湯浅港 T丸イサギ釣り (今年4回目) 2014-06-16・・・

湯浅 T丸にてイサギ釣り(今年4回目)です。
0:40自宅発~阪和道湯浅~T丸着3:00。湯浅出口は初めての利用で、港への道が分からず、チョット焦った。(完全ナビ頼りだったのですが・・・)
3:30待合所へ女将さんと船長が来て人数のチェックと座席の決定。クーラーに氷を入れ、荷物類を軽四に積む(船まではこんでくれる)。乗客は歩いて近くの港まで行く。同乗者は5名で、相当早く予約したつもりだったが私は4人目に呼ばれたので、右舷のトモの次の席とした。
◇4:00出船、すぐに客室に入り寝不足を補おうと横になる。エンジンスローになったので起きると
5:00約1時間はかり走ったことになる。目の前に角度は違うが・・いつも見る日ノ岬があった。
今日の海況は、天候:晴れ 風向:北東 潮:下り~上り潮 水温:22.3度 波高:ベタ凪 のいい状況でした。
●日ノ岬沖ポイント 
a0016431_1674674.jpg
◇5:00過ぎ、実釣開始。船長からの指示は道具を底(46㍍)につけてから10~15㍍あげて探って見てくださいという下から指示。(美浜の船は何色出して、そこから何ヒロ上げてから探っていっての上からの指示)
今日も、私は手釣りしかもマイ道具です。乗船前に船長に手釣りでヤッてもいいか?と確認をとっておいた。(まず今日みたいにユックリしておれば潮が早くてもオマツリすることはないだろう)
◇120号鉄仮面に船頭仕掛け7号ハリ、3号ハリス、3本バリをセット、潮は弱い流れで下りだ。餌を入れ、ドンブラコと投入。糸を出しながら、エ~っと10㍍というと??? 5ヒロで7.5㍍だから・・・残り2.5㍍ということは2ヒロで3㍍で!!!7ヒロ上げたらイイということか!!  
7ヒロ上げたぞ! 糸の色は2色目の赤だけど・・・一体ここは上から(海面から)何メーター???
マイ道具には、こんなこともあろうかとマジックで道糸に印を5㍍毎に付けておきましたが、全然目立ちません。そのため棚の把握がグチャグチャになり釣果を伸ばすことが出来ませんでした。(言い訳です)
気分的にもダメージを受け、諦めの境地に陥りましたが・・、ここで、ヤケクソで今までナカナカチャレンジできなかった大型狙いに切り変え35~30㍍(底から10㍍)で釣っていたのを思い切って、22~20㍍にあげてみました。
オオマイゴッド!何という奇跡!!今までにないグググ~グググ~という大きな当たり,はやるコロロを押さえ慎重に上げてくると結構な型(30㌢アップ)のイサギが2匹、水の中で暗褐色の背中を見せながら右に左にと暴れています。ヤッター\(^o^)/大型だ!!。魚を取り込みすぐに再投入、またも同じ棚でグイグイ!グイグイと大きな当たり(^^)。上げてくると、再び2連でイサギが釣れる。いままでの不振は何だたのだ??勢いに乗り続いて3投目グイグイと当たり!もう、動揺することもなくスイスイと上げてくると今回は1匹だけですがいい型のイサギ。それを最後(・・?(?_?)に又当たりがなくなる。
◇9時過ぎくらいから、大型を狙って浅い棚を攻めるとサバとカツオが釣れだしました。サバは40~45㌢の結構いい型です。強烈なあたりでハリスを切っていった魚も鯛?と思いましたが・・・、どうもサバが多点掛けだったような気もします。
◇仕掛けを切られたのでこれもマイ仕掛けを(4本針、3号ハリス、2.4㍍)をテストします。強さ、喰いともに変わらず、十分今までの製法で釣りに耐えることがわかりました。
◇マイ仕掛けに替える時に、手巻きの竿(2.1㍍)をテストしましたが、途中でタナ取りのメーターが壊れてしまって、直ぐに手釣りの戻しましたが、使ってみた結論は、今の竿は硬くて使用不可ということと、タナ取りの確実性がいかに大事かということでした(同じ棚に落とせることで、当たり棚を直撃できる)やはり電動が欲しくなりました。ちなみにトモの竿釣り人は良型の連発で、途切れことがありませんでした(釣り座も、腕も違い過ぎました)
◇余り釣っていないのを見て、船長の(専門的・憐情的・助言)アドバイス。チョット鉄仮面の餌が出る穴が小さいで・・、それにもう少し大きめの方がエエナ~、ウチのン使ってみるか!?借りて見ると、私の使っているものより一回り大きさも、穴も大きいです。取替えと釣り再開。同じ棚で釣って直ぐに当たり!!ウソ~!やはり微妙に違いがあるんだなぁ。そういえば、盛期のイサギ釣りはバッと餌を撒いて釣り、冬期はパラリパラリと撒いてつると何処かで聞いたことがあるなぁ。お陰で最後に追い込みをかけることが出来ました(プロの指摘は流石です!(^^))
●全速 湯浅港帰港中            ●白い岩山は白崎海岸です
a0016431_1610493.jpg
◇釣り棚を頻繁に変え、道具を変え、仕掛けを変えと忙しい釣りでしたが・・・。
釣果は30㌢アップ5匹、25~30㌢36匹、サバ45~40㌢7匹、計53匹とマズマズの釣果でした。今年最後のイサギ釣りとしては少し不満ですが・・・(・_;)
◇今日の釣場情報、場所日ノ岬沖(??)、深さ46㍍、当たり棚35~30~20㍍でした。
前回に比べ棚が10㍍近く上がっていて、手釣りとしては楽釣でした。
11時納竿~12時湯浅港帰港。待合所で氷を詰めてもらい、精算。、13:30帰途につく。今回も和歌山の息子の家に寄り、お裾分け。孫が愛想をしてくれるのがとても嬉しいです。16時まで仮眠を取り~17:40自宅着。走行距離212㌔でした。

by barakan1 | 2014-06-17 16:29 | 釣行日記
<< 大阪府立近つ飛鳥博物館~付近の... 散歩の途中でアジサイを・・・(... >>