カテゴリ:散策によせて( 23 )

四天王寺万灯供養に行ってきました! 2017-08-10

万灯供養を見てきました。般若心経を唱えながら本堂と五重塔の間を一周します。
a0016431_14121309.jpg
はじめてみましたが、多くの人が坊さんの先導で歩いていました。外人さんも結構見学していました。土日の盆踊りにも行くつもりです。
境内で頂いた般若心経のコピーを見ながら、久しぶりに唱えました。一時は興味があり結構唱えたものですが近頃はトンと・・・で、半分も覚えていませんでした。
a0016431_14135426.jpg
万灯供養とは (場所伽藍内)
お盆の先祖供養のために行われる行事です。毎夕刻より約1万本のご先祖の霊名が記されたローソクに火が灯され、般若心経にあわせ、僧侶が伽藍内を練り歩きます。夕闇に映し出されるこの光景は、幽玄で神秘的な美しさを感じさせます。
a0016431_14144227.jpg
※もっと夜の雰囲気を出せる写真だったら良かったのですが…旧式のデジカメで撮ったので!!

by barakan1 | 2017-08-12 14:21 | 散策によせて

散歩・徒然なるままに・・・(2016-05)

5月度の締めとして、
散歩・徒然なるままに・・・をアップします。
いつもの散歩コース(四天王寺~一心寺~天王寺公園~安倍の~自宅)7000歩から、少し足を伸ばして上町台地の浪速七坂を主に拡大散歩8500歩を始めて一ヶ月余りが経ちました。気候のいい時期でもあり色々な発見がありました。
★まず一番目に、17日、市立美術館前の階段よこの木立より、「ウグイス」のさえずりを聞きました。さえずりは「ホーホケキョ、ホーホケキキョ、ケキョケキョケキョ……」、地鳴きは「チャッチャッ」。
a0016431_1631576.jpgさえずるのは縄張り内を見張っているオスで、「ホーホケキョ」が他の鳥に対する縄張り宣言であり、巣にエサを運ぶメスに対する「縄張り内に危険なし」の合図でもある。「ケキョケキョケキョ」が侵入した者や外敵への威嚇であるとされている。(Wikipediaより)


★二番目に、23日、茶臼山のある河堀池で「カワセミ」を見かけたことです。しかもそれから今日までに3回も目撃しました。コバルトブルーの背中が美しい鳥でした(スズメよりチョット大きい位でした)
a0016431_1638545.jpg
■三番目には、24日、一心寺の南門を出るとき、聞きなれない鳴き声を聞きました。「トウキョ トッキョ キョカキョク」と聞こえます。一緒にいたおばあさん達も「なんだろうね?聞いたことのないなきごえだけど・・・」と言っていました。
a0016431_1640135.jpg帰宅後、ネットで調べると・・・な何と!!ホトトギスだそうです。私は生まれて初めて聞きました。本当に「トウキョ トッキョ キョカキョク」と聞こえるんですね!!感激しました。昨日のカワセミに続き、ラッキー続きです。



★四番目は、28日、清水坂を下っていた時、今までに見たこともない位大きさのスズメバチと遭遇しました。
a0016431_16441533.jpg
彼は下の方から、地面より1メートル位の高さを音もなく、悠々と私の側を通って上の方へ飛び去りました。たしかに薄茶・黄色?の体色で、大きさは体長5センチ位あったのではないだろうか!・・・ 一瞬のこととてハッキリ確認したわけではありませんが、私が今まで見た中で一番大きな個体でした。こんな大阪のど真ん中で、あんな大きなハチがいるなんで・・・とても信じられません!!
a0016431_16413044.jpg帰宅後、ネットで調べたら、どうも「オオスズメバチ」のようです。1匹だけで、お散歩中で良かったです。集団で襲われたらアウトですものね!!







★五番目は、30日、四天王寺の境内でトンボを見つけました。弱っていて飛ぶことができないようでした。この葉の上にとまらせ観察しましたが、あまり見たことがない種類でした。
a0016431_16423933.jpg
帰宅後ネットで調べましたが、似たような種類が沢山おり過ぎハッキリとはわかりませんでした。(コシアキトンボのメスに似ているような・・??)
by barakan1 | 2016-05-30 16:56 | 散策によせて

カラスのさんぽ?(2015-10-28)・・・

カラスのさんぽ
a0016431_12523615.jpg散歩の途中(動物園へゆく坂道)で、カラスの若鳥が地面に落ちていました。逃げもせず、草を啄んでいましたが・・・、どこか悪かったのでしょうか?それとも??、まだよく飛べない若鳥のようですが・・・?





■10/1にオープンした、「てんしば」の様子をアップしておきます。連日大勢の人が出て、賑わっています。
a0016431_12532937.jpg
都心にはゆっくりとくつろげる空間がなかったので、大変歓迎されているようです。特に幼児を連れた家族・グループが多く、その様子を眺めているだけでも楽しく、穏やかな気持ちになります!!
a0016431_1254195.jpg
※クリックで画像大きくなります
by barakan1 | 2015-10-30 13:00 | 散策によせて

今年初めて聞くセミの声 2015-07-03

■■いつもの通り、散歩をしていたら、四天王寺公園の中の遊歩道(美術館の前の道)で10時半過ぎ今年初めてのクマゼミの鳴く声を聞きました。もうすぐかなぁと心待ちにしていたので・・・、直ぐに気がつきました。盛期のように重なり合うようには鳴きませんが、単発ですがシャンシャンシャンシャンと鳴いていました。
セミが鳴いていたのは下記の森です。
a0016431_2073265.jpg
少し上ってアベノ近くになるとまだ鳴いていません。一年振りなのでチョッと感激しました。
by barakan1 | 2015-07-03 20:13 | 散策によせて

散歩中、黒アゲハ蝶を見ました(2014-07-08)・・・

昨日(7月7日)の散歩中に黒い揚羽蝶を見ました。a0016431_1743671.jpg何時も見る蝶(モンシロチョウ等)より大型で何か神秘的な感じのする蝶です。真っ黒ではなく、前側の羽に灰色の筋が入っているように見えました。少し興味があったので帰宅してネットで調べると、結構黒い揚羽蝶にも種類があるようで、蝶の種類は分かりませんでしたが・・その姿の通り「黒アゲハ」だと思います。


そして今日、昨日と同じ場所付近で今度は、
「アオスジアゲハ」と続いてキアゲハ(ナミアゲハ)
a0016431_17174655.jpg
僧正遍昭(古今435)
ちりぬればのちはあくたになる花を思ひしらずもまとふ蝶(てふ)かな

それにヒメアカタテハ(?)を続けて見つけました。
a0016431_1781510.jpgちょっとラキーだったかも!? (^O^)

苦し紛れに「蝶」の話をアップしました、がフト「蝶」ってどう数えるのかしら?と思い調べてみると、「少し?な話」を発見。
普通蝶を数えるときは一匹、二匹と数えますが、動物学上は馬や牛のように一頭、二頭と数えます。一頭、二頭という数え方は、蝶に限ったことではありません。鳥と魚を除くすべての動物は、動物学上では、一頭、二頭と「頭」を用いて数えるそうです。ー写真はネットよりー
by barakan1 | 2014-07-09 17:26 | 散策によせて

四天王寺 聖霊会舞楽大法要(2013-04-22)見学・・・

四天王寺 聖霊会舞楽大法要 (天王寺楽所・雅亮会)
舞楽は、
左方(さほう)の舞=唐楽(とうがく、中国大陸系に由来)、
右方(うほう)の舞=高麗楽(こまがく、朝鮮半島系に由来)
に分類され、左舞(さまい)は装束に赤や紫系統、右舞(うまい)は緑や黄色系統を使う。
●舞台四隅を飾る赤くて丸いのは「曼珠沙華」で、そのところどころに白く見えるのは鳥の形をしたものです。
a0016431_158420.jpg
お堂からみて向かって左が左方、右が右方となり、舞人たちはそれぞれの方向から舞台に登ります。演奏する楽人たちの楽舎も二つに分かれています。

□聖霊会舞楽大法要 次第□
道行(みちゆき)
楽人,衆僧等,出仕者全員が左方と右方の2列に分かれて,伶人の奏する楽の音に合わせて石舞台に向かいます.
a0016431_1584485.jpg
惣礼伽陀(そうらいかだ)
法要に先立ち,聖徳太子始め諸仏を礼拝する声明を唱えます.
衆僧入堂(しゅうそうにゅうどう)
衆僧がお堂に入ります.
a0016431_159580.jpg
■舞楽「振鉾」(えんぶ)  左右両舞
御祓いの舞とも云われ,舞楽の最初に舞われ国家安泰,雅音成就を祈ります.周の武王が天地の神々に戦勝を祈った様をかたどったのが起源といわれています.
舞人は襲装束といういでたちで,まず金色の鉾を持った赤袍の左方舞人が舞台に上り,初節を.次いで銀色の鉾を持った緑袍の右舞人が舞台に上り,中節をそれぞれ乱声に合わせて舞い,最後に二人が鉾を振り合わせ後節を舞います.
a0016431_15105249.jpg
■舞楽「蘇利古」(そりこ)  右舞(高麗楽)壱越調
「竈祭舞」ともいいます.応神天皇の代に,酒造りを専門としていた百済の須須許理が伝えたと云われています.
舞人は襲装束,両肩袒に白楚という木の枝を持ち,長方形の布に抽象的な人面を描いた蔵面(ぞうめん)をつけ,老懸のついた巻纓.の冠をつけて舞います.番舞は「壱鼓」
a0016431_15113547.jpg

a0016431_15115291.jpg

a0016431_15121193.jpg
■舞楽「甘州」(かんしゅう)  左舞(唐楽)平調平舞
中国の甘州という国で,竹を切る時この曲を演奏すると,金翅鳥の鳴き声に聞こえるので蛇や毒虫が,人に害を与えない.とか,唐時代の玄宗が青城山に行った時,官女の衣が風になびく様を見て,舞にしたとも云われています.
襲装束に鳥甲をつけて舞います.番舞は「仁和楽」「林歌」など.
a0016431_15124033.jpg

a0016431_15125752.jpg

a0016431_15131514.jpg
伝具(でんぐ)  お供え所から,堂内のご宝前に,お供え物を手渡しで送る儀式です.
a0016431_15133442.jpg

a0016431_15134938.jpg
■舞楽「菩薩」(ぼさつ)  左舞(唐楽)壱越調
林邑八楽の一つで婆羅門僧正と仏哲がインドから伝えたものですが,伎楽の一つではなかったかともいわれています.曲は破のみ残っていますが,舞は失われてしまいました.
四天王寺.の聖霊会舞楽では,菩薩の面をつけた二人の舞人が,舞台上を二回輪を作って舞う大輪小輪という作法を行います.
a0016431_1514678.jpg
■舞楽「獅子」(しし)
獅子の舞は,明らかに伎楽の舞です.舞は失われてしまっていますが,四天王寺にのみ伝わる「獅子」の曲に合わせて,菩薩の舞と同じように大輪小輪の作法を行います.近年は,古記録に基づいて四方拝の所作も取り入れています..
a0016431_15142387.jpg
■舞楽「迦陵頻」(かりょうびん)  左舞(唐楽)壱越調童舞
林邑八楽の一つとして,僧仏哲によって伝えられたといわれています.
インドの祇園精舎に供養の日に,迦陵頻迦という霊鳥が飛来して,さえずり飛びかう様を見て,妙音天女が舞曲にして,阿難尊者に伝えたという伝説があります.
子どもの舞人が,背に極彩色の鳥の羽をつけ,紅梅を挿した天冠をかぶり,手に銅拍子を持って舞台上を飛び回ります.番舞は「胡蝶」
a0016431_15145516.jpg

a0016431_1515923.jpg

a0016431_1515267.jpg
■舞楽「胡蝶」(こちょう)  右舞(高麗楽)壱越調童舞 
延喜六年(906),宇多上皇が童相撲を御覧の時に,藤原忠房が曲を,敦実親王が舞を作ったと云われています.
舞人の装束は,蝶の刺繍が施された萌葱色の袍を着け,背には蝶の羽を,山吹の花を挿した天冠,右手に山吹の花を持ち四人で舞います.蝶が花を求めて飛びかう様を描いているようです.番舞は「迦陵頻」です.
a0016431_15161880.jpg

a0016431_15171290.jpg

a0016431_15173042.jpg

a0016431_1517429.jpg
※※四天王寺の「聖霊会舞楽大法要」を見学しました。(四天王寺さんは私の毎日の散歩コースです)。
13時からということで少し早く行ったが、もう一杯の見物人で、道行が始まっていました。大法要ということで1,2時間で終わるものと思っていましたら・・・。聞くと5時間位あるそうです。半分の2時間半でギブアップしました。残り(あと1~1.5時間)は来年にまた見に来ようと思います。3時間立ちっぱなしでホント!!疲れました!!
★(*^_^*)★写真クリック、大きくなります。
by barakan1 | 2013-04-27 15:52 | 散策によせて

散歩中に見つけたユリカモメ(2011.01.21)ユリカモメ・・・

ユリカモメ
こう寒いと外へ出る気も起きません。従ってブログの更新もままなりません。
そんな中、散歩の途中で見つけたユリカモメです。(於阿倍野区の桃ケ池)
a0016431_20404164.jpg
昔から歌に読まれています。
また、『吾妻鏡』では富士川の戦いで、(治承4年(1180)源頼朝の軍と、追討のため京都から下向した平維盛(たいらのこれもり)らの軍が、富士川を挟んで行った合戦)。平氏軍は水鳥の羽音を敵の襲来と誤認して敗走したという話ですが、この時の水鳥がユリカモメともいわれている。
大伴家持 万葉集 
巻20-4462
舟競ふ 堀江の川の 水際に 来居つつ鳴くは 都鳥かも

在原業平 伊勢物語 
第九段
名にしおわば いざ事問はむ 都鳥 わが想う人は 在りや亡しやと
by barakan1 | 2011-01-21 20:43 | 散策によせて

四天王寺さん(06.12.15)で、カメラテスト・・・

■四天王寺
●(中門・五重塔・金堂・・・)
a0016431_19204834.jpg

a0016431_19233676.jpg●仁王像
四天王寺は、推古天皇元年(593)に建立されました。 今から1400年以上も前のことです。 『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、 自ら四天王像を彫り 「もし、この戦いに勝たせていただけるなら、四天王を安置する寺院を建立しましょう」 と誓願され、勝利の後その誓いを果すために、建立されました。ー四天王寺HPーより
★※3年前にかったデジカメの性能に不満を持ち始め、何とか起動の早いカメラをと・・思っていましたが!!ヤット先日、ニコンD40を買いました。そのカメラテストで四天王寺に久しぶりにゆきました。私見ですが、やはり上手く撮れるような気がします。これから、このカメラも同伴して探訪を頑張ります。!!
by barakan1 | 2006-12-17 19:32 | 散策によせて

カンツバキ・・・

a0016431_14203377.jpg
●カンツバキです。

■4日振りに、
デニーズにコーヒーを飲みに行きました。
その横の生垣に咲いていたものです。
まだ、コーヒーは美味しくないです。
飲む物、食べる物が美味しくないと、
気持も、美味しくないです(晴れない)!!
早く、(*^-^*) (^_^) になりたいだす!!

★路上強盗に1億円強奪さる!!
あるところには、あるんですねぇ!
by barakan1 | 2004-12-09 14:29 | 散策によせて

気晴らしに、四天王寺へ・・・

a0016431_188567.jpg
●四天王寺五重塔です。

■この数日ゴロゴロしていましたので、
気晴らしに、四天王寺に行ってきました。
一番、青空のきれいな日になりました。
調子は、もう少しという所です。
by barakan1 | 2004-12-08 18:14 | 散策によせて