岩出市~紀の川市神社仏閣探訪(2016-03-03)⑤西国分塔跡・・・

西国分塔跡   和歌山県岩出市西国分
◆案内板と石碑
a0016431_1943164.jpg
聖武天皇は741年(天平13年)に諸国に国分寺と国分尼寺(尼寺)の建立の詔を出しました。これを受けて、紀の川市国分寺(現在史跡紀伊国分寺歴史公園となっている場所)に紀伊国分寺が建立されましたが、国分尼寺の方は、国分寺から西方に800mのこの地に、白鳳期に建立された寺院がすでにあり、国分尼寺として使用されたと推定されています。平安時代以降になると廃絶したようです。昭和50~51年の発掘調査では塔の礎石の一部が確認されましたが、その他の伽藍跡については、後世の土地の改変が著しく、発見されませんでした。
◆全景と塔心礎
a0016431_19452762.jpg
発見された塔の心礎は砂岩製で、上面には直径87cm、深さ9cmの塔柱の座が彫られています。座の中央には、直径14cm深さ15cmの仏舎利を入れる穴があります。さらに心礎の下には、平坦な4個の石が並べられていて丁寧な造りになっているようです。 昭和3年2月7日に国の史跡として指定されました。(2011.8.4)    
現地説明板     ーきのくに風景讃歌ーより
by barakan1 | 2016-03-11 19:48 | 神社仏閣探訪
<< 岩出市~紀の川市神社仏閣探訪... 岩出市~紀の川市神社仏閣探訪... >>