斑鳩の里探訪(2009・05・26)⑤三井の井戸~山背大兄王の墓所・・・

史跡 三井の井戸
●法輪寺~井戸への道
a0016431_1383379.jpg
聖徳太子が掘られたと伝えられる古井戸の一つで、所在地の名称の「三井」や法輪寺の別名である「三井寺」もまたこれによっている。
●井戸の手前の村の鎮守社(由緒・祭神:不明)
a0016431_1393949.jpg
井戸の深さ約4.24メートル、口径0.9メートルで、中ぶくれの筒状になっている。その構造は、底のほうに4個の石を組み合わせ、内外の隙間から水がわきだすようにする。
●三井の井戸
a0016431_13102634.jpg
側壁は、底部から約1.15メートルの高さまでの間を乱石積み、その上方約3メートルの部分は扇方のセンを積んでいる。類例まれな構造から、昭和9年6月26日史跡に指定された。
●井戸・付近の小路
a0016431_1311276.jpg
ー三井の井戸説明文よりー

■山背大兄王の墓所(富郷陵墓参考地) 生駒郡斑鳩町大字三井
地元で岡の原と呼ばれているこの丘陵は、聖徳太子の皇子・山背大兄王の墓所と伝えられ、現在、宮内庁の富郷陵墓参考地となっています。
●富郷陵墓参考地全景(西北→)
a0016431_13133142.jpg

a0016431_13194567.jpg山背大兄王は、法輪寺・法起寺を建てられたとされ、太子の後継者として皇位継承をめぐって田村皇子(のちの舒明天皇)と争われたといいます。
皇極2年(643)11月に斑鳩宮が蘇我入鹿の軍勢に攻められ、太子一族は滅びました
大化の改新の2年前の出来事でした。 
斑鳩町教育委員会
●山背大兄王
推古天皇の時代(7世紀前半)、聖徳太子と蘇我馬子の娘・刀自古郎女とのあいだに生まれる。誕生の地は岡本宮(のちの法起寺)で、三井の井戸の水で産湯をつかったと伝えられる。異母妹の舂米女王(上宮大娘姫王)と結婚して7人の子をもうけ、聖徳太子没後は斑鳩宮(法隆寺夢殿の辺り)に居住した。
●富郷陵墓参考地全景(北→)
a0016431_13142898.jpg
太子および推古天皇薨去後、皇位継承をめぐる政争に巻き込まれ、蘇我氏より迫害をうけたのち、皇極2年(643年)に、蘇我入鹿らの軍によって生駒山に追い込まれた。しかし大兄王は、聖徳太子の遺訓「諸悪莫作、諸善奉行(すべての悪いことをするな、善いことをなせ)」を守り、蘇我の軍に戦を挑んで万民に苦を強いることをいさぎよしとせず、斑鳩寺で一族とともに自害した。
by barakan1 | 2009-05-30 13:23 | 旅日記
<< 斑鳩の里探訪(2009・05・... 斑鳩の里探訪(2009・05・... >>