奈良公園へ 2017-11-05

奈良公園へ (2017-11-05)
K家よりのお誘いがあり、久しぶりに奈良を訪ねました。
5~6年振り?でしょうか!
奈良駅の工事も済んで綺麗になっていました。駅前はだいぶ変わりましたね!
来訪の記念に、猿沢の池と五重塔をバックに記念の写真をとりました
a0016431_14034985.jpg
奈良公園の名物? 鹿にも会いました。以前は怖い感じがしましたが・・・、今日会うシカはオスもメスも皆大人しくて、カメラを向けても気にしませんし、却ってポーズを取ってくれている様にも見えました。
a0016431_14083312.jpg
インバウンドの為!? 外人さんが大変多く来られている様にみえました。(南大門です)
a0016431_14105204.jpg
南大門(金剛力士)です
a0016431_14142681.jpg
大仏殿と盧舎那仏
D君が「柱くぐり」に挑戦しました.変顔( ;∀;)?と思うくらい真剣な表情でくぐっていました。
a0016431_14192985.jpg
ーおわりー  チョウ!!久しぶりの更新です(^_-)-☆

# by barakan1 | 2017-11-09 14:26 | 神社仏閣探訪

生駒山 宝山寺探訪 2017-10-08

適宜、こうしんします。
# by barakan1 | 2017-10-28 11:56 | 神社仏閣探訪

四天王寺万灯供養に行ってきました! 2017-08-10

万灯供養を見てきました。般若心経を唱えながら本堂と五重塔の間を一周します。
a0016431_14121309.jpg
はじめてみましたが、多くの人が坊さんの先導で歩いていました。外人さんも結構見学していました。土日の盆踊りにも行くつもりです。
境内で頂いた般若心経のコピーを見ながら、久しぶりに唱えました。一時は興味があり結構唱えたものですが近頃はトンと・・・で、半分も覚えていませんでした。
a0016431_14135426.jpg
万灯供養とは (場所伽藍内)
お盆の先祖供養のために行われる行事です。毎夕刻より約1万本のご先祖の霊名が記されたローソクに火が灯され、般若心経にあわせ、僧侶が伽藍内を練り歩きます。夕闇に映し出されるこの光景は、幽玄で神秘的な美しさを感じさせます。
a0016431_14144227.jpg
※もっと夜の雰囲気を出せる写真だったら良かったのですが…旧式のデジカメで撮ったので!!

# by barakan1 | 2017-08-12 14:21 | 散策によせて

■和歌山 比井港・岬丸イサギ釣り(午後便)

和歌山 比井港・岬丸イサギ釣り(午後便) 本年3回目 (2017-07-03)
7時半自宅出発~10:00比井港着。11時午前船帰着、それから船内清掃で午後船河岸払いは11時40分。
a0016431_13584514.jpg
今日の客は9人で私は前回に続き右舷艫より3番目に座る。前回の釣行で竿の穂先を折ってしまったので今日は2.1M 、30号の舟竿を用意したが・・・。前回より波はあるようだが(いつもながらポイントに着くまでが揺れないかな!釣れるかな!と不安でドキドキだ)12時15分頃ポイント「トフ」に到着、実釣を開始。他船は二百メートル位離れて共栄丸1隻のみ(釣れていないと客も少ないのかな?)
開始早々から潮は道糸が5.60度になるほど吹っ飛び、釣り辛いなぁと思いながら第1投。119.png 船長からは40㍍位まで探って、あと一度底まで落として5㍍程上げてから誘ってみて!!と。因みにここの水深は54㍍とのアナウンス。45~40㍍を2回ほど探るが当り無し。
a0016431_14000468.jpg
ここで今日の棚は底に近い!?のではと考え、一度底まで道具を落とす。すると出る出る65㍍で着底、素速く5㍍上げて60㍍でコマセを振る。暫く待ち再度コマセを出す。棚を上げようと少し誘うとクンクンと竿先に待望のシグナル点灯。127.png 小さかったが棚の目途が付いたので、それから納竿まで60㍍~50㍍の間で釣る。イサギの活性高く喰い良好でしたが・・・。
a0016431_14005723.jpg
1投毎のお祭り騒ぎ、それも3人4人という状態で・・・136.png。それでも投入すれば当りがあるので根気よく・我慢強く納竿(17:30)まで頑張り18時に帰港しました。18時半港出発~和歌山~自宅20時20分でした。全走行距離250㎞。
a0016431_14013485.jpg
■本日の釣果イサギ26匹、アジ3匹。最長寸37センチ
■海況 天候:曇り  風向:東  潮:上り潮  水温:25度  波高:1.0

# by barakan1 | 2017-07-04 14:12 | 釣行日記

和歌山比井港・岬丸のイサギ釣り!、本年2回目の釣行

比井港・岬丸のイサギ釣り(午後便) 本年2回目の釣行(2017-06-23)
自宅7:30発~9:50比井港着。出船は11時ということで同乗者と話をしながら過ごす。
a0016431_13574319.jpg
10:45朝便帰港(マズマズの様子)~11:15準備を整え河岸払い~11:45ポイント{トフ}到着、実釣開始。船長より一度底に着け、そこから5㍍上げてから誘ってみてくれ!!とのアナウンス。着底54㍍だったので5㍍切り、50㍍から誘う。いつも出だしでトラブルがあるのだが今回は順調に投入。3回目位に45㍍付近で当たり、慎重に巻き上げてマズマズのサイズをゲット!!117.png 調子がいいぞ!!と13:00位に30分ばかり当たりの出ない時間があったが~15時位までボツボツと釣れた。その間45㍍~43㍍~40㍍と探る。40㍍から上は全く当たりなく釣れなかった。143.png
15時以降は河のような潮流となり道具がぶっ飛んで糸が水平のようになり、棚が全く取れないし、お祭り続出で釣りにならず私は16:30少し早仕舞いしました。
a0016431_13585828.jpg
それでも上手な人はいるもので、濁流の中ポロポロと上げていました。船長は一度底につけ少し誘い上げてからもう一度道具を落としてやると食う???と言っていたが・・・。いずれにせよ、潮の早いときは魚は元の棚に戻っているのかな!結局15時~起き上がりまで1匹も釣ることが出来ませんでした。
17:15沖上がり17:45港着~18:00港発~19:10太郎家着~20:15自宅着、全走行距離250㌔。
a0016431_13594840.jpg
■本日の釣果:イサギ20匹、最長寸32㌢、アジ3匹22㌢、前回のリベンジならず。
■釣れている最中に竿先が折れるアクシデント。これで時間ロスがあり、気分的にも消沈す。
■潮が早い時のために追加オモリを用意するか?今回も自作の仕掛けを使いませんでした。


# by barakan1 | 2017-06-24 14:09 | 釣行日記

南港魚釣り園 アジ釣り(2017-06-10)

南港釣り園 2回目
13:30、南港釣り公園へ。土曜日ではあるが釣り人の数は思ったほどでもない。
前回は味2匹だったので、あわよくば・・・と考えての釣行
(でも、甘かった122.png
a0016431_22255480.jpg
17:30まで釣るが…(本日の釣果)アジは0匹。15㎝ガシラ1匹と10㎝弱のホウボウが1匹
ホウボウは胸鰭のコバルトブルーがとってもきれいだった。こんな魚が南港にもいるんだなぁ。
※今日はカメラを忘れたので前回の写真をアップする。(せっかく珍しいホウボウが連れたのに残念)118.png

# by barakan1 | 2017-06-12 22:30 | 釣行日記

和歌山阿尾漁港 共栄丸イサギ釣り(今年初 2017-05-31)

■阿尾漁港 共栄丸にてイサギ釣り
なかなか水温が上がらず、釣果も上がらない中、痺れを切らして5/31午後便にて釣行予約。
本日8時自宅発高速広川南でおり比井港着10時半であった。集合11時なので少し早く着いたが、パンを食べたり、ブラブラして時間をつぶす。11時過ぎ朝便帰港。釣果はまずまずのようで、大きなクーラを二人がかりで運び出す様子を見て!!午後も釣れるかな?とかすかに希望が湧く。
11時15分午後便河岸払い。12時前、慎重にポイントを決め、期待を込めイザ111.png実釣開始。(船長より、水深50M、棚40~30Mを探ってくださいとのアナウンスがあって釣り開始)
a0016431_16033518.jpg
!!!・・・???30分経っても、期待も虚しく、釣り人に釣果どころか当たりもない。12時半、かなり大きな当たりがあるも途中でバレる。時合らしい時合いもなく、時々パラパラと釣れる。(魚探を見ると魚影は確かにあるのに口を使わないのだ。水温がもう少し上がらないと爆釣は期待できないようだ)上がりを30分延長して頑張るも143.png17時半沖上がり。
今回は初めて手動ですが竿釣りをしてみました。棚がカウンターで確認できるので便利ですが、手釣りのような釣り味は味わえません・・・。(最近では、手釣りは何だか他の電動釣り人に迷惑を掛けているようで気が引けます
a0016431_16044108.jpg
本日の釣果、最長寸37㌢、総釣数14匹、バラシ3、放流1.久しぶりの完敗です。次回はネットに釣果が100匹を超える報告が上がりだしてから行くことにする。
a0016431_16055838.jpg
ポイント、日ノ御埼沖トフ、水温20度、天候・曇り、ナギ、当たり棚・38M前後


# by barakan1 | 2017-06-01 16:14 | 釣行日記

南港釣り園 アジ狙いで釣行(今年初 2017-05-20)

■南港釣り園 アジ狙いで釣行(今年初 2017-05-20)
14時自宅発~途中 (Tポートで餌購入)、園到着14:45。準備をして15:15実釣開始。
a0016431_21055795.jpg
海面が反射光で眩しく、浮子がよく見えない。二本竿を出す。16時過ぎに手前をつっている竿にあたり。続くかと思うが・・・なし。
16:30頃二匹目のあたり、取り込む。いずれも20センチ前後のマアジだ。須磨あたりに行くとメクリアジとも言われるおいしいアジだ。
17時頃に三匹目の当たりがあるが途中でばれる。これからパタパタとくるかと思ったが18時までそれっきりであった。
17時半頃に15㎝位のガシラを釣る。【本日の釣果アジ2匹、ガシラ1匹】いずれの魚も数が少ないので、本日は放流とした。
a0016431_21220426.jpg
また、大きくなって釣れてくれ!!の願いを込めて・・・。
18時15分釣り園を後にし、途中、ドンキーで夕食を取って帰宅。自宅着は19時前であった。
【1年何ヶ月ぶりにブログをアップしようと開いたら、何もかも新しくなっていて、悪戦苦闘、四苦八苦の上何とか格好はついたが・・やれやれこれでまたアップの気力が失われそうだ!119.png


# by barakan1 | 2017-05-22 21:39 | 釣行日記

南港&南芦屋浜アジ釣り(2016-10-07、10-16)

■南港アジ釣り

記事は後日。
# by barakan1 | 2016-10-25 20:04 | 釣行日記

万葉の花 「ハマユウ」 2016-07-18・・・

散歩コースの公園の近くの環状線のガード側に「ハマユウ」の花を発見しました。何年も前から見知っていたのですが・・、あまり気に止めることもなく見過ごしていたのですが!今日ハタ!!と気付きました。ヒョットしたらこの花はハマユウではないか? 帰宅後、ネットで調べると果たして正解でした。
こんな身近に万葉集に読まれている花、最近は減少していると言われる花が咲いているとは・・・。
柿本人麻呂 『万葉集』  熊野探訪
巻4-0496
み熊野の 浦の浜木綿(はまゆふ) 百重なす 心は思へど 直(ただ)に逢はぬかも
a0016431_13441167.jpg
 夏の花、ハマユウ。花の形を見れば想像がつくようにヒガンバナ科の植物です。海岸でよく見かけるのは、日当たりがよく、水はけが良い所を好むためです。万葉集にもよく歌われる「木綿(ゆう)」は楮(こうぞ)の樹皮を細く裂いて神事に用いる白い布のことで、今で言う木綿(コットン)のことではありません。花の様子がそれに似ているので「浜木綿」と名付けられました。
花言葉は「どこか遠くへ」「あなたを信じます」
# by barakan1 | 2016-07-18 13:50 | 路傍の草花