橿原市~明日香村(磐余池堤跡~額田王墓)探訪(2011-12-17)⑤亀石~天武・持統天皇陵・・・終

亀石~天武・持統天皇陵
●亀石
a0016431_13183542.jpg

天武・持統天皇陵
a0016431_13191956.jpg
天皇(持統)のみよみませる御製歌(おほみうた)
巻01-0028 
春過ぎて夏来るらし白布(しろたへ)の衣乾したり天の香具山
●植山城跡よこから天武・持統天皇陵を見る
a0016431_13204784.jpg
天皇の蒲生野(かまふぬ)に遊猟(みかり)したまへる時、
額田王のよみたまへる歌
巻01-0020 
茜さす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる
皇太子(ひつぎのみこ)の答へたまへる御歌 (明日香宮ニ御宇シシ天皇=天武)
巻01-0021 
紫のにほへる妹を憎くあらば人妻故に吾(あれ)恋ひめやも

※◇前④ページ、ー「万葉集入門  明日香へ行こう」ーより引用、
歌碑の裏には。ここに額田王が葬られたとされる由縁が刻まれています。
解説を読むと、どうやら額田王の孫の葛野王が持統天皇の崩御後に額田王のお墓をこの場所に西向きにつくり、額田王のお墓を他の場所からわざわざ移したのだそうです。
持統天皇といえば、額田王のかつての夫だった天武天皇(大海人皇子)の妻で、天武天皇とおなじ墓稜に葬られた人物…。その持統天皇が亡くなって天武天皇とおなじお墓に葬られたときに、そのお墓のすぐ側にあるこの場所(植山古墳)に額田王のお墓を孫の葛野王が天武・持統稜の方向に向く形でつくった。
なんだかさりげなく書かれていますが、恋のライバルだった持統天皇と額田王の関係が見てとれて面白いですね。
by barakan1 | 2011-12-22 13:38 | 旅日記
<< 和歌山市~海南市探訪(2012... 橿原市~明日香村(磐余池堤跡~... >>