四天王寺 聖霊会舞楽大法要(2013-04-22)見学・・・

四天王寺 聖霊会舞楽大法要 (天王寺楽所・雅亮会)
舞楽は、
左方(さほう)の舞=唐楽(とうがく、中国大陸系に由来)、
右方(うほう)の舞=高麗楽(こまがく、朝鮮半島系に由来)
に分類され、左舞(さまい)は装束に赤や紫系統、右舞(うまい)は緑や黄色系統を使う。
●舞台四隅を飾る赤くて丸いのは「曼珠沙華」で、そのところどころに白く見えるのは鳥の形をしたものです。
a0016431_158420.jpg
お堂からみて向かって左が左方、右が右方となり、舞人たちはそれぞれの方向から舞台に登ります。演奏する楽人たちの楽舎も二つに分かれています。

□聖霊会舞楽大法要 次第□
道行(みちゆき)
楽人,衆僧等,出仕者全員が左方と右方の2列に分かれて,伶人の奏する楽の音に合わせて石舞台に向かいます.
a0016431_1584485.jpg
惣礼伽陀(そうらいかだ)
法要に先立ち,聖徳太子始め諸仏を礼拝する声明を唱えます.
衆僧入堂(しゅうそうにゅうどう)
衆僧がお堂に入ります.
a0016431_159580.jpg
■舞楽「振鉾」(えんぶ)  左右両舞
御祓いの舞とも云われ,舞楽の最初に舞われ国家安泰,雅音成就を祈ります.周の武王が天地の神々に戦勝を祈った様をかたどったのが起源といわれています.
舞人は襲装束といういでたちで,まず金色の鉾を持った赤袍の左方舞人が舞台に上り,初節を.次いで銀色の鉾を持った緑袍の右舞人が舞台に上り,中節をそれぞれ乱声に合わせて舞い,最後に二人が鉾を振り合わせ後節を舞います.
a0016431_15105249.jpg
■舞楽「蘇利古」(そりこ)  右舞(高麗楽)壱越調
「竈祭舞」ともいいます.応神天皇の代に,酒造りを専門としていた百済の須須許理が伝えたと云われています.
舞人は襲装束,両肩袒に白楚という木の枝を持ち,長方形の布に抽象的な人面を描いた蔵面(ぞうめん)をつけ,老懸のついた巻纓.の冠をつけて舞います.番舞は「壱鼓」
a0016431_15113547.jpg

a0016431_15115291.jpg

a0016431_15121193.jpg
■舞楽「甘州」(かんしゅう)  左舞(唐楽)平調平舞
中国の甘州という国で,竹を切る時この曲を演奏すると,金翅鳥の鳴き声に聞こえるので蛇や毒虫が,人に害を与えない.とか,唐時代の玄宗が青城山に行った時,官女の衣が風になびく様を見て,舞にしたとも云われています.
襲装束に鳥甲をつけて舞います.番舞は「仁和楽」「林歌」など.
a0016431_15124033.jpg

a0016431_15125752.jpg

a0016431_15131514.jpg
伝具(でんぐ)  お供え所から,堂内のご宝前に,お供え物を手渡しで送る儀式です.
a0016431_15133442.jpg

a0016431_15134938.jpg
■舞楽「菩薩」(ぼさつ)  左舞(唐楽)壱越調
林邑八楽の一つで婆羅門僧正と仏哲がインドから伝えたものですが,伎楽の一つではなかったかともいわれています.曲は破のみ残っていますが,舞は失われてしまいました.
四天王寺.の聖霊会舞楽では,菩薩の面をつけた二人の舞人が,舞台上を二回輪を作って舞う大輪小輪という作法を行います.
a0016431_1514678.jpg
■舞楽「獅子」(しし)
獅子の舞は,明らかに伎楽の舞です.舞は失われてしまっていますが,四天王寺にのみ伝わる「獅子」の曲に合わせて,菩薩の舞と同じように大輪小輪の作法を行います.近年は,古記録に基づいて四方拝の所作も取り入れています..
a0016431_15142387.jpg
■舞楽「迦陵頻」(かりょうびん)  左舞(唐楽)壱越調童舞
林邑八楽の一つとして,僧仏哲によって伝えられたといわれています.
インドの祇園精舎に供養の日に,迦陵頻迦という霊鳥が飛来して,さえずり飛びかう様を見て,妙音天女が舞曲にして,阿難尊者に伝えたという伝説があります.
子どもの舞人が,背に極彩色の鳥の羽をつけ,紅梅を挿した天冠をかぶり,手に銅拍子を持って舞台上を飛び回ります.番舞は「胡蝶」
a0016431_15145516.jpg

a0016431_1515923.jpg

a0016431_1515267.jpg
■舞楽「胡蝶」(こちょう)  右舞(高麗楽)壱越調童舞 
延喜六年(906),宇多上皇が童相撲を御覧の時に,藤原忠房が曲を,敦実親王が舞を作ったと云われています.
舞人の装束は,蝶の刺繍が施された萌葱色の袍を着け,背には蝶の羽を,山吹の花を挿した天冠,右手に山吹の花を持ち四人で舞います.蝶が花を求めて飛びかう様を描いているようです.番舞は「迦陵頻」です.
a0016431_15161880.jpg

a0016431_15171290.jpg

a0016431_15173042.jpg

a0016431_1517429.jpg
※※四天王寺の「聖霊会舞楽大法要」を見学しました。(四天王寺さんは私の毎日の散歩コースです)。
13時からということで少し早く行ったが、もう一杯の見物人で、道行が始まっていました。大法要ということで1,2時間で終わるものと思っていましたら・・・。聞くと5時間位あるそうです。半分の2時間半でギブアップしました。残り(あと1~1.5時間)は来年にまた見に来ようと思います。3時間立ちっぱなしでホント!!疲れました!!
★(*^_^*)★写真クリック、大きくなります。
by barakan1 | 2013-04-27 15:52 | 散策によせて
<< 富田林・河内長野市神社探訪(2... 八尾市探訪ー心合寺山(しおん... >>