淡路島(国)探訪①(2010.04.17~18)⑩淳仁天皇御母山背 淡路墓(当麻夫人の墓)・・・

淳仁天皇御母山背 淡路墓(当麻夫人の墓)    南あわじ市筒井
●御墓遠望(南→北)
a0016431_12534767.jpg
御墓は天皇の森より南約800メートル、賀集鍛冶屋と北阿万筒井との境にある遠景の小丘である。延喜式巻二十一諸陵に曰く、淡路墓当麻氏在淡路国三原郡兆域東西二町南北二町守戸正丁五人とある。また、当麻氏名は山背(やましろ)という。上総守五位上の女にして、淳仁帝の母である。
●御墓近景(南→北)
a0016431_12541890.jpg
天平宝字八年淳仁帝と共に淡路に配され、光仁天皇宝亀九年(778)三月勅して、当麻氏の墓を御墓と称せしめた。御墓は昔から地元で「馬目の森」とも呼ばれている。
●拝所入口・石段
a0016431_12554619.jpg
※御墓は田畑の真ん中に森の如くあり、細い農道を辿っていくと到達する。拝所は淳仁天皇陵同様南に面しており、拝所には階段で登るという形になっている。
◆当麻山背【たいまのやましろ】
●拝所
a0016431_12561893.jpg
奈良時代の皇親。舎人親王の妻で,大炊王(オオイノオオキミ・のちの淳仁天皇)の母。父は上総守従五位上当麻老。天平宝字2(758)年,淳仁天皇の即位に伴い正五位上から正三位に昇り、翌年、舎人親王が「崇道尽敬皇帝」の号を贈られると、「大夫人」の尊称を賜った。
●拝所入口から見た前景(南側風景)
a0016431_12571796.jpg
その後の消息は明らかではないが、宝亀9(778)年3月その墓を御墓と称し,随近百姓1戸をあてて守らせることとした。
by barakan1 | 2010-05-31 13:00 | 旅日記
<< 淡路島(国)探訪①(2010.... 淡路島(国)探訪①(2010.... >>