富山・石川万葉故地探訪2-(2010-10-24)⑫榊葉乎布(さかきばおふ)神社(阿尾城跡)・・・終

榊葉乎布(さかきばおふ)神社(阿尾城跡) 氷見市阿尾 502番地
●神社(阿尾城跡)入口
a0016431_14105474.jpg
祭神天照皇大神・ 菊理比咩神・ 底筒男命・中筒男命・表筒男命
●入口鳥居
a0016431_14112737.jpg
概要: 榊葉乎布神社の創建年は不詳ですが越中国守大伴家持が勧請したのが始まりと伝えられています。阿尾菊池家初代武勝が当地に下向する際、伊勢神宮の榊樹を持ち帰り阿尾城に植樹したところから榊葉神明宮を呼ばれるようになったとされ、以降、阿尾城の守護神として庇護されました。
●三の丸跡                                ●参道
a0016431_14115387.jpg
明治12年(1879)に榊葉乎布神社に社号を改称し村社に列しています。現在は阿尾城内に鎮座し平成9年に社殿が改築されています。 平成6年1月に焼失し平成9年9月に再建。
●拝殿
a0016431_14131130.jpg


a0016431_1414242.jpg
※英遠の浦」とは氷見市阿尾、灘浦の海に突き出た標高約38mの台地付近の海辺のことです。戦国時代には阿尾城が築かれていたこの白い台地の岩肌と、台地を包む暖地性常緑樹叢が群青の海に 影をおとすさまが美しい景勝地です。


大伴家持
巻18-4093
英遠(あを)の浦に寄する白波いや増しに立ちしき寄せ来東風(あゆ)をいたみかも  


◇◇阿尾城
富山県氷見市阿尾城ヶ崎にある平山城です。現在は富山県史跡に指定されています。阿尾城は富山湾に面した標高20~40mの独立丘陵上にあります。
●白峰神社参道・手水舎                     ●白峰神社
a0016431_14181816.jpg
海側は断崖絶壁でここからはとても攻めることはできないので攻め込めるのは西側からだけです。ここもかなり急坂ですので、もしここを攻めようとしてもかなりの被害が予想されます。
●北→南 城ヶ崎を見る
a0016431_14193151.jpg
築城時期は不明ですが、発掘された出土遺物からは15世紀後半頃には既に城として利用されていたと思われます。天正・文禄年間(1573~1596)頃には菊地武勝・安信父子が居城しています。
この菊池氏は、肥後の名族菊池氏の出自ですが、肥後の菊池宗家は戦国時代に大友氏によって滅亡しています。
●阿尾城跡三の丸上より越中方面を見る
a0016431_14223924.jpg
阿尾城主の菊地氏は、当初は上杉謙信が能登を支配した際にはそれに従ったと思われますが、織田信長が勢力を伸ばしてくるとその配下の佐々成政に従い、1584年(天正12)には佐々成政と羽柴秀吉が対立すると秀吉配下の前田利家へ寝返り、城を明け渡しています。
●阿尾城跡案内図
a0016431_1424062.jpg
そして阿尾城代として有名な前田慶次郎が入り、佐々軍の攻撃を受けることもありましたが、なんとか防ぎきっています。阿尾城は慶長初め(1597年頃)には廃城となり、菊池氏の子孫は前田家家臣となり1500石を与えられています。
※2日間に渡る石川富山の万葉故地探訪の旅もここで終わります。まだまだ、訪ねたいところは沢山あります。是非来年にもう一度訪ねたいと思います。
by barakan1 | 2010-11-26 14:30 | 旅日記
<< 島根(石見・出雲)万葉故地探訪... 富山・石川万葉故地探訪2-(2... >>