日御碕沖イサギ釣り(2013-05-23)・・・

日御碕沖イサギ釣り
日御碕沖ポイント(トフ)
a0016431_1421155.jpg
今年二回目の釣行となりますが、前回が期待したほど釣れなかったので、満を持しての釣行です。
午前3時、●●港へ、3:30港発~4時ポイント着。まだ辺りは真っ暗で、日御碕の灯台の光がよく見えます。4:45、碇も入り、実釣開始。船頭より2色(40M)より始めて!のアナウンス。さぁ!!と気合を入入!!。
×▲■??しかし、何回投入しようが、コマセを撒こうが、ウンともスンとも反応がありません。周りも同じです。1時間経ち、2時間経ち。周りはポツリ、ポツリと揚がり始めました。私には一向に当たりがありません。3時間くらい経った所で、棚を思い切って5ヒロ(48M)程下げてみました。すると・・・ヤット来ました当たりが・・・、それからは私にもポツポツと当たり出しました(45Mあたりにシッカリと先乗者が結んだマークの結び目がありました)。そして潮が動き始めた9時頃から一投入毎の入れ食いとなりましたが、時既に遅く、10:30沖上がり。結局釣果は27~32㌢を25匹の貧果に終わりました。(正味1時間半の釣果です)トホホ
乗船者の皆も、こんなに釣れないのは初めてだ・・・という人が多かったです。
◇反省、潮が動かなかったということもありますが・・・。(動き出すと今度は速すぎた)
 ・釣れもしないのに、船頭指示棚を固守し過ぎたこと!!
 ・釣れない時は、棚を幅広く探れ(上へ、下へ)・・・(最初は上へ上へと探っていました)
 ★釣れない時は広く棚を探れ(上へ下へ)という、セオリーを実行できなかった結果です。
それと乗船中に足を滑らせて転ける人が2人いました。打ち所が悪ければ大怪我をしてしまいます。私も歳なので気をつけなければと思いました。
by barakan1 | 2013-05-26 14:28 | 釣行日記
<< 海南・有田・御坊市探訪(201... 富田林・河内長野市神社探訪(2... >>