊(吉祥草寺への石標) 
土佐街道に面し、石碑の左側の道を東に行くと吉祥草寺です
a0016431_1210517.jpg

■熊野神社  奈良県御所市茅原287
●鳥居・拝殿             ●本殿
a0016431_12114446.jpg
祭神
伊邪那美命、速玉男命、大事忍男神
由緒
役行者生誕(634年)の地とされている吉祥草寺の鎮守として勧請された熊野権現である。
壺坂寺参詣の道ー土佐街道とも言うーに面して鎮座

■茅原山・吉祥草寺    奈良県御所市茅原
宗派本山修験宗
御本尊五大力尊
開基役行者:神変大菩薩
創建舒明天皇御代
a0016431_1218468.jpg
吉祥草寺は修験道の開祖、役行者が飛鳥時代の634年(舒明天皇6年)に生誕した寺として知られる。寺伝によれば、本山は舒明天皇の発願により創建され、その後、南北朝時代の1349年(貞和5年)高師直の兵火にかかり焼失した。
本堂とそれとつながる祖師堂(行者堂)は応永年間(1394~1428年)に再建されている。この本堂は老朽化が進み、現在建て替え中で、覆いが被さりその姿を見ることが出来ない。
●本堂(工事中)             ●祖師堂(行者堂)
a0016431_12223527.jpg

a0016431_1223389.jpg●観音堂
吉祥草寺最大の祭りは「大とんど(左義長)法要」で、1978年(昭和53年)国の無形民族文化財に指定されている。この祭りは、役行者が冤罪により伊豆に流され、701年(大宝元年)に無事帰還した折、茅原の里人がこれを喜び、大きな松明を焚いて祝ったのが始まりとされ、古い行事を今に伝えている。

□役小角 
634年に大和国葛木上郡茅原(現在の奈良県御所市茅原)に生まれる。生誕の地とされる所には、吉祥草寺が建立されている。17才の時に元興寺で学ぶ。このとき、孔雀明王の呪法を学んだと言われる。その後、葛城山(金剛山)で山岳修行を行い、熊野や大峰の山々で修行を重ね、金峯山(吉野)で金剛蔵王大権現を受け取り、修験道の基礎を築いた。
●行者・産湯の井戸            ●行者・腰掛石
a0016431_12312228.jpg

a0016431_12323729.jpg●神木・経塚
【伝説】葛城山と金峰山の間に石橋を架けようと思い立ち、諸国の神々を動員してこれを実現しようとしたり、二十代の頃、藤原鎌足の病気を治癒したという、また讒言により、捕らえられ伊豆島に流された時は、昼だけ伊豆におり、夜には空を飛び富士山に行って修行した等々の伝説があるなど、呪術に優れ、神仏調和を唱えた。

699年に謀反の疑いをかけられ、伊豆大島へ流刑となり、701年に疑いが晴れて茅原に帰る。
706年6月7日に68歳で箕面の天井ヶ岳にて入寂したと言われる。

後の平安時代に山岳信仰の隆盛と共に、「役行者」と呼ばれるようになった。寛政11年(1799年)には、光格天皇より「神変大菩薩」の諡を賜わった。
●吉祥草寺山門の仁王像
a0016431_12405698.jpg
天河神社や大峯山龍泉寺など殆どの修験道の霊場は、役行者を開祖としていたり、修行の地としていたりするなど、必ずと言っていいほど、結び付けられている。(Wikipedia)より
■茅原・笠堂
昔、大暴風雨で田植えが出来なかった時、役行者がここを通り自ら田の中に入って田植えをした。すると不思議にも雨風はやんだ、その時行者の笠をぬいだ所に地蔵尊を安置したのが今の笠堂だという。
●笠堂(奥に吉祥草寺山門が見える)
a0016431_12451640.jpg

また戦国時代に笠堂の修復があった。その出来あがりの日に世話人が供物を村衆に分った。その時一人の見慣れぬ巡礼者が交じっていた。それはあとで明智光秀の娘であったと分かった。
by barakan1 | 2006-08-30 12:48 | 旅日記

葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪③(06.08.22)⑤孝安天皇陵・・・

■第6代 孝安天皇陵 奈良県御所市大字玉手
a0016431_14515564.jpg
<第6代> 孝安天皇 (※欠史八代の一人)
異称: 大倭帯日子国押人命(古事記)
    日本足彦国押人尊(日本書紀)
    【(おお)やまとたらしひこくにおしひとのみこと】
生没年: ~(?)  123歳(古事記)/137歳(日本書紀)
在位期間  孝昭天皇83年~孝安天皇?年
父 : 孝昭天皇 第二子
母 : 余曽多本毘売命【よそたほびめのみこと:古事記】
    世襲足姫【よそたらしひめ:日本書紀】
皇后: 忍鹿比売(姪:おしかひめ)【古事記】
     押媛(兄、天足彦国押人命の娘:おしひめ)【日本書紀】
皇子皇女:大日本根子彦太尊/大倭根子日子賦斗邇命
       【おおやまとねこひこふとにのみこと】
宮 : 秋津島宮(あきつしまみや)【奈良県御所市室?】
陵墓: 玉手丘上陵(たまでのおかのうえのみささぎ:
     奈良県御所市大字玉手)
陵形: 円 丘
a0016431_1452205.jpg

a0016431_14535144.jpg※第2代綏靖~第9代開化天皇の各記には、史実が殆ど記されていない。記事で確認出来るのは宮・后妃・皇子・享年・御陵だけである。その為、これら八代間の記事を全て後の時代の創作と捉え、「歴史が欠けている八代」ということで、特別に「欠史八代」と呼ぶ。
●孝安天皇陵より、西~東を見る
a0016431_14573122.jpg
●東(日本武尊白鳥陵)         ●西(宮山古墳・秋津島宮跡)
a0016431_1514717.jpg
古事記
【大倭帶日子國押人命(おおやまとたらしひこくにおしひとのみこと)】孝安天皇
大倭帶日子國押人の命、葛城の室の秋津嶋の宮に坐しまして天の下治しめしき。此の天皇、姪(めい)忍鹿比賣(おしかひめ)の命を娶りて生みし御子は大吉備諸進(おおきびもろすすみ)の命。次に大倭根子日子(おおやまとねこひこ)賦斗邇(ふとに)の命【二柱。 賦より下の三字は音を以ちてす】。故、大倭根子日子賦斗邇の命は天の下治しめしき。天皇の御年は壹佰貳拾參歳(ももとせあまりはたそとせあまりみとせ)。御陵は玉手の岡の上に在り。
※欠史八代の考安天皇は歴史的には実在しないらしいのですが・・・。そこは昔々のこととて、伝説・伝承、お伽噺として、ロマンとして受け取って古い歴史のこの辺りを想い、楽しむのに越したことはありません。
by barakan1 | 2006-08-29 15:19 | 旅日記

葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪③(06.08.22)④満願寺~孝安天皇神社?・・・

■玉手丘陵の寺と神社
●満願寺 浄土宗
a0016431_16303157.jpg
玉手山西側の中腹(孝安天皇の御陵のした)にあり、行基菩薩(ぎょうき)の開基によるお寺です。
●山門・本堂
a0016431_1631743.jpg
考安天皇陵が分らず、鳥居のある道から山頂を目指しました。結果からいうと、本堂脇の道を上に登ると直ぐに、御陵がみえます。裏道を行ったようです。
●扁額もなにもない神社(拝殿・本殿)・・・[孝安天皇神社]?
a0016431_1632062.jpg
名前は分かりませんが、立派な作りの神社です。後から御陵を守るために作られた、神社なのか?由緒等分りませんので???です。しかし山の中にしては立派な神社です。
(後日、考安天皇を調べていたら、次のような記事を見つけました)
玉手丘上陵[孝安天皇神社]
祭神:大倭帯日子国押人尊(おおやまとたらしひこくにおしひと)
   菅原道真渡会春彦
本殿: 流れ造六尺五寸×七尺
拝殿: 四間半×二間入母屋造棧瓦葺き
境内社:稲荷神社、白鳥神社、金刀比羅神社、内宮・外宮
どうも、神社名は孝安天皇神社と言うらしいです。

●金毘羅神社(この山の中に・・、由緒ガ分りません)
a0016431_16333358.jpg

a0016431_16335338.jpg
扁額は金毘羅神社となっていました。この山中に金毘羅??。この神社についても由緒ガ分らず??です。
●御陵途中にある、祠。ここも何を祀っているか??です。
a0016431_16345360.jpg
薄暗い参道沿いに、ヒッソリとあります。周りは落ち葉などもなく綺麗に清掃されていました。
by barakan1 | 2006-08-27 16:46 | 旅日記

葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪③(06.08.22)③野口神社・・・

□◆□古墳見学の後、忍海歴史博物館を訪ねると、休館日(事前に調べたにも関わず!!)。今日一番の楽しみだったのに!!ショックのあまり、もうこのまま帰ろうかな!とも思ったが・・・。折角来たことだし。この近くでまだ訪ねていない所を思い出し御所市を回ることとした。

■野口神社 御所市蛇穴540
祭  神:神倭伊波例毘古命 彦八井命(日子神八井耳命)
                           ●神社より葛城山を見る
a0016431_1313451.jpg説  明:境内にある看板を転記します。
由  緒:本神社の御祭神は古く神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれひこのみこと)及び彦八井命(ひこやいのみこと)の二神を御祭りされ、それは作物の収穫を掌る水の神(竜神)という御神名で葛城川岸辺に鎮めまつったことから始まる本社は、五穀豊穣を祈願される他、邪気をはらい、諸々の病を除く御守護を賜ることから多くの人々の信仰をあつめている。
●神社遠景(西→)
a0016431_1362014.jpg
●蛇塚と蛇綱
a0016431_1395719.jpg汁掛祭五月五日に汁掛祭・蛇綱引きが行われる。祭典当日三斗三升三合の味噌でワカメ汁を作り参詣者に汁をかけ厄除を作法とする。他方五月四日の午前から藁で蛇の頭を組み五日に早朝から蛇の胴を作りあげる。体長約十四メートルにも成る。汁掛作法が終わると御神体を先頭に善男善女が村中の一軒一軒蛇綱をひき廻り家々の邪気払い、病除を祈願していく。こうして巡行が終わると神社の蛇塚に蛇綱をトグロに巻き納め行事が終了し、御神体を次番の頭屋に送られ祭がおわる。
●神社鳥居・拝殿
a0016431_1372387.jpg
神社社記によると、彦八井命の後胤、茨田の長者が河内の国よりこの地に住んでいた。そこに一人の娘がいた。その頃、茅原郷から葛城山に修行に日参する役の行者小角(おづぬ)という人が居たが、修行の往復に村の筋街道を通るのが常であった。いつしかその娘の恋の的になったが、行者は修行一途で応じることが無く、娘は女の一念から悪息をはきながら行者を呑み込もうと村の森の中にある「穴」にかくれた。五月五日の田植時で村人が野良へ弁当をもって通りかかると、蛇が火を吹いていた。驚いて持っていた味噌汁を大蛇にぶっかけて逃げ帰った。村人がきて見ると、大蛇が井戸の中に入ったので巨石で口をふさいだ。その後娘の供養にと汁掛祭と蛇綱ひきが行われている。」
ー以上看板よりー
●神社本殿
a0016431_13171293.jpg
 説明:作物の収穫を司る水の神(龍神)である。 御神体は木彫りの竜。蛇穴(さらき)に鎮座、新来=サラキ(今来)の意とされる。 当地は茨田と称し、茨田連は日子神八井耳命を祖とするので、上記祭神となっているのであろう。 茨田連は河内から移住したと伝わる。河内の茨田連は茨田堤を築いたのであるが、葛城川の堤をも造ったのであろう。秦氏の一族である。ー神南備にようこそー
※小さな神社ですが、大変古い歴史と由緒を持つ神社でした。蛇塚に、祭りで使われた、藁で作った大蛇がドグロを巻き、収められていました。古い伝承を何百年も伝えてゆくのは大変な努力、意志の強さがいると思います。これからも、絶えることなく、この由緒ある祭りが続く事を願いたい・・・。
by barakan1 | 2006-08-26 13:30 | 旅日記

葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪③(06.08.22)②神明神社古墳・神明神社~皿池古墳・・・ 

●山麓線(30号線)首子塚古墳辺りから二上山を見る
a0016431_128388.jpg
二上山を詠める万葉歌
巻7-1098 
紀道(きぢ)にこそ妹山ありといへ玉くしげ二上山も妹こそありけれ
巻11-2668
二上に隠らふ月の惜しけども妹が手本を離るるこのころ

■神明神社(しんめいじんじゃ)古墳  北葛城郡新庄町寺口字和田
奈良県社会教育センターのある寺口丘陵には、「大池」「中戸新池」があり、その東の「いにしえの丘」に「神明神社古墳」があります。
a0016431_12203212.jpg
古墳時代終末期の円墳で、直径20m、高さ3.2m。石室は墳丘の中心部に花崗岩の巨石を組み合わせた南向きの横穴式石室で、石材の表面は平らに仕上げられ、玄室(げんしつ)と羨道(せんどう)の明確な区別がなく全長6.14m、高さ1.5m、入口幅1.85m。
a0016431_12232443.jpg
また、奥から3mと更に1.5mの側石に幅8cmの溝が縦に彫られ、そこに木製の中扉と前扉が填め込まれていたと思われ、出土品の鉄製環金具、銀製金具、水晶切子玉、鉄釘などから7世紀後半の築造と推定。
■神明神社
a0016431_12242148.jpg

a0016431_12253857.jpg
神明神社古墳の斜め後ろに小さな鳥居と狛犬が座り、共に周囲を板壁で囲まれた石の台座の中に小さな社が鎮座しています。 
a0016431_1226121.jpg

■万葉の丘・皿池(さらいけ)古墳
神明神社古墳の更に東隣に万葉の丘があり、そこにも皿池古墳がある。これらの古墳は、寺口丘陵の南斜面に小さく突出した3本の尾根を利用して、中央の尾根に墳丘と前庭部(ぜんていぶ)を、東と西の尾根を半円状に整形し、
a0016431_12272978.jpg
東西で約120m、南北で約80mの墓域を設けて、墓域の中央北寄りに「神明神社古墳」があり、東の突き出た部分に「皿池古墳」が位置します。
a0016431_1228110.jpg
それにしても葛城市新庄寺口周辺には、古墳が非常に多く、10基以上もあります。
ー奈良観光より抜粋ー
by barakan1 | 2006-08-25 12:34 | 旅日記

葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪③(06.08.22)①コース概要~加守廃寺跡・・・

●風の森神社よこに咲く花
a0016431_12574528.jpg■葛城市(当麻~尺土~新庄)~御所市探訪コース概要
9時半自宅出発~葛城加守神社(廃寺跡)~皿池古墳~神明神社古墳~蛇穴・野口神社~吉祥草寺~考安天皇陵~神武天皇社~天津岩戸別神社~寺戸・八幡神社~かぜの木淡島神社~風の森神社~30号線を通って帰宅18時半着。走行100キロ
今日の探訪では初めて、激しい雷雨に遭う。カメラのレンズは曇るは!で、往生しました!!

■加守廃寺跡
●加守神社への上り口と二上山
a0016431_1312285.jpg
二上山を詠める万葉歌
大津皇子の屍(みかばね)を葛城(かづらき)の二上山(ふたがみやま)に移し葬(はふ)りまつれる時、大来(おおく)皇女の哀傷(かなし)みてよみませる御歌二首
巻2-0165
うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見む
巻2-0166:
磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君が在りと言はなくに

a0016431_1323875.jpg神(かん)さびた加守神社の右手の小道を登ると、池の脇に平地があり四天王堂が建っている。そこに「県指定史跡 加守廃寺」の案内板があった。
(加守廃寺(かもりはいじ)は、専門家が「大津の鎮魂の寺だろう」と認める遺跡だそうです)
※四天王堂の横にゲートボール場があり、10数人のお年寄りが、暑いさなかゲートボールを楽しんでおられました
●四天王堂(この後方が廃寺跡になりますが、今は更地で何もありません)
a0016431_1332840.jpg
ここで横長の六角堂の跡が発掘された。多角堂は供養のために建てられることが多い。8世紀初めの遺構で、薬師寺縁起が「大津皇子のために建てた」とする掃守寺(かにもりでら)のあった場所と見て間違いあるまい。
●加守廃寺跡(山を背にして、建物の際になります)
a0016431_1364361.jpg
背後に雄岳山頂を望むロケーションといい、鎮魂の寺にふさわしい。当麻(たいま)山口神社の赤の鳥居が庶民の拝所だとしたら、こちらは朝廷の勅願寺(ちょくがんじ)といったところだろうか。ー朝日コム・マイタウン奈良ーより抜粋
※池のほとりに、ヒズメ石と呼ばれる石があるらしい。皇子を乗せて二上山頂から飛び降りた馬の蹄(ひづめ)で二つに割れた石だという。江戸時代の絵図に「神馬蹄石(しんめひづめいし)」と載っている。(この情報は知らなかったので、探しもせず廃寺跡を後にしました)
また、この近くからは古い人骨が見つかり、大津の皇子の骨ではないか?との伝承もあると!何処かで読んだ気もします・・・。いずれにせよ、歴史の夢の跡なのです。(この西方からは、国宝の金銅製の骨蔵器も見つかっています。
by barakan1 | 2006-08-24 13:21

葛城市(當麻~尺土~新庄)探訪②(06.08.07)⑰脇田神社~南藤井の??神社・・・

■脇田神社(わきたじんじゃ、天満宮)  北葛城郡 新庄町 脇田220
a0016431_12251917.jpg
古代にあったと思われる「地光寺」の東遺跡に現在鎮座しているのが「脇田神社」で、寺院遺構として、境内の鳥居の側に※地光寺東塔の心礎と思われる礎石があり、その中央に円形柱座があります。
●地光寺東塔礎石
a0016431_12264449.jpg
なお、現在の「脇田神社」の社殿は、春日造檜皮葺(かすがづくりひわだぶき)、木造朱塗で、覆屋があり、三方に白壁塗築地塀を巡らしています。また、拝殿は切妻造(きりづまつくり)で、その前に狛犬一対が座し、他に燈籠3基があります。
●鳥居・拝殿
a0016431_12282477.jpg
また、祭神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、天児屋根命、市杵島姫命(いちきしまひめノみこと)、そして、菅原道真も祀っているので、当社は「天満宮」と云われています。ー奈良観光より抜粋ー
※地光寺はかつて忍海郡だったこの地域で、唯一の古代寺院であり、渡来系氏族の忍海氏が建立したと推定されている。

■南藤井(254号線沿い)??神社
a0016431_12321223.jpg
立派な神社なんですが、社名も案内板も何もないので・・。
a0016431_12323998.jpg
神社名も由来も知る事はできませんでした。立派な神社なのになあ~。その全体の形状から、古墳の上に鎮座しているようにみえましたが・・・。
by barakan1 | 2006-08-23 12:34 | 旅日記

葛城市(當麻~尺土~新庄)探訪②(06.08.07)⑯為志(ためし)神社~角刺(つのさし)神社・・・

■為志(ためし)神社 式内小社 葛城市新庄町林堂
祭神
伊古比都幣命(伊毘志都幣命か)
大彦命など十二神(社記)
a0016431_13445669.jpg
延喜式で忍海郡二社の筆頭に記され、祭神は、伊古比都幣尊ですが、当社は、明治39年、勅令社寺合併令により、明治43年2月8日をもって、ここより南西約1.2キロに鎮座する「葛木坐火雷神社(笛吹神社)」に合併されました。しかし、廃社の後も、人々は、社殿の跡に建てられた遺跡の石碑をあたかも神殿に対するが如くこれを崇敬したかいがあり、
●鳥居・拝殿・本殿
a0016431_13465023.jpg
昭和57年10月17日、人々の志実って再び社伝が再建され、祭神も還り、式内小社「為志神社」の再興が成就しました。今も遺跡の石碑は境内に建っています。

■角刺(つのさし)神社   奈良県葛城市新庄町忍海
祭神
飯豐青命
a0016431_13543072.jpg
新庄町忍海集落に「角刺神社」が鎮座しています。祭神は飯豊青命(いいとよノあおノみこと)、彼女は葛城襲津彦の娘磐之媛(いわのひめ)の孫で、甥の億計(おけ)と弘計(をけ)の兄弟が、清寧(せいねい)天皇崩御の後、譲り合ってなかなか皇位に就こうとしないので、10ケ月ばかり、ここ忍海の「角刺宮」で執政を取りました。
●境内・拝殿
a0016431_13585023.jpg
境内には神宮寺の浄土宗「忍海寺」もあります。
●拝殿・本殿
a0016431_1402424.jpg
また、「角刺神社」境内の東側に「鏡池」があります。ここ忍海「角刺神社」の辺りは「日本書紀」顕宗即位前記で、
倭辺に見が欲しものは、忍海のこの高城なる角刺の宮
と歌われており、飯豊青皇女(いいとよあおノひめみこ)が「忍海角刺宮」で政務を取っておられた時、毎朝この池で顔を洗って、池に自分の姿を映していたから、この池は「鏡池」と呼ばれています。
●鏡池(かがみノいけ)
a0016431_13562636.jpg
また、時代が下って奈良時代には、當麻寺におられた「中将姫」が蓮糸で曼陀羅を織るために探し求めていた蓮が仰山生えていました。今は1本も生えてはいませんが、当時は生えていた様で、それで願いがかなって曼陀羅を織り上げました。ー奈良観光より抜粋ー
by barakan1 | 2006-08-19 14:06 | 旅日記

葛城市(當麻~尺土~新庄)探訪②(06.08.07)⑮棚機(たなばた)神社・・・

■棚機神社  奈良県葛城市当麻町太田1371番地
a0016431_13192676.jpg
祭神 棚機神 (古代中国の西母王が織物の神となったという)
摂社 頭天神(牛頭天王のことか)
●右端小山は古墳といわれている
a0016431_13194875.jpg

a0016431_13202526.jpg●御神木
当神社の鎮座地は太田の西の谷間の中央であるが、創建時には一番奥まった所だったと思われる。 式内大社の葛木倭文坐天羽雷命神社は隣の當麻町加守に鎮座しているが、元の鎮座地はこの地で字名を七夕と言ったそうだ。倭文神社はこの国の古来からの織物の神を祭り、所謂七夕の織姫信仰とは違う神であったようで、水辺で神衣を織りながら神の来訪を待ち、神妻となる巫女の神格化されたものと、織姫とが習合したものである。

a0016431_13221148.jpg
棚機の棚は宛字ではなく、棚にいて機を織る少女が棚機姫で、古代には夏秋の交叉の季節に、村落を離れた棚の上に隔離されて、海または海に通じる川から来る若神のために機を織っていた、と『古代研究』の中で折口信夫は語る。
a0016431_13223931.jpg
天神の天棚機姫命の女の天速玉姫命は天太玉命の后神となっている。
●摂社(頭天神)                 ●???石碑
a0016431_13232611.jpg
お姿
a0016431_13243379.jpg

神木が見事な神社であり、祠は石造で小さい。東向き。 何かの理由で葛木倭文坐天羽雷命神社が遷座した跡をも村人達が守り続けてきたのであろうと思われる。 底知れぬ由緒と言うか神への信頼を感じる神社である。ー神南備にようこそー抜粋





●神社より大和平野を眺める
a0016431_13361335.jpg
※岩橋山を背に、大和平野を見下ろす傾斜地に静かに鎮座する神社です。日本で最初に棚機(七夕)祭りを行った神社だそうである。その姿は昔むかしの祀られてる様子を髣髴とさせる。昔は神社といえば、大きな社殿や、社地もなく、ほんの路端に、磐座や神木或いは小さな祠を祀られていたのだろう。立派な社殿はないが、清清しく、気持のいい神社だ!
by barakan1 | 2006-08-18 13:49 | 旅日記

葛城市(當麻~尺土~新庄)探訪②(06.08.07)⑭神明神社~小山2号墳 ・・・


■神明(しんめい)神社  葛城市太田83
祭神:天照大神 応神天皇 春日大明神
a0016431_12402928.jpg
由緒:江戸時代初期に神社が創建された。背後に岩橋山を背負った大字如意の西北方丘陵上に鎮座する。広い神域は昼なお暗い木立の茂みにおおわれているが、参道口の石鳥居には「延宝八庚申年(1680)十一月吉旦」と刻まれている。
平林古墳より、南東方向へ2・300m下った所に、この村の鎮守であろう小さいがナカナカ立派な神社である。
●境内
a0016431_12413418.jpg
●本殿
a0016431_12431232.jpg

※この神社の裏(西側)にも古墳があるそうです。今回はパスしました。

■小山2号墳  (南阪奈道路を挟んで神明神社の南の反対側にある)
(太田遺跡:大字太田如意の西南の丘陵上の約30基あまりの小円墳)
a0016431_12465094.jpg
太田川のつくる扇状地に立地する。古墳時代初葉から前葉のムラや室町時代の士豪の屋敷などが確認された。太田川右岸では古墳時代前期のムラ廃絶後に古墳時代後期の古墳群がつくられていることが判明している。
a0016431_12462387.jpg
なかでも小山2号墳は西に開口する片袖式の横穴式石室で、墳丘は後世の造成により削られているため判然としないが、約15mの円墳であると推定される。石室の全長は約4.7mで、玄室長は2.4m、玄室幅は約2mの方形プランを呈する。また、横穴式石室内に未盗掘の家形石棺が確認され金・銀・玉類で装飾された副葬品があり、被葬者(女性)を覆う掛け布に装飾としてちりばめられたもではないかと考えられている。ー葛城市観光協会ー抜粋
by barakan1 | 2006-08-17 12:57 | 旅日記