櫻井~奈良~名張市(2011.03.06)探訪④化粧川と化粧壺・・・

化粧川と化粧壺
●県道38号線からの入口
a0016431_17503972.jpg
前回の探訪(2007.04.05)時は結局化粧壺へは辿りつけず、引き返した。いま考えるともう少しのところまでたどり着いていたのだが・・・。
●化粧壺付近
a0016431_17511510.jpg
a0016431_17514088.jpg
今回は小夫の村を過ぎた少し先の分かれ道(ここにも化粧壺の看板あり)、から化粧壺を目指す。しかし此処からも思っていたより遠く、岡を超えて下り切ったあたりにヤット目指す化粧壺を発見した。(小夫神社社叢の反対側(北側)あたり)
a0016431_1752429.jpg
●化粧川と化粧壷の由来
a0016431_1753921.jpg
大字修理枝に字化粧川あり、修理枝川の上流にあって、古は田地なくして広々とした天然地磐岩で、川の中央に凹んだ溜あり、実に清浄なる所で、年経ると共に田地が延びて川幅狭くなり、化粧壷という岩のみ現われる。
a0016431_17533386.jpg
この水源は小夫山中より流れ出て、修理枝を経て更に小夫と笠との境を通じて大和川(泊瀬川)に合流する。 上古、天照皇大神宮に奉仕された、豊鍬入姫命の御化粧ありし所、又大來皇女命御禊の旧跡と云う
by barakan1 | 2011-03-09 17:59 | 旅日記
<< 櫻井~奈良~名張市(2011.... 櫻井~奈良~名張市(2011.... >>