カテゴリ:お地蔵さん( 5 )

今日は地蔵盆です・・・

a0016431_18371556.jpg
●ブーゲンビリヤ。昔タイの田舎で見たブーゲンビリヤは色がもう少し濃く、花(葉)はもっと小さかったように思います。

■今日は地蔵盆です。
付近のお地蔵さんを回ってきましたが、
普段はなかなか誰が世話をしているのか分かりませんが、
今日はしっかり、
お地蔵さんの前にテントを張り、
お世話をされていました。
大抵がお年寄りですが、
でもしっかり守られているのをみて何だかホッとした気持です。
何でもかんでも壊してゆく世の中、子供を守るお地蔵さん!!
それくらい将来にわたって残したいものです。(普段は見過ごしそうなお地蔵さんも、今日はシッカリ花やチョウチンで飾られ、おめかししていました。

私の地区は新興のマンションなのでお地蔵さんはありません。・・・が、その代わりに自治会の主催で盆踊り大会が毎年開催されます。結構人も集まり、皆楽しんでいます。(ちなみに今年は28・29日です)
by barakan1 | 2004-08-24 18:58 | お地蔵さん

八反田地蔵尊④・・・

a0016431_153215.jpg
●近所で一番構えの立派な八反田地蔵尊です
昔(江戸時代)この地は八反田と呼ばれ、
比較的早くから開墾された土地であった。
そこで、人々は野辺にあった地蔵尊をこの地にお堂を立てお祭りしたのが始りだそうです。
ここの地蔵尊はお顔立ちが少し違ったので後年仏教学者に鑑定してもらったところ、
地蔵尊ではなく、
阿弥陀如来さまであったそうです。

それにしても、暑い日が続きます。
新潟の方では大雨・洪水による、大きな被害が出ているようです。
1日も早く復旧するよう願っています。
by barakan1 | 2004-07-16 15:28 | お地蔵さん

桑津3町目のお地蔵さん・・

a0016431_175941.jpg●桑津3丁目の地蔵群
【お地蔵さんは無用なものか】
写真は桑津3丁目の旧市街区の辻脇にある地蔵群です。
きっと近くにあったものが区画整理や、新築等により取り壊され、廃棄されるところを近所の篤志家が集めて改めて祭ったものとおもわれる。
確かに私が小さかったろ頃にはそこにはお地蔵さまは無かったはず?!

古いものが壊され、新しいものに取って代わってゆくのは仕方のないことかも知れないが、残せるもの、残した方が後々よいもの・・・。
決してそれは価値があるものばかりではない。
一見何の価値もないように見えるもの・・、無用に見えるものもの・・、
こそ意識して残さねばならないのではないだろうか?

今までの我々は、無駄だ、価値がないといってどれだけ大切なものを壊してきただろう!!(それは結局のとこと我々にものを見る目、価値を見極めることが出来なかったというだけであろう。大阪弁でいうところの、アホやっただけや!!)

いまこそ、生かし生かされている自分を自覚し、すべてのものと共生!していかなければならないとおもいます。
by barakan1 | 2004-07-15 18:01 | お地蔵さん

j地蔵さん②・・・

a0016431_21252.jpg●六万体にある、ドラえもん地蔵です。

昨日で梅雨も開け、
厳しい暑さの日が続きます。
こう暑いと出歩くのは勿論、
思考も止まってしまいます。
そして、ご多分にもれず、
家でクーラーをかけゴロゴロしています。
去年が涼しかった分余計に暑く感じます。
四天王寺の近くにある、六万体のお寺にあるドラえもん地蔵です。
なかなかありそうでない形です。

先日、当麻寺に行きましたが、そちらのお地蔵さんはさすがに立派なものが多くありました。像そのものもですが、お堂が立派なものが多かったです。そんなところにも、昔の人の神や仏、天然j自然を敬う気持が察せられ心安く、うれしい気持になりました。

★UFJが東京三菱銀行に統合を申し入れ!
by barakan1 | 2004-07-14 21:26 | お地蔵さん

地蔵尊①・・・

a0016431_18401.jpg天王寺区勝山1丁目にある、
勝一延命地蔵尊です。
道路際にあるのですが、
よく手入れをされたお地蔵様です。

世の中には色々と変わった趣味を持つ人がいるもので、
(私もお地蔵さんの写真を取り出してから)
インターネットで少し調べてみると矢張りいました!!
お地蔵さんの写真を撮り、集めている方が・・・。
私の場合はまだ深く掘り下げて調べるという所まではいきませんが、
インターネットに載せる程の人は結構歴史や謂れ等を調べたりしている方が多いようです。
今の段階ではそこまでのめり込みは無いのですが本当に集めようと思えば、
確かに歴史、由来、等々まで調べないと面白くないし、続かないだろう?と思います。
そこで一つ調べてみました!・・・
お地蔵さまは子供を守護する仏様です。
それは子供は死ぬと現世に生きる両親への幸せを祈って三途の川の川原で石積みをしなくてはなりません。しかし鬼が出て来て石積みを崩したり、子供をいじめたりすると、お地蔵さまが救ってくださり、浄土へ導いて下さると言います。
そういえば、
昔々お婆ちゃんたちが地蔵盆のときにご詠歌をうたっていた、
曰く、一つ積んでは父のため、二つ積んでは母のため・・・・・・。
ここまでははっきりとも覚えていますが後の文句は???です。
また、
直接関係はありませんが、
山上憶良の歌〈巻5・905)(906)を思い出しました、

若ければ道行き知らじ幣(まい)はせむ黄泉(したべ)の使い負いて通らせ

布施置きてわれは乞ひのむあざむかず直(ただ)にゐゆきて天路知らしめ
by barakan1 | 2004-07-06 18:41 | お地蔵さん